鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

首吊り装置をセッティングした上で、妹とのコミュニケーションに臨む②(過去編・2006年3月・30歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 首吊り装置をセッティングした上で、妹とのコミュニケーションに臨む(過去編・2006年3月・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、自分が「東○荘事件」から2〜3週間後に両親から引っ越しの強行スケジュールを聞かされ、これ以上無い挫折感と虚無感を感じた、という話でした。そして、その引っ越しに対して「引っ越しについて行く」という決断を下した、という話もさせて貰いました。



「東○荘事件」とは自分が29歳の時に起きた事件です。自分はこの事件をきっかけに両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くようになっていきました。 (東○荘事件のフローチャートこちら)


(自分が両親に対して憎しみを募らせていく30年間の過程はこちら。)




さて、今回の記事ではとりあえず前回の記事をそのまま引用したいと思います。そして、引用後に今回の話を考えてみたいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』


そして、引っ越しについて行くにあたり、自分は自分の部屋に「首吊り装置」をセッティングしました。何故ならこの先引っ越しの準備を進める事で以下の事態に陥る事を恐れていたからです。


自分の自我が憎悪と被害妄想に飲み込まれてしまい、正気を完全に失い、「自殺」という現実離脱手段すら使えなくなる事態。(具体的には、自分が気が狂った末に、精神病院の閉鎖病棟に隔離され、死ぬまでそこで苦しみ続けるような状態を想定)



では何故当時の自分が引っ越しに対してこのような凄まじい憎悪を持っていたのかと言う話になります。それらは以下の5つの理由から構成されていました。いつものまとめになります。


「引っ越しに対する凄まじい憎悪と絶望感、その5つの理由」(前提として当時の自分は実家暮らし)



①そもそも当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」参照。) よって自分と両親とはこの1年以上全くコミュニケーションが無い状態が続いていた。そんな状態で両親が急に「引っ越し」という一大イベントを言い出してきたことが許せない。自分には「引っ越しをしたい」という気持ちが1㎜もない。



②もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、家族とのコミュニケーションは避けられない。そして、当時の自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。よって、家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状況を強制的に作り出された事に対する凄まじい憎しみ。




③もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、そこに自分の時間やエネルギーを割かなければならなくなる。その事に対する凄まじい憎しみ。何故なら、当時の自分はそれまでの29年間の人生を、両親によって全て搾取されたような感覚を持つに至っていた。よって、両親に人生を搾取された上に、さらに引っ越しで時間とエネルギーを搾取されそうな事が気が狂いそうな程の憎悪を発生させていた。




④当時の自分の心身は長年の孤独によって、「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた。「被害妄想」は病的(×6倍)に悪化していたし、日々の心身の辛さも半端ではなかった。(当時の鬱の諸症状はこちら)当時の自分はカウンセリング&パチンコ生活をしていたが、それは心身ともにギリギリな状態でなんとか日々を過ごしている状態。こんな状態で「望まない引っ越し」や「望まない一人暮らし」をするエネルギーがあるはずもなく、それに対する凄まじい不安と憎しみも発生していた。



⑤当時の自分は1年間の引きこもり生活を終え、ようやく外の世界に出れるようになっていた。そこで新しく始まった生活は、週1回カウンセリングを受け、そのカウンセリング代と生活費を稼ぐ為に週4〜5回パチンコで稼ぐ生活。この生活は「鬱の廃人」状態に陥っていた自分にとってかなりの心身の苦痛を伴うものだったが、一方でそれ以上のやり甲斐と希望もこの生活に感じていた。それは自分が29歳にしてようやく掴んだ自分らしい日々だった。しかし、両親が引っ越しを言い出した事で、この明るい日々はたった2ヶ月で終わってしまった。自分は引っ越しがもたらす凄まじい憎しみと絶望と不安と悲しみに打ちひしがれ、再び人生の先行きが全く見えない状態に陥ってしまった。これによる、恨みも凄まじいものがあった。



ですから、自分が実際に引っ越しの準備を進めるとなると、上記①〜⑤の憎悪が最大化される事は確定的です。さらに1〜2週間前には「東○荘事件」が起こり、自分が家族に感じる憎悪と被害妄想はさらに激化していました。事件後の家族に対する感情は以下の通りです。



❶家族3人に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪 (自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。)


❷ 「もしベッドに入り寝てしまったら、その無防備な所を家族に襲われ、殺されてしまうかもしれない」という病的(×12倍)な被害妄想(詳細はこちら)

自分はこのような精神状態で引っ越しに臨まねばなりませんでした。ですから、引っ越しに臨むに当たり、「首吊り装置」を絶対に必要としたのです。何故なら先程も貼りました通り、引っ越しの準備をする中で以下の事態に陥る事を最も恐れたからです。



自分の自我が憎悪と被害妄想に飲み込まれてしまい、正気を完全に失い、「自殺」という現実離脱手段すら使えなくなる事態。(具体的には、自分が気が狂った末に、精神病院の閉鎖病棟に隔離され、死ぬまでそこで苦しみ続けるような状態を想定)



ですから、自分はホームセンターに出向き、電源コードと突っ張り棒を購入し、それらを使って自分の部屋に「首吊り装置」をセッティングしたのでした。そして、試しに自分の全体重をかけてぶら下がった所、見事に身体が浮いたのです。これにより自分はかなりの安堵感を覚えました。これでもし引っ越しの準備の中で自我を失いそうになったら、現実から離脱すれば良いだけの話です。自分は「最終安全装置」を手に入れたのでした。



「最終安全装置」を手に入れた事で、ようやく自分は妹とコミュニケーションを取る覚悟が出来ました。この先引っ越しの準備を進める為には家族とのコミュニケーションは避けられません。しかし、自分にとって両親は「殺しても殺し足りない」程憎い存在でしたから、コミュニケーションなど絶対にあり得ませんでした。(一人暮らしの選択が取れなかった理由はこちら)



ですから自分は妹に対しても「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じていました。しかし、妹は今回の引っ越しの発案には関わっていないようであり、そこの部分だけはまだマシな存在でありました。そこで自分は妹とのコミュニケーションを覚悟しました。そして、その為には「首吊り装置」が必要だったのです。



そう、今後妹とコミュニケーションを取る中で凄まじい憎悪と被害妄想が発生し、自我を失いそうになった暁には、この装置でさっさと現実から離脱すれば良いだけの話です。自分は装置のセッティングが終わった日の翌日、妹とのコミュニケーションに臨んだのでした。



『引用終わり』



なるほど〜。このように自分は「東○荘事件」の2〜3週間後に自分の部屋に「首吊り装置」をセッティングし、引っ越しの準備を進める覚悟をした、という話になります。



そして、自分は装置のセッティングが終わった翌日、妹とコミュニケーションを取りました。妹とコミュニケーションを取るのは2年ぶりだったと思います。当時の自分は妹に対しても「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じていました。しかし、この時ばかりはその感情を必死に押し殺しました。そして、妹を自分の部屋に呼び、これから先の引っ越しがどう行われるのか、聞いていったのです。



妹とコミュニケーションを取るのは2年ぶりでしたが、妹の自分に対する態度は悪くはありませんでした。そして、話の中で実は妹は今回の引っ越しに対して不満を持っている事が分かりました。そう、妹は兄である自分が家族と断絶状態に陥っているにも関わらず、両親が引っ越しを強行しようとしている事に対して、両親に反対していた、という話でした。



自分はその話を聞き、少し溜飲が下がった思いがしたのを覚えています。その後自分は妹から今回の引っ越しに関する詳しい情報を聞き出していきました。具体的には「引っ越し先の場所」「引っ越しの具体的なスケジュール」などです。そう、これらの情報は以前に父親から自分に一度はもたらされていた情報ですが、自分は憎しみのあまりそれらが書かれた紙を全く読まずにビリビリに破いてしまったのです。ですから自分はここまで引っ越しに関する情報を何も知らない状態でした。そこで今回妹から初めて引っ越しの全貌を知らされた、という感じです。



話によると、今回の引っ越し先の一軒家は、今住んでいる家から車で20分程の場所にあり、全く馴染みのない場所ではありませんでした。そして、引っ越しの具体的なスケジュールに関しても妹から聞く事が出来、引っ越しに関する一通りの情報は手に入りました。



自分は妹と話をしている中で、その引っ越し先の一軒家を妹と見に行く事にしました。とは言いましても、自分の中の引っ越しに対するモチベーションが上がった訳ではありません。しかし、ここまで引っ越しが避けられない状況になった以上、現地を見に行って、引っ越しの下見をするのが、合理的な行動だろう、という判断を下しました。そこで、自分と妹は2〜3日後に引っ越し先を見に行く約束をして、その日は終わったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村