鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

1年半ぶりのカウンセリング(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「鎮魂旅を終えて大満足②(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が10年前に通っていた大学を訪れ、当時の自分の魂を鎮魂して歩いた、という話でした。時期的には2005年7月頃の話になります。この日の外出は1年ぶりの本格的な外出だったのですが、外出のリバビリになっていたと思います。ですから自分は鎮魂を終えて家に帰ってくると、かなりの満足感を感じた記憶です。大学内が実在している事が確認出来ましたし、当時の自分の魂を慰霊する事も出来ました。そして、2時間かけて行きたい場所に行き、無事帰ってくる事も出来ました。外出のリハビリという意味でも大成功だったのです。この頃の自分は引きこもり明けの生活を想像し始めていましたから、ここで外出が成功した事は、その弾みになりそうな感触もありました。



そう、この時の自分は引きこもり明けの生活を考え始めてあました。それはカウンセリングとパチンコを組み合わせた生活でした。ですから今回外出が成功した事は、この新生活への自信に繋がる気がしました。



さて、鎮魂の1日を終えた自分は、次なる目標として「カウンセリング」を意識し始めた記憶です。カウンセリングに通うようになれば、いよいよ新しい生活の始まりです。自分は今回カウンセリングを再開するにあたって、H先生を念頭に置いていました。自分は1年半前までH先生のカウンセリングを4年間受け続けていたからです。自分は2つ目の大学においてH先生カウンセリングを毎週受け続けていました(24歳〜28歳)。H先生なら自分のこれまでの事情を全て知ってくれていますから、余計な説明は必要ありません。



自分はこの1年間部屋に引きこもって、ひたすら自分の過去をノートに書いてきていました。そして、その内容をH先生に聞いて貰いたくて仕方なかったのです。そこで自分はH先生が所属しているというカウンセリングセンターに電話しました。そして、受付の方にH先生の在籍を尋ねた所、H先生が在籍されているとの話でした。自分はとても嬉しい気持ちになったのを覚えています。



その後自分は予約日時を確定し、電話を切り、かなり嬉しい気持ちになりました。この時の気持ちはこんな感じです。



「これでH先生に記憶のサルベージの1年半を聞いて貰える!!」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村