鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

回転率と期待値(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリング&パチンコ生活スタート(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が1年間の引きこもり生活を脱し、カウンセリング&パチンコ生活に突入していった、という話でした。時期的には2005年の9月頃です。引きこもり明けの自分はカウンセリング代と生活費を稼ぐ必要に迫られており、そこでパチンコ稼業を復活させた、という流れになります。



幸運な事に引きこもり明けの自分には追い風が吹いていました。ちょうどその頃近所にパチンコ屋の超大型店舗がグランドオープンしたのです。これがホントに有り難かった記憶です。このパチンコ屋は元々は大型家具店があった敷地に出来たものでしたから、建物がかなり大きかったのです。店内は広々とした2階建てで、通路は広々としていてパチンコ台は沢山ありました。そして、パチンコ以外にもネットカフェや食堂やコインランドリーやマッサージ室まで併設している充実ぶり。パチンコ屋というよりアミューズメント施設でした。


基本的にはパチンコ屋って、規模が大きくなればなる程資金力がありますから、その分釘を開けて、お客さんに還元出来る可能性が高まります。実際この超大型店舗も法則通り、開店初日からかなり良い釘調整をしてくれており、期待値にすると40000円〜50000円と言った所でした。これは当時としたらかなりの優秀台です。



そこで、当時の自分はカウンセリングの翌日から早速このパチンコ屋に通い、パチンコ稼業を再開しました。基本的な打ち方としましては、朝9時にお店に着いて良い釘の台を抑えます。そしてそこからは夜8時までただひたすらに打ち続ける、という感じです。



パチンコで勝つ為に重要な事は、例え運が悪くて大当たりが全く来ず、投資金額が5万円、10万円とかさんでいっても、回転率が高い限りはひたすら同じ台を打ち続けるという事でした。そう、大当たりの来る来ないは「運次第」であり、そこはコントロール出来ません。ただし、良い釘調整の台(高い回転率の台)を丸1日打ち、さらにそんな日々が続いていきますと、月単位で見ると確率が収束していきます。そして、トータル収支が期待値近辺に収まる、と。ですので、その日の展開に一喜一憂せず、とにかく良い釘の台をひたすら打ち続ける、これが勝つ為の戦略でした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村