鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

鎮魂旅を終えて大満足(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学近くの商店街に眠る自分の怨霊を鎮魂(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れ、当時の自分の魂を慰霊した、という話でした。そして、29歳の自分は大学内に彷徨う自分の魂を一通り慰霊し終えると、近くの商店街に行き、そこでも当時の自分の魂を鎮魂していきました。そう、この商店街でも当時の自分の怨霊が苦しみでのたうち回っていたのです。



当時の自分は、この商店街で空手部の稽古までの時間を過ごす事が多かったですから、商店街のそこここに空手部への恐怖感に苦しみまくっている当時の自分の残像を見る事が出来ました。それは残像というより怨霊でした。当時の自分は恐怖感だけでなく、孤独感、無力感、虚無感、絶望感、自殺願望の数々にのたうち回っていたからです。もちろん鬱による肉体的苦痛もかなりのものがありました。(当時の鬱状態の詳細はこちら)
ですから29歳の自分は商店街に眠る当時の自分の怨霊を見つけては、彼らに語りかけ、労い、抱きしめてあげていったのでした。



さて、このような感じでこの日の自分は、大学内やその近辺に彷徨う怨霊を3〜4時間かけて鎮魂して回りました。そして、商店街の怨霊を一通り鎮魂し終えると、帰路に着きました。電車に乗っている時の自分はとても満足な気持ちだったのを覚えています。



思い返してみますと、この日自分がこの大学を訪れた理由の一つとして「この大学が本当に実在するのか、確かめたかった。」という理由がありました。自分はそれまでの1年間部屋に引きこもって過去の記憶をひたすらノートに書いていたのですが、そのうちに自分の過去の記憶が「本当にあった記憶」なのか「妄想」なのか、確証を持てなくなってしまったのです。そして、この日自分は実際にこの大学を訪れ、この大学が実在する事を確認しました。さらに、そこに眠る過去の自分の怨霊を鎮魂する事が出来ました。自分は改めてこう認識したのです。


「自分がこの1年間5ヶ月間ノートに書き続けた過去の記憶は、本当にあった出来事だったのだ!!」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。













PVアクセスランキング にほんブログ村