鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

鎮魂旅を終えて大満足②(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学空手部時代の見当違いな必死の頑張り(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れ、当時の自分の魂を慰霊して歩いた、という話でした。自分が大学を訪れ、大学内を見回しますと、10年前の自分の残像がそこかしこに残っていました。そして、その全て残像が孤独と恐怖と肉体的苦痛にのたうち回り、うめき声を上げていたのです。それはさながら10年前の自分の「怨霊」でした。ですから29歳の自分は10年前の自分の怨霊にまずこう話しかけました。



「29歳の自分が来たから、もう一人じゃないよ。」


、と。そして当時の甚大な精神的苦痛を労い、抱きしめてあげたのです。こうする事で当時の怨霊の苦しみが少しは癒されるような気がしました。そして、29歳の自分は大学の近くの商店街にも足を運び、そこでも当時の自分の魂を鎮魂して歩いたのでした。



さて、このような感じで鎮魂の1日が終わりました。この日を振り返ってみますと、自分は一睡もしていない状態で朝8時頃に家を出発し、朝の10時に大学に着き、そこから3〜4時間かけて大学内外を歩き回った、という感じです。家に帰ってきた自分は、かなりの満足感を感じていた記憶です。1年ぶりの本格的な外出は大成功でした。1年ぶりに乗る電車にはかなり不安な部分がありましたが、なんとか往復3時間の電車旅に耐える事が出来ました。そして、目的地の大学に着くと大学が実在している事を確認出来ましたし、かなりの懐かしさも感じました。加えて、大学内外で当時の自分の怨霊を鎮魂して回る事が出来ました。ホントこの日は大満足な1日でした。



こうして鎮魂の1日が終わりました。時期的には2005年7月頃と言った感じです。自分はこの2ヶ月後くらいに引きこもり状態を脱し、カウンセリング&パチンコ生活に突入していく、という流れになります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。













PVアクセスランキング にほんブログ村