鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

父親から引っ越しの話を聞き、憎悪の嵐が吹き荒れる(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父親に対する『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみ(過去編・2005年11月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が、カウンセリング&パチンコ生活に対してかつてないやる気と希望を感じていた、という話でした。時期的には2005年9月〜10月の話になります。そして、2005年の11月のある日、自分が自分の部屋にいますと、うちの父親が扉越しに喋りかけてきたのです。それにより即座に自分の心の中で、父親に対する『「殺したい程の憎しみ」以上の憎しみ』が爆発しました。そう、自分は2年前の「尿管結石事件」の際の父親の暴言を決して忘れてはいません。さらにその1年弱後に起きた「父親突入事件」の恨みも忘れるはずがありません。(それぞれの事件の概要は、こちらです。)



ですから、自分は当然父親の喋りかけを無視し続けました。父親の声を聞くだけで気が狂いそうでしたからね。すると父親が「引っ越しをするつもりだから考えておいてくれ」と言ってきたのです。自分の心の中は「はぁ????」です。そんな話をこれまで全く聞いた事がありませんでしたし、引っ越しをしたいなどと1㎜も思っていなかったからです。父親のその言葉を聞き、自分の頭の中はさらなる憎悪が沸き上がり、憎悪の嵐が起きていました。それによって自分の中から全く言葉やリアクションが浮かんできません。そもそも自分は父親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じていましたから、その喋りかけに応ずる気など全くありませんでした。そこに加えて、急な引っ越しの話でしたからね。自分の頭の中では憎悪の嵐が発生し、余計に何の言葉も出て来ませんでした。



そんな感じで自分が父親の言葉を無視し続けていますと、父親は去っていきました。その後の自分の頭の中は憎悪の嵐でパニック状態です。その憎悪の中身ですが、まずこのように自分が両親に対するコミュニケーションなどあり得ない状態だったにも関わらず、両親が引っ越しを言い出してきた事に対する憎しみがありました。この憎しみがかなり凄まじい事になっていた記憶です。



そう、両親が引っ越しをするとなると、自分がその引っ越しについて行くにしろ、一人暮らしするにしろ、両親とのコミュニケーションは避けられません。自分はまずそこにムカつきまくっていた記憶です。自分は両親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じていましたから、両親とのコミュニケーションなどあり得ない状態だったのです。(詳細はこちら)それを両親は「引っ越し」という状態を作り出し、自分が両親とコミュニケーションを取らざるを得ないようにしてきたのです。これはホント気が狂いそうにムカつきましたね。


そして、次にムカついた事が、自分が引っ越しについて行くにしろ、一人暮らしするにしろ、そこで余計な時間とエネルギーを使わせられる事です。そう、この時の自分は引っ越しなどビタ1文も望んでいません。ようやくカウンセリング&パチンコ生活が軌道に乗ってきた所ですからね。しかし、引っ越するとなると、現在やっているパチンコ稼業に影響が出るのは必然です。望まない引っ越しをやらされた挙句、新しい引っ越し先で新たなパチンコ屋を開拓するのは死ぬほど嫌な作業になる事は目に見えていました。



また、今後仮に一人暮らしをするとなると、さらなるエネルギーが必要になるのは目に見えています。自分はこれまで一人暮らしなどした事がありません。一人暮らしのリサーチや様々な手続きや引っ越し後のトラブルなどで自分が消耗しまくる事は目に見えていました。なんで望まない引っ越しに振り回された挙句、さらに余計なエネルギーを使わねばならないのでしょう。



しかも今回の話は単なる一人暮らしの話ではありません。当時の自分は「鬱の廃人」×2倍状態です。「被害妄想」は病的(×6倍)に悪化していましたし、日々の心身の辛さも半端ではありませんでした。(詳しくはこちら→「 「かつてないやる気」と「鬱の諸症状」(過去編・2005年9月・29歳) 」)こんな日常生活すらままならない状態で、先行きもなにも見えない一人暮らしに突っ込んでいくなど、自殺行為に思えました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村