鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの続行を決意(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きを続行するかどうか、悩ましい(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を試しにやってみた結果、これを続けるかどうか悩ましい気持ちになった、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。



自分は「トラウマ歩き」を試してみた結果、以下の3つの感想を持ちました。


①トラウマ歩き後、心の中で「スッキリ感」と「達成感」発生している。しかし、これらの感覚は心の中の1/500くらいで発生した、ほんの僅かなポジティブ感だった。


② 「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感はかなりのものがあった。それはまるで自分が14年前の大学時代にタイムスリップしたかのような感覚。しかし、そこに懐かしさはゼロ。自分は歩きながら、ひたすら当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」をそのまま再体験していった。その精神的苦痛で顔は激しく歪み、足取りは重くなるばかり。ただ、歩きながら当時のトラウマを再体験していると、あっという間に2時間が過ぎたのだった。


③ 「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうかは、正直分からない。



このように自分はお試しの「トラウマ歩き」を終え、悩ましい気持ちになりました。この「トラウマ歩き」の目的は、「トラウマの消化」ですが、③にある通りその目的が達成出来たのかどうかさっぱり分かりません。確かにスッキリ感と達成感は発生しましたが、それは心の中の1/500くらいで発生している微細な感覚です。残り499/500の圧倒的な「鬱の記憶」の前では、存在感はほとんどありませんでした。



しかし、②にありますように「トラウマ歩き」の最中の没入感は特筆すべきものがありました。まさかあんなに鮮やかに過去のトラウマが蘇るとは。ただし、そこに懐かしは微塵もありませんでした。あったのは、当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」だけでした。



自分はトラウマ歩きを続けるか、かなり悩みました。トラウマ歩きを躊躇う理由としては以下の3つがありました。


❶「歩きながら深夜アニメの感動を消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出すとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえのか、という気持ち。 (「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら)



自分は上記①②③と❶❷❸の感情を考え続けました。そして、出た結論は「続ける」でした。③と❶にありますように、やはり「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来る保証は相変わらず何もありません。確かに「トラウマ歩き」後にはスッキリ感や達成感らしきものが発生していましたが、それはあまりにも微細な感覚で、あやふやな感覚でした。



しかし、だからといって「消化出来ない」という確証も何もありませんでした。もしかしたら、「消化出来る」可能性も全然あるように思えました。特に最中の「②没入感の高さ」は凄まじいものがあり、「消化出来る」可能性を感じさせました。




自分は最終的には「ここでトラウマ歩きを辞めてしまうのは勿体無さ過ぎる」、と判断しました。トラウマを消化出来る可能性のある行為を辞める選択肢はありませんでした。「トラウマ歩きによってトラウマが消化出来るかどうかは全く分からないが、あの没入感は凄まじいものがあった。とりあえずは続けてみるか。」、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村