鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

大学近くの商店街に眠る自分の怨霊を鎮魂(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「心身をぶっ壊しまくる程の頑張り(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れ、当時の自分の魂を慰霊した、という話でした。29歳の自分が大学を訪れると、大学内のそこかしこに10年前の自分の残像を見る事が出来ました。そして、その残像は全て孤独と恐怖と肉体的苦痛にのたうち回っていたのです。



10年前の自分は大学で空手部に属していたのですが、そこでの稽古に死の恐怖を感じており、それにより鬱を悪化させて行きました。自分は高校生の時点で周りのクラスメートと全くコミュニケーションが取れなくなっていましたから、大学の空手部やクラスにおいても全く周りとコミュニケーションが取れません。ですから、稽古に対する恐怖を一人で抱え込むしかなかったのです。



さらに当時の自分は被害妄想がどんどん酷くなっていく状態でもありました。当時の自分は稽古の厳しさを克服しようと必死に自主練を繰り返したのですが、翌日に体調をぶっ壊すばかりで全く体力が付かなかったのです。これにより当時の自分は「自分に対する自信」をどんどん失っていきました。そして、自信を失えば失う程、被害妄想が酷くなって行ったのです。



被害妄想が酷くなっていくと、稽古への恐怖もどんどん膨らんでいってしまい、最終的に「死の恐怖」となってしまったのです。これは言い換えますと、「空手部の稽古が厳し過ぎて、自分が殺されてしまうかもしれない」という恐怖です。自分はこの恐怖により夜全く眠れなくなってしまいました。このような日々が3年間続き、自分は鬱を3倍に悪化させてしまったのでした。(当時の鬱状態の詳細はこちら)




ですから29歳の自分が大学構内を歩きますと、そこかしこに当時の自分の辛い残像を見てとる事が出来ました。それは残像というより怨霊と言った方がよりしっくり来ます。全ての怨霊は苦しみでのたうち回っており、うめき声を上げているのです。29歳の自分はそれらの怨霊に語りかけ、労い、抱きしめてあげました。そうする事で当時の自分の魂が少しは癒されるような気がしたからです。




このように29歳の自分は大学内を歩き回り、当時の自分の怨霊を慰霊していきました。そして、一通り大学内を歩き終えると、妙な達成感とかなりの懐かしさを感じました。まさに自分は10年前この場所で死の恐怖と独り戦い続け、心身を壊していったのです。29歳の自分は大学構内を慰霊して回る事で、改めてそれを認識出来ました。この日の自分は一睡もしておらず、体調は最悪でしたが、それでも大学に来て良かった、と思いました。



その後自分は大学を出まして、大学近くの商店街に行きました。ここも大学生だった当時よく行っていた場所でした。当時の自分は大学内で完全孤立状態に陥っていましたから、昼ご飯を食べる友達が皆無でした。さりとて一人で大学内の学食で食べるのは、周りの視線が気になり過ぎてとても耐えられません。そこで自分は昼休みになると一人で近くの商店街に行き、立ち食いうどんをよく食べていました。もちろんその時の食欲は皆無です。自分は食欲が全く無い中、空手部の恐怖におののきつつ、うどんを食べていました。つまり、29歳の自分はこの商店街のうどん屋にも当時の自分の怨霊を発見出来ました。29歳の自分はここでも当時の自分の怨霊に語りかけ、労い、抱きしめてあげたのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村