鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

1年半ぶりのカウンセリング④(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 1年半ぶりのカウンセリング③(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、29歳の自分が1年半ぶりにカウンセリングに向かった、という話でした。自分はそれまでの1年間、部屋に引きこもり続け、自分の過去の記憶をひたすらノートに書いてきました。そして、その中で「自分に関する大きな発見」を次々と見つけてきました。自分はこの発見の数々をカウンセラーの先生に聞いて欲しくてたまらなかったのです。また、自分は1年間部屋に引きこもり、ノートに過去の記憶を書き続けた結果、このような結論に辿り着いていました。


「自分の人生が28年目にして社会から完全に脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


自分はこの結論に関してもカウンセラーの先生に聞いて貰いたくて仕方ありませんでした。自分にとってこの結論はかなり大納得で大満足な結論であり、かなり痛快な結論でもあったからです。自分はこの結論によって「自分に対する自信」を一部大幅に回復させていましたから、この事を喋りたくて仕方ありませんでした。


そこで、自分はカウンセラーのH先生に再びカウンセリングをお願いする事にしたのでした。自分はつい1年半前までH先生のカウンセリングを4年間受け続けていましたから、H先生に上記の話を聞いて貰いたくてたまらなかったのです。



さて、H先生のカウンセリングの当日。自分がカウンセリングルームに到着し、個室に入るとそこには笑顔のH先生が立っていました。H先生は「久しぶり〜〜!」と笑っています。自分も「お久しぶりです!!」と笑顔で挨拶しました。H先生は「大学辞めてからどうしてたのか心配してたよ!!」と言ってくれました。あ、H先生は当時30代くらいの女性の先生で、明るくフランクな先生です。自分達はソファーに座り、自分は「いや〜色々ありました」的な答え方をした記憶です。



そこから自分はこの1年半自分が何をやっていたのかを喋り始めました。そう、部屋に引きこもってひたすらノートに自分の過去を書いていた、という話です。とは言っても急に細かい話は出来ませんから、とりあえずは概要を喋った記憶です。何故ノートに自分の過去を書こうと思ったのか、そして、書いていく中でどのような発見があったのか、最終的にどのような結論になったのか、ざっくりと大枠を喋った記憶です。


そして、そこら辺を喋っているうちにあっという間に1時間が過ぎ、この日のカウンセリングは終わりになりました。自分はまだまだ喋り足りない気持ちでしたが、仕方ありません。受付で1万円を払い、次回の予約を1週間後に取って、先生とお別れとなりました。



ちなみに自分は受付で1万円払う際、若干の違和感を感じました。何故なら、それまで自分は大学内でカウンセリングを6年間受け続けていましたが、その際のカウンセリングは全て無料だったからです。しかし、今回のカウンセリングは街中のカウンセリングです。そうなると1時間1万円もかかってしまう。当時の自分はカウンセリングでお金を払う事自体に慣れていませんでしたし、しかも、当時は引きこもり明けで貯金が80万円くらいでしたからね。そこでの1万円の出費はけっこう痛かった記憶です。また、カウンセリングでお金を払わなければならない事自体が、少し悲しかった記憶です。



しかし、この時の自分にとってH先生のカウンセリングは絶対に必要なものでしたから、1時間1万円は仕方ありません。違和感を感じつつも、1万円を払って、カウンセリングセンターを後にしました。これからはカウンセリング代が月に4万円かかりますし、それ以外の生活費も稼がねばなりません。カウンセリングセンターを出た自分は1週間後のカウンセリングが待ち遠しくてたまりませんでした。そして、パチンコ稼業へのモチベーションがこれ以上なく燃え上がるのを感じました。



そう、引きこもるまでの5年間において、自分は断続的にパチンコを打っており、そこで100万円程稼いでいました。そして、稼いだお金は特に使うあてもなく、なんとなく使ったり、貯金したりしていました。しかし、今回は違います。明確に「カウンセリング代を稼ぐ」という目標があるのです。自分はカウンセリング代の為にパチンコ稼業を再開出来る事が嬉しくてたまりませんでした。早速翌日からパチンコ稼業を復活させる事にしたのです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村