鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

父親に対する『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみ(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「ブログを書く=トラウマの再体験(過去編・2005年9月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が、カウンセリング&パチンコ生活に対してかつてないやる気と希望を感じていた、という話でした。時期的には2005年9月〜10月の話になります。そして、この直後から自分の人生は急転直下で転がり落ちていった、という話もさせて貰いました。ですから、生まれて初めてのやる気と希望に満ち溢れた日々は2ヶ月程しか続かなかったのです。ホントあれは儚い夢のような日々でした。



では話を進めて行こうと思います。それはパチンコ生活が軌道に乗り始めた2005年11月頃の話です(29歳)。自分が部屋にいると、父親が部屋の扉越しに喋りかけてきたのです。自分は父親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、当然その喋り掛けを無視しました。



そう、正確に書きますと、当時の自分は父親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎みを感じていました。遡る事2年前、自分は「尿管結石事件」の際、父親から血も凍るような暴言を投げつけられたのです。(事件によるダメージの詳細はこちら)まず自分はこの事件によって父親に対して「殺したい」程の憎しみを抱くようになったのでした。



この憎しみがさらに悪化したのは、2005年1月に起きた「父親突入事件」によってです。父親は引きこもり中の自分の部屋に無理矢理入ってこようとするという暴挙に出たのです。これにより自分が父親に対する憎しみをさらに募らせたのは言うまでもありません。ですから、「父親突入事件」後の父親に対する憎しみは『「殺したい」程の憎しみ』以上のものとなっていたのです。(事件の詳細は「 「父親突入事件」まとめ〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳) 」)



さて、話は2005年11月に戻ります。この頃に父親が扉越しに喋りかけてきたのです。自分は上記の通り父親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じていましたから、同然その喋りかけを無視しました。すると父親は構わず喋り続け「この先引っ越しするかもしれない」と言ってきたのです。自分の頭の中は「はぁ???」です。自分からしたら降って沸いたような話ですからね。全くこれまで聞いた事が無い話ですし、自分は「引っ越ししたい」などと全く思っていないのです。自分は驚きで言葉を失い、父親の事をさらに無視し続けました。すると父親は「考えておいてくれ」と言い残して、離れていったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村