鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

雨の日でも台風の日でもトラウマ歩き(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きの最中の麻薬的な気持ち良さ(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「2回目のトラウマ歩き」を終わらせた後の話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。自分はこの行為を少なくとも1年間は続ける事になります。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が「トラウマ歩き」の中で、麻薬的な気持ち良さを感じていた、という話になります。


『前回記事からの引用』


このように自分は3回目以降のトラウマ歩きもなるべく「現地」で行う事を決めたのでした。そして、実際に自分はここから1年くらいは「現地」でトラウマ歩きを続ける事になります。これが2008年3月頃の話になります。



ここら辺で最近のこのブログの記事を振り返ってみたいと思います。最近このブログの記事はず〜っと「トラウマ歩き」の話が続いています。特に「2回目のトラウマ歩き」の話が長かった印象です。この一連の話の中では「記憶のサルベージ」と「トラウマ歩き」の関連性についてかなり長く考えました。また、「トラウマ歩き」の中で発生していた凄まじい没入感についても詳細に言語化してみました。そして、この凄まじい没入感は以下の2つの面があった、という話もしました。


①当時のトラウマをそのまま再体験する事で生じる凄まじい心身の苦痛


②そのトラウマと同程度のそれへの懐かしさ(愛着)


以前の記事にも書きましたが、②の懐かしさ(愛着)はこのブログを書いていて思い出した感情でした。そう、自分が「トラウマ歩き」をしていたのは、今から14年前くらい前の話です。そして、この14年間自分はこの「トラウマ歩き」の最中の「懐かしさ(愛着)」をすっかり忘れていました。①の気持ちは変わらずにずっと覚えていたのですが、②の感情はすっぽり自分の記憶から抜け落ちていたのです。




ですから、自分はこのブログを書いていてびっくりしました。「えっ?!自分はこんな重要な感情を14年間忘れていたのか!!」、と。


そう、ですから自分はこのブログに「トラウマ歩き」について書く「以前」、こういう疑問を持っていました。


『「トラウマ歩き」をしていた時の自分の体調って、ぶっ壊れにぶっ壊れまくってたのに、よくまぁ2日に1回、1回平均4時間のハイペースで歩き続けていたよなぁ。』


そう、確かに当時の自分の心身はぶっ壊れにぶっ壊れまくっていました。当時の自分は度重なる致命的なストレスにより、「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っていたのです。(「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら)本来ならこんな体調で2日に1回、1回平均4時間も歩けるはずがありません。引きこもっている時などは、30分散歩しただけでも、翌日の体調がぶっ壊れていたのですからね。



しかし、この「トラウマ歩き」が②の感情を発生させていたと考えると、2日に1回、1回平均4時間で歩き続けられたのも頷けるものがあります。そう、「トラウマ歩き」は凄まじい心身の苦痛を生じさせると同時に、それと同程度の懐かしさ(愛着)も生じさせていました。そして、この懐かしさ(愛着)は依存性があったように思います。なんかこう麻薬的な気持ち良さです。これを1度味わってしまうと次から次に心がそれを求めてしまう、そんな気持ち良さでした。



ですから、自分は心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態だったにも関わらず、このようなハイペースで歩き続けてしまったのだと思います。



『引用終わり』



このように「トラウマ歩き」をしていると、自分の心の中にはかなりの懐かしさ(愛着)が発生していました。そしてそれは麻薬的な気持ち良さがあったのです。当時の自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×2.25倍状態に陥っていたのですが、それでも2日に1回、1回平均4時間ペースで歩き続けられたのは、この麻薬的な気持ち良さによるものだと思います。



また、何度も書いています通り、この「トラウマ歩き」をしていると凄まじい没入感が発生し、その没入感は以下の2つの効果がありました。


①当時のトラウマをそのまま再体験する事で生じる凄まじい心身の苦痛


②そのトラウマと同程度のそれへの懐かしさ(愛着)


この①の苦痛は凄まじい苦痛でしたが、それでも自分は2日に1回、1回平均4時間ペースで歩き続けました。これが出来たのは、②に麻薬的な気持ち良さがあったからだと思います。そう、この麻薬的な気持ち良さが「トラウマの再体験による凄まじい心身の苦痛」を丸ごと中和していたような印象です。



このようにトラウマ歩きの最中に発生していた「懐かしさ(愛着)」は、トラウマ歩きの最中において、かなり大きな役割を果たしていた印象です。



そう、前回の記事でこの②の「懐かしさ(愛着)」には麻薬的な気持ち良さがあり、依存性があったと書きました。それで思い出したのですが、自分はこの「トラウマ歩き」を雨の日にも行っていました。そう、雨の日でも傘を差して、雨の中をトラウマを思い出しながら、平均4時間歩き続けていたのです。あれもよくやりましたねぇ。



雨の日に歩き続けて1時間も経つと靴の中に雨水が侵入してきて、靴の中はぐちゃぐちゃです。靴の中が冷たいやら気持ち悪いやらで最悪の気分でした。しかし、自分はそんな状態でもトラウマ歩きを続けました。



また、時には台風の日でもトラウマ歩きをしていた記憶があります。こんな日は当然台風による暴風雨で傘を飛ばされそうです。自分は傘を飛ばされないように必死に傘を握りながら歩きました。



しかし、凄まじい風の中では、傘を差していても、雨は防ぎきれません。1時間、2時間と歩き続けていると、靴の中だけでなく、服の中までびしょ濡れになっていきました。自分は最悪の最悪の気分でした。「俺はこんな日に何やってるんだよ、、」と、絶望的な気持ちにもなりました。しかし、自分はそれでもトラウマを思い出しながら歩き続けたのです。こんな日でもトラウマの記憶が尽きるまで4時間は歩き続けた記憶です。それ程の依存性の高さが「トラウマ歩き」にはあったのでした。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村