鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

歩きながらトラウマを思い出す事による凄まじい没入感(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きの実行をためらう3つの理由(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が過去のトラウマの消化に挑戦する事にした、という話でした。この時の自分はすでに深夜アニメの感動の消化には成功していました。歩きながら、それを思い出す事で感動や興奮する気持ちが鎮静化していったのです。これならば、歩きながらトラウマを思い出す事で、もしかしたらそれを消化出来るかもしれません。



☆ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)

③大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



しかし、この時の自分には「トラウマ歩き」を躊躇する大きな理由が3つありました。


❶「歩きながら深夜アニメの感動を消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出すとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえのか、という気持ち。 (「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら)




しかし、折角思い付いたアイデアをこのまま捨ててしまうのもかなりもったいない気がしました。もしかしたら、このアイデアでトラウマを消化出来るかもしれないのですから。



そこで自分はこう思いました。



「本当に気が進まないけど、試しに1度歩きながらトラウマを思い出してみるか。」



それから2〜3日後、自分は「トラウマ歩き」を実行してみる事にしました。まず自分は家の近所を歩きながら、最近見た深夜アニメの感想を思い出していきました。深夜アニメの感動や面白さや興奮を思い出すと、自然と口元が緩み、ニヤついてしまいました。



40〜50分も歩いていると、それらの感情は消化され、口元の緩みが収まってきました。これで深夜アニメの感動の消化は完了です。ここからはいよいよトラウマを思い出していきます。自分は本当に嫌でしたが、12年前の大学空手部時代の記憶を歩きながら思い出していきました。自分の人生にはトラウマ体験が無数にありましたが、中でも最も酷いトラウマがこの大学空手部の記憶でした。自分のトラウマの代表格が大学空手部の3年間です。



自分はこの時代に日々感じていた「稽古に殺されるかもしれない恐怖」を思い出しました。当時の自分は、大学空手部の練習の厳しさを乗り越える事がまるで出来ず、被害妄想を悪化させ、「練習に殺されるのではないか」という恐怖にのたうち回っていたのです。自分は歩きながら、その恐怖の日々を思い出し始めました。



すると、自分の脳内が、一気に14年前にタイムスリップするような感覚がありました。この時の自分は32歳ですが、一気に18歳に戻ってしまったかのようです。自分の目の前には大学空手部の道場が現れ、自分がそこで今まさに殺される恐怖に怯えながら、稽古に参加しているような感覚に陥ったのです。



これは驚くべき感覚でした。この時の自分は実際には家の近所を歩いており、その目には家の近所の景色が映っているのですが、実際に自分の脳内に映し出されていたのは、大学の道場だったのです。その没入感は凄まじいものがありました。そして、自分はその道場で死の恐怖に必死に必死に耐え、その日の稽古をなんとか終わらせようと、のたうち回っていました。



また、当時の自分には信頼出来る人間関係が皆無であり、その大学空手部の死の恐怖を一人で耐えざるを得ませんでした。これにより、さらに被害妄想は酷くなり、夜ますます眠れなくなっていったのです。これにより心身は凄まじい勢いで衰弱していきました。自分は歩きながらこれらの記憶を思い出していきました。これらのトラウマを思い出すと、凄まじい精神的苦痛が自分の脳内を駆け巡り、歩きながら顔を激しく歪ませていた記憶です。



そして、記憶の中の精神的苦痛が酷ければ酷いほど、足は前に進まなくなり、歩くスピードは遅くなりました。時には足がほとんど前に進まず、異常な程の遅さで歩く事もありました。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村