鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「トラウマ歩き」の続行を決意(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうか、全く分からない②(2008年7月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が生まれて初めて「トラウマ歩き」に挑戦してみた、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それの消化を試みる行為の事を言います。当時の自分はこの行為によってトラウマが消化出来るか、その効果に全く確証が持てませんでした。



ここからは前回の記事をそのまま引用します。自分が「トラウマ歩き」の没入感の凄さに驚いた、という話になります。



『前回記事からの引用』


そして、自分は実際にトラウマ歩きを試してみたのですが、これよってトラウマを消化出来ているのか確証は全く持てませんでした。この理由として考えられますのは、トラウマへの没入感が凄まじ過ぎるので、それが消化出来ているのか、全く客観的に測れなかった、という部分があったように思います。また、自分の過去のトラウマは気が遠くなるほど膨大な量がありましたから、多少消化出来たとしてもそんなものは大海の一滴に過ぎず、認識できるようなものでは無かった、とも考えられます。



しかし、「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感はかなりのものがありました。まるで自分が12年前の大学空手部時代にタイムスリップしたかのような感覚だったのです。しかし、そこに懐かしさは全くありません。自分は歩きながら、ひたすら当時の「稽古で殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」をそのまま再体験していったのです。その絶望感で足取りは重くなるばかりでした。そして、歩きながら当時のトラウマを再体験していると、あっという間に2時間が過ぎました。



自分は初めての「トラウマ歩き」を終え、その没入感の高さに驚きました。しかし、それによって過去のトラウマを消化出来たのかどうかは全く分かりませんでした。自分はこう思いました。


『「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうかは、全く分からない。しかし、あの没入感の凄まじさに賭けてみる価値はある。』


と。



『引用終わり』


このように自分は「トラウマ歩き」の「トラウマ消化効果」に関しては全く確証を持てませんでした。しかし、その没入感の高さに驚き、これに賭ける気になったのでした。



また、これまで書いていませんでしたが、自分はお試しの「トラウマ歩き」を終えた直後、ほんの少しだけスッキリ感と達成感も感じた記憶です。そう、2時間の「トラウマ歩き」を終えると、心の中の1/500くらいがスッキリした感覚があったような記憶です。そして、以下のような達成感も感じました。



「あの思い出すのもおぞましい大学空手部の死の恐怖を、2時間に渡ってよく思い出し続けたなぁ。」



自画自賛的な感情ですね。ただし、この達成感も心の中の1/500くらいで発生している僅かな達成感でした。



このように「トラウマ歩き」を終えた自分の心の中には1/500くらいのスッキリ感と達成感も発生していました。ただし、それらはほんの僅かなポジティブな感覚です。もしかしたら発生していないかもしれないくらいの僅かな感覚です。



しかし、その感覚は当時の自分にとって見逃す事は出来ない変化でした。そう、当時の自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っており、鬱の諸症状の辛さに七転八倒し続ける日々を過ごしていました。そんな中で発生したポジティブな感覚です。それは明らかに異質なものであり、注目すべきものである事は確かでした。



ここまでの流れをまとめてみたいと思います。自分は「トラウマ歩き」の1回目を終え、以下の3つの感覚を得たのでした。



①「トラウマ歩き」後、心の中で「スッキリ感」と「達成感」発生している。しかし、これらの感覚は心の中の1/500くらいで発生した、ほんの僅かなポジティブ感。残り499/500の圧倒的な「鬱感情」の前では、霞んでしまう感覚。


② 「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感は凄まじいものがあった。それはまるで自分が12年前の大学時代にタイムスリップしたかのような感覚。しかし、そこに懐かしさはゼロ。自分は歩きながら、ひたすら当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」をそのまま再体験していった。その絶望感で足取りは重くなるばかり。そして、歩きながら当時のトラウマを再体験していると、あっという間に2時間が過ぎたのだった。


③ 「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうかは、正直分からない。



自分は①、②、③の気持ちを認識した上で、この先「トラウマ歩き」を続けるかどうか、判断しました。答えは「YES」でした。③にありますように、やはり自分は「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来るかどうかは全く確証が持てませんでした。しかし、①、②の感覚がトラウマの消化に繋がりそうな手応えを感じたのです。そう、①の僅かなポジティブ感覚と、②の凄まじい没入感、これらがトラウマの消化に繋がっていくような予感がしたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村