鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの最中の「極度の虚脱状態と放心状態」(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きの中で東京観光を楽しむ②(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を開始し、その最中に東京観光気分を楽しんでいた、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



それからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



☆ご注意:ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←今回の記事のメインです。

③今から25年程前の1つ目の大学に通っている自分(1995年〜1999年・19歳〜22歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のネガティブな感覚を確認したいと思います。自分は「トラウマ歩き」の最中、以下の6つの精神的苦痛を感じていました。過去記事からの引用になります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの最中の精神的苦痛①〜⑥」"



このように自分は「トラウマ歩き」の最中、様々な精神的苦痛を感じていた、という事になります。



そして、以前の記事では「トラウマ歩き」の最中のポジティブな気持ちもついてまとめています。過去記事から引用したいと思います。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『過去記事からの引用』



トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情。


①過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)

[説明]「トラウマ歩き」より遡る事3年前。自分は社会生活と家族関係から完全に脱落し、部屋に引きこもった。そこで自分はノートに過去のトラウマを全て言語化し、その因果関係を繋いでいった。1年間の引きこもりの末に自分は大学空手部生活について以下の結論に辿り着いた。


『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれはあれで自分の青春時代だったのだ。』



この結論によって、自分は過去のトラウマ全てに対して愛着を感じるようになっていた。よって「トラウマ歩き」の最中にそれを思い出すと、かなりの懐かしさ(愛着)を感じた。加えて、思い出すトラウマが辛ければ辛いほど、より深い懐かしさ(愛着)をそれに感じるようにもなっていた。


②①によって発生する麻薬的な気持ち良さ

[説明]①のかなりの懐かしさ(愛着)には麻薬的な気持ち良さがあり、依存性があった。よって自分は雨の日や台風の日にもトラウマを思い出しながら、外を歩き続けた。(これに関しては辛い部分もあった。)


③歩く事による自己肯定感

[説明]自分の足で、自分が行きたい場所に、自分のペースで歩いていく、この事自体に充実感があった。事前に自分が想定したルートを自分の足で歩いていく事での達成感。大袈裟に言うと、歩く事による自己実現。もしくは歩く事による自己肯定感。



自分はそれまでの32年間の人生において自己肯定感を失っていく一方だったので、この歩く事による自己肯定感は貴重な感覚だった。


④タイムスリップ感覚による非日常感

[説明]自分が「トラウマ歩き」を行う場所は、非日常な場所であればある程、歩いていて充実感があった。最たる例は、1つ目の大学近辺。この場所は自分にとって12年前の致命的なトラウマにタイムスリップ出来るという意味で最も非日常的な場所だった。故に自分は3回目の「トラウマ歩き」以降も、なるべく過去のトラウマに関連する場所を歩いていった。

それは例えば、2つ目の大学近辺、高校近辺、中学近辺、小学校近辺。これらの場所を歩くと当時のトラウマが鮮明に思い出され、当時にタイムスリップする事が出来た。当時の自分はこのタイムスリップによる非日常感に充実感を感じていた。



『引用終わり』



いいですね。このように自分は「トラウマ歩き」の最中にポジティブな感覚も感じていた、という話になります。



さて、前回の記事では、自分が「トラウマ歩き」の最中に観光的な楽しさも感じていた、という話を書きました。ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



懐かしいですねぇ。25年程前の自分が通っていた大学は、東京の都心のど真ん中にある大学でした。ですから、12年前の自分が大学近辺を「トラウマ歩き」していると、様々な名所が見れて、とても楽しかった、という話になります。



今更になりますが、1つ目の大学は「上智大学」、2つ目の大学は「法政大学」になります。自分は上智大学に4年間、法政大学に4年間通っていました。上智の周りには迎賓館、皇居を始めとする名所が沢山あり、トラウマ歩きをしながらそれらの名所を周る事が本当に楽しかった記憶です。



そう、以前の記事にも書きましたが、大学時代の自分は鬱を発症しており、感受性が完全に死んでいました。ですから折角上智大学の周りに名所が沢山あったにも関わらず、その凄さに全く気付いていなかったのです。また、当時上智大学のすぐ近くで地下鉄サリン事件が起こったのですが、その事についても当時の自分が何かを感じた記憶がありません。あの事件は歴史に残る凄まじい事件ですが、あの事件についても誰かと感情を共有した記憶もありません。



このように上智時代の自分は大学近辺の名所をまるで認識出来なかったのですが、12年程前の自分は違いました。12年程前の自分が上智近辺をトラウマ歩きすると、東京の名所が次から次に現れて、それはもう楽しかったのです。「おぉ、あの有名な場所は実際見るとこんな感じなのか!!」と、嬉しくなる事が幾度となくありました。



改めて思い出してみますと、上智のすぐ近くの皇居周りの名所を歩くのも面白かったですし、品川駅から東京駅まで山手線線沿いに歩き、そこから中央線沿いに四ツ谷(上智)まで歩くルートもかなり楽しかった記憶です。



そして、こんな感じで東京都心を歩き回っていますと、自然とそれぞれの名所の位置関係が記憶され、半年くらいで都心の土地勘がなんとなく出来上がっていました。頭の中になんとなく都心の地図が出来上がっていたのです。これも何気に嬉しかった記憶です。



そうそう、当時はスマホが無かったですから、自分は初見の道を歩く時は、事前に家で周辺の地図をプリントアウトして、それを見ながら都心を歩いていました。しかし、慣れてくると地図無しでも都心の主要な道路を歩けるようになっていました。



このように東京都心の「トラウマ歩き」はかなり面白かった記憶です。山手線沿いに歩くのも楽しかったですし、中央線沿いに歩くのも楽しかった。東京、神田、秋葉原お茶の水飯田橋、市ヶ谷、四ツ谷四ツ谷三丁目、信濃町、新宿。こうやって書くだけでも楽しくなってしまいます。特に四ツ谷上智の最寄駅でしたから、思い入れもひとしおです。



現在の自分(2022年8月)は、12年ぶりにこの「トラウマ歩き」の東京都心ルートを思い出して、こうやってこの記事を書いている訳ですが、「12年前のトラウマ歩きの東京都心ルートってこんなに面白かったのか!!」と、かなり驚いています。あれはガチで面白かったですねぇ。「上智大学時代」と「トラウマ歩きをしている時代」とでは12年くらい時代が違うのですが、その間の街並みの変化も面白かったですし、単純に東京の有名な場所を周る事自体がかなり面白かった記憶です。



なんかここまで面白いと、「トラウマ歩き」の東京都心ルートを歩いていた1年間は、もう一つの青春時代って感じすらしますね。上智時代を第一の青春時代とするならば、第二の青春時代は「トラウマ歩き」の東京都心ルートと言えるかもしれません。



『引用終わり』



このようにトラウマ歩きの東京都心ルートは第二の青春時代と言っても良いくらい、楽しい時間だった、という話になります。



ただし、「トラウマ歩き」の東京都心ルートにおいても、上記①〜⑥の精神的苦痛は発生しており、歩いてる最中にはかなりの辛さもありました。当時の自分は、心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っていましたから、身体的な辛さもかなりありました。


では久しぶりに「極度の虚脱状態と放心状態」を確認したいと思います。


引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」における8つの鬱の諸症状



⑴家族に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」参照)


⑵「もしベッドに入り寝てしまったら、その無防備な所を家族に襲われ、殺されてしまうかもしれない」という病的(×12倍)な被害妄想。(詳細は(「こちら」)


⑶引きこもり時期にも発症していた「寝付く際の周りの音」に対する病的(×12倍)な被害妄想。(詳しくは「 引きこもり期間中の9個の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) 」の①)


⑷ベッドの中における「意識は覚醒しているのに、まぶたや身体が重くて動かない状態」(詳細はこちら)



⑸当時の自分の体調は、冷え性も病的に悪化しており、真夏日でも部屋の中でエアコンを付ける事が出来なかった。もしベッドで横になっている時にエアコンを付ければ、必ず寝冷えしてしまう。エアコンの設定温度を30度に設定したとしても、寝覚めると身体は氷のように凍え切っており、鼻水はダラダラ、身体は100kgの重りを背負っているかのよう。故に自分は真夏日でもエアコンや扇風機や窓を開けずに眠るしか無かった。(住んでいる場所は神奈川)


当時の睡眠時間は昼夜逆転していたので、自分は真夏日の昼間に室温50度くらいの中で汗をダラダラ流しながら、眠らざるを得ない。そして、2〜3時間寝れたとしても、意識が覚醒すると、⑷の状態に陥り、ベッドから身体を起こす事は出来ない。自分はそこからさらにダラダラ汗を流しながら、1〜2時間ベッドに磔状態。この時の虚脱感や消耗感や絶望感は致命的なものがあった。


⑹引っ越しによって発生した致命的な精神的苦痛①〜⑥+1(詳細はこちら)


⑺上記の「極度の虚脱状態と放心状態」で、パチンコ稼業を再開出来るはずも無く、自分は引っ越してから1ヶ月後にパチンコ稼業からの撤退を決意した。これにより、自分の中に筆舌に尽くし難いほどの無力感が発生。これにより「極度の虚脱状態」はますます悪化していった。


⑻上記の7つの諸症状は耐え難い心身の苦痛を常に自分に発生させていた。故にこのような日々の唯一の心の支えが、「首吊り装置」という名の「最終安全装置」だった。この時の具体的な気持ちは以下の通り。


当時の自分は、余りの憎悪や被害妄想や肉体的苦痛に耐えられず、自我を失いそうになったら、さっさと首を吊ってこの世から離脱する事を決意していた。何故なら当時の自分が最も恐れていた事態は以下の事態。


自分の自我が憎悪と被害妄想に飲み込まれてしまい、正気を完全に失い、「自殺」という現実離脱手段すら使えなくなる事態。(具体的には、自分が気が狂った末に、精神病院の閉鎖病棟に隔離され、死ぬまでそこで苦しみ続けるような状態を想定)



上記の⑴〜⑻の諸症状は「ぎっくり腰事件」と「母親と喋り始める事件」によってさらに1.5×1.5倍悪化しています。つまり、「トラウマ歩き」の最中の自分は「極度の虚脱状態と放心状態」×2.25倍状態で歩き回らなければならなかったのです。



ですから「トラウマ歩き」で東京都心を歩いていますと、自分は上記⑴〜⑻の心身の辛さとも戦わねばなりませんでした。中でも印象に残っているのが、⑴と⑻です。当時の自分は両親に対して「殺しても殺し足りない」×1.5倍の憎悪を感じていました。故に「トラウマ歩き」の最中も両親に対する憎悪を考え続けていた記憶があります。ただし、歩きながら両親に対する憎悪を考えていると、一時的にですがその憎悪が消化され、スッキリする感覚がありました。



また、⑸にありますように、当時の自分は冷え性も病的(×27倍)に酷かったですから、自分は夏でも鼻水をすすりながら、東京都心を歩き回っていた記憶です。身体が芯から凍え切っているので、真夏に都心を歩き回っても、そんなに汗をかきませんでした。特に顔からは汗がほとんど出ず、ハンカチで顔を拭きながら歩く人達を見て、羨ましかった記憶があります。ただし、逆に冬のトラウマ歩きはとてつもない苦行となっていました。このお話はいづれさせて貰います。



他にも⑶ の「寝付く際の周りの音」に対する病的(×12倍)な被害妄想、これにも致命的に苦しんだ記憶もあります。ただし、この⑶の苦しみが酷かったのは、「トラウマ歩き」の2年目以降という感じです。今回の記事では割愛したいと思います。



以上を踏まえまして、「トラウマ歩き」の最中に発生していたネガティヴな感覚として、以下の新項目を付け加えたいと思います。



引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」 ×2.25倍状態における8つの鬱の諸症状



いいですね!




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村