鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

母親の子供時代の話を聞いて驚愕(過去編・2008年夏頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親の人生を聞き始める(過去編・2008年夏頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、31歳の自分が近所の家が柴犬を飼い始めたのを発見し、致命的な絶望感を感じた、という話でした。これは2007年10月の話になります。そして紆余曲折を経て、母親と喋る気になっていった、という話になります。どうしてこの時の自分が致命的な絶望感を感じたのかと言いますと、当時の自分が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していたからです。




ではまず初めに、今回の記事の前提となる「前フリ」部分を貼りたいと思います。上記の「極度の虚脱状態と放心状態」がどのような状態だったのか、という説明です。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』



まずは当時の自分が陥っていた「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態を確認したいと思います。これは2006年6月に両親が引っ越しをした事で、自分の心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥った事を表しています。



[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]



そして、2007年3月に起きた「ぎっくり腰事件」によって、自分の鬱はさらに1.5倍悪化しました。よって自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥ったのです。これは上記リンクの⑴〜⑻の諸症状がさらに1.5倍悪化した事を示しています。




また、上記リンクの⑹ には「2006年6月の引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」とあります。これは2006年6月に両親が引っ越しを強行した事で自分が致命的な精神的苦痛を受けた事を示しています。この時受けた致命的な精神的苦痛によって自分は「極度の虚脱状態と放心状態」(上記⑴〜⑻)に陥ったのでした。



[「引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」の詳細]



『前フリ終わり』



そして、「ぎっくり腰事件」から7ヶ月後の2007年10月、近所の家が犬を飼い始めたのでした。



自分が近所の家に犬を発見してからの心の動きをフローチャートで確認したいと思います。



[犬の鳴き声が発生してから、母親と喋り始めるまでのフローチャート]



ここからは前々々回、前々回、前回記事を連続してそのまま引用します。当時の母親がどうして自分の小学校時代の気持ちを理解出来なかったのか、という話になります。いつもこのブログをお読みの読者の方はスルーして下さい。



『前々々回記事からの引用』



今回の記事は、このフローチャートの続きを思い出していきます。自分が母親に小学校時代の万引きの話をしたのですが、そこで母親が自分に対して非難めいたリアクションをしてきたので、かなりムカついた、という話になります。



改めて思い出してみますと、やはりあれはムカつきました。そもそもこの両親が作った家庭環境が戦争状態だったが故に、子供の自分の心も荒廃し、それが万引きに繋がっていったのです。しかし、母親はそんな家庭環境を作った張本人であるにも関わらず、「万引き」行為を非難してきました。子供の自分に万引きさせたくなければ、両親が暖かい家庭環境を作っていれば良かっただけの話です。



そもそもこの万引きの話は、この時点で20年くらい前の話ですからね。その話を今更母親から非難されてもこちらとしては「はぁ???」てな部分もありました。しかも自分が自ら話したからバレた話であって、自分が言わなければ母親は知る由も無かった訳ですから。



このように、自分は母親に「A先生怒鳴られ事件」とその後の「万引き」の話をしましたが、それに対する母親のリアクションはかなりムカつくものだった印象です。しかし、現在の自分(2022年7月)としましては、この時の母親のリアクションは仕方がない部分があったと考えています。



1つ目の理由としましては、2007年当時の自分は、現在の自分(2022年7月)と比べると、過去の記憶を整理し切れてはいません。現在の自分(2022年7月)と比べるとその理解の深さは50%くらいです。ですから、2007年の自分が母親に小学校時代のエピソードを話そうとすると、小学校時代の自分の気持ちの50%程度しか言語化出来ていなかったように思います。つまり残りの50%は未だ整理されておらず、言語化されていない部分だったのです。



これでは母親に小学校時代の自分の気持ちが伝わるはずがありません。何故なら自分自身ですら、まだ50%しか小学校時代の自分を理解出来ていなかったのです。自分自身ですら理解出来ていないものを他人が理解出来るはずがない。



もちろん、2007年の自分は「自分は小学校時代の自分の気持ちを100%理解している」と思って喋っています。50%とは思っていません。そして、当時の自分からすれば、それらの話は自分の人生がひっくり返るくらいの目から鱗な大発見だったのでした。そして、その気持ちが「他人に自分の人生を喋りたい!」という原動力になっていました。



このように当時の自分は自分の小学校時代を100%理解していたと思っていましたが、実はそれは50%くらいの理解だったのでした。母親が自分の話を理解出来無かったのも無理はありません。



『引用終わり』



ここからは前々回の記事をそのまま引用したいと思います。自分の辛さが母親に伝わり辛かった理由の2番目についての話になります。



『前々回記事からの引用』



当時の自分(2007年)は小学校時代の記憶を50%程度しか理解していませんでした。これは現在の自分(2022年7月)の理解度と比べると、という意味です。ですから、当時の自分は小学校時代の自分の孤独や悲しさや精神ショックを母親に喋ったのですが、それは母親に伝わっていなかった、という感じです。ちなみにこの話を母親に喋るのは初めてでした。というか、自分はそれまでの人生の中で両親に対して学校生活の話を喋った記憶は全くありませんでした。



さて、このような理由で自分の小学校時代の辛さは母親に伝わり辛くなっていました。続きまして、自分の辛さが母親に伝わり辛かった理由の2つ目について書いていきます。その理由は自分が母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた、からです。(どうして自分がこのような感情を持つに至ったのかについては、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)




自分は母親と喋っている際、この溢れ出ら憎悪をなんとか抑えて喋っていましたが、こんなとてつもない感情を抑え切れるはずがありません。ですから、自分は母親と喋っている最中に些細な事でブチ切れまくっていましたし、些細な事で母親を激しく非難しまくっていました。あれは完全に喧嘩腰の会話だったと思います。



ですから、母親からしたら自分からかなり理不尽にキレられ、非難されているような気持ちになったと思われます。それはかなりのストレスだった事でしょう。現に、現在の母親(2022年7月)も当時の話になると、「あれは悲しかった、、」とよく言っています。ですから、そんなストレス状態の中で自分の小学校時代の話を聞いても、そこに感情移入するのは難しかったのではないか、と思います。



ですから、自分の子供時代の話が母親に伝わり辛かった理由の2つ目は以下の通りになります。


当時の自分が母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていたから



『引用終わり』


ここからは前回記事の引用になります。3番目の理由についての話です。



『前回記事からの引用』



今回の記事は上記の記事の続きを思い出していきます。自分の辛さがどうして母親に伝わり辛かったのか、という話をになります。その理由の1番目と2番目は以下の通りです。


①自分自身が過去の記憶をまだ50%程度しか言語化出来ていなかった。


②母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた。



今回の記事は3番目の理由を考えていきます。そして、この3番目の理由は、②の理由と密接に絡んでいます。確かに当時の自分は母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていました。何故なら自分のそれまでの人生は両親によって2度破壊されたも同然だったからです。(詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



そして、当時の自分はこれに関しての責任は、父親と母親それぞれに50%ずつあると感じていました。何故ならうちの父親は自分が小学校3年生の時に自宅で開業しまして、それによって致命的なトラブルが次々に家庭内に発生しました。うちの両親はそれへの対処を巡って激しく対立し、全ての時間とエネルギーを仕事と夫婦喧嘩に投入していったのです。そして、その夫婦喧嘩は母親が常に父親を激しく責め立てるものでした。自分はこのような光景を幼い頃から10年以上ずっと目の前で見させられてきました。



よって当時の自分(2007年)は、この長年の戦争状態の責任は、父親と母親それぞれに等しくあると感じていました。この2人が作り上げだ家庭環境が全ての元凶だったのですから。ですから、自分は両親それぞれに「等しく」「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていたのです。



しかし、自分のこの見解は、母親とのコミュニケーションが進むにつれて徐々に変化していく事になります。ここから先の話は、このブログの先の内容を先取りする事になります。自分は2007年10月から母親とコミュニケーションを取り始め、それは2008年、2009年と続いていきました。最初の頃は、これまで書いていますように、自分が過去のトラウマをひたすら母親に喋っていく展開が続きました。そして、それが一段落付いたのが、2008年夏頃だったでしょうか。この頃になると自分は自分のトラウマを一通り母親に喋り終わったのです。



すると自分の心の中で思ってもみなかった変化が訪れました。今度は自分の中に、母親の人生に対する興味が湧いてきたのです。そう、自分はそれまで母親の人生に対して興味が全く無かったのですが、ここに来てそこに対する興味が湧き上がってきたのです。そこで自分は母親から母親の人生を聞き出し始めたのでした。



『引用終わり』



では上記の続きを書いていきます。母親と喋り始めてから9ヶ月後の2008年の夏頃、自分は母親の人生を詳細に聞いていく事になりました。自分が母親の人生に興味を持ち、それを聞いていくのは生まれて初めての事でした。それまでの自分は母親がどんな人生を歩んできた人なのか、全く知りませんでした。そう、自分と母親は31年間一つ屋根の下に暮らし続けてきましたが、母親の事を全く知らなかったのです。



ですから、母親の人生を聞く前、自分はこう予想していました。「自分は幼い頃から母親の暗い顔しか見た事がない。母親は10年以上に渡って父親の事を激しく糾弾し続けていたし、父親のいない時には『離婚したい』と泣いていた。という事は母親という人間は、幼い頃から暗い人間だったのだろう。だからその子供の自分も、暗い少年時代を過ごす事になったのだ。」、と、



そして、自分は母親の人生を聞き始めました。するとそこには自分が全く予想していなかった人生が広がっていたのです。まず母親の子供時代の話を聞いた所、それはとても無邪気で明るいものでした。子供時代の母親は、友達や姉と野山を駆け回り、周りの大人達に可愛がられ、絵に描いたような子供らしい子供時代を送っていたのです。まるで映画のシーンに出てきそうな程無邪気で牧歌的な子供時代を母親は送っていました。



しかし、そのような牧歌的な子供時代は、自分には全く無かったものでした。自分の子供時代と言えば、物心ついた頃には喘息を発症しており、全く運動が出来ず、友達と楽しく遊んだ記憶もほとんどありません。



ですから、自分は母親の無邪気な子供時代の話を聞き、とても驚きました。それは自分が予想していた子供時代と真逆だったからです。しかし、一方ではかなりムカついたのも覚えています。それは「嫉妬」です。自分が持っていない「明るい子供時代」を母親が持っていた事への嫉妬でした。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村