鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きによってトラウマを消化出来ている確率は50%(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きを必死にやっても、社会的経験も金銭的利益も全く得られない(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「2回目のトラウマ歩き」を終わらせた後の話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。この行為が続いた期間は少なくとも1年間です。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が「トラウマ歩き」の最中に酷い虚しさを感じていた、という話になります。



『前回記事からの引用』




このように自分は台風の日にも「トラウマ歩き」を強行していたのですが、その理由として「一刻も早くこの行為を終わらせたい」という気持ちがありました。さっさとこの行為を終わらせて、社会生活に復帰したいと思っていたのです。そう、この時の自分は32歳ですからね。ニートで成功体験、恋愛経験、就職経験、皆無の32歳です。そんな状態で過去のトラウマと向き合うだけの日々を送る事に葛藤がありました。



しかし、この「トラウマ歩き」には「かなりの懐かしさ(愛着)」が発生しており、麻薬的な依存性がありました。ですから、自分は葛藤を感じつつも「トラウマ歩き」を続行したのです。



また、「トラウマ歩き」の最中に感じていた葛藤として、もう1つあった事を思い出しました。それは「この行為では1円もお金が発生しない」、という事です。そう、自分はこの「トラウマ歩き」にかなりの時間とエネルギーを費やしていた訳ですが、当然この行為ではお金は稼げません。当時の自分はそこに虚しさを感じていました。



まとめますと、当時の自分がどんなに「トラウマ歩き」に膨大なエネルギーと時間を費やしても、それで社会経験が積める訳ではありませんでした。そして、お金を稼げる訳でもありません。自分は社会生活から完全に隔離された状況下で、ひたすら過去のトラウマと向き合うしかありませんでした。当時の自分はここにかなりの虚しさを抱えていた記憶です。



当時の「トラウマ歩き」の中で印象的に残っている情景があります。当時の自分が「トラウマ歩き」をしていたルートの中には繁華街やレジャースポット近辺を歩くルートもありました。ですから、その近辺をトラウマ歩きしていますと、周りは楽しそうな若者やカップルでいっぱいです。自分はそんな人達とすれ違うたびに「あぁ俺何やってるんだろうなぁ、、」と酷く悲しい気持ちになっていたのを覚えています。加えて、「こんな一銭にもならない事をなんで必死になってやっているのだろう、、」と酷く虚しい気持ちになる事も多々ありました。



しかし、それでも自分は「トラウマ歩き」を続けました。もしかしたらこの行為によってトラウマが消化出来るかもしれません。そして、最中に発生している「かなりの懐かしさ(愛着)」には麻薬的な依存性もありました。



『引用終わり』



このように当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、以下の2つの虚しさを感じていた、という事になります。


① この時の自分はニートで成功体験、恋愛経験、就職経験、社会経験、皆無の32歳。そんな状態で過去のトラウマと向き合うだけの日々を送る事にかなりの葛藤があった。どんなにこの行為に膨大なエネルギーと時間を費やしても、それで社会経験が積める訳では無かった。


② どんなにこの行為に膨大なエネルギーと時間を費やしても、この行為では1円もお金は発生しない。



いいですね。さらに「トラウマ歩き」の最中に感じていた虚しさを思い出しました。それは「トラウマ歩きによってトラウマが消化出来ているかどうかも、全く分からない」です。そもそも当時の自分がこの行為を始めた目的は「トラウマを消化する」でしたが、本当にこの行為でそれが消化出来ているのか、そこに全く手応えは無かったのです。



もちろん、大前提として「歩く事で深夜アニメの感想を思い出すと、それを消化出来る」という過去の実績はありました。しかし、だからといって、トラウマが消化出来るという保証は何もありません。もしかしたら消化出来るかもしれませんし、もしかしたら消化出来ないかもしれません。当時の自分の中で、その確率は半々といった印象でした。



また、「トラウマ歩き」の最中にはかなりの懐かしさ(愛着)が発生しており、それが「トラウマ歩き」を続けるモチベーションになってはいました。しかし、この懐かしさ(愛着)の発生が、トラウマの消化に役立っているかどうかも当時の自分はよく分かっていましんでした。というか当時の自分は、「トラウマ歩き」の最中にかなりの懐かしさ(愛着)が発生している事にすら気付いていなかったのです。



このように「トラウマ歩き」の目的は「トラウマを消化する」でしたが、それを達成て出来ているのかどうかの確証はまるでありませんでした。自分はここに関しても、かなり不安感を感じていた記憶です。自分はこの行為にかなりの時間とエネルギーを割いている訳ですが、これが全く無駄になってしまう可能性も感じていました。なんというか全く先が見えない未来に対して、確率50%のギャンブルをしているかのような感覚でしたね。




まとめてみますと、「トラウマ歩き」という行為には50%の確率で目的通りトラウマを消化出来てる可能性を秘めていました。しかし、残り50%の確率では、全くトラウマを消化出来ておらず、ただただ膨大な時間とエネルギーをドブに捨てて、現実逃避しているだけ、という危険性もあったのです。当時の自分は残り50%の危険性に対してかなりの不安感を感じていた記憶です。





今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村