鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマが言語化され整理整頓されていく気持ち良さ(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 日付けが変わっても、トラウマ歩きが終わらない。(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」、これの駄菓子屋ルートについて書いてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。



「トラウマ歩き」を開始してから、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間、平均移動距離は10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。


☆ご注意:ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)


②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←今回の記事のメインです。


③今から25年程前の小学校時代の自分(1985年〜1989年・9歳〜12歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。





ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を引用します。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」




ここまでの話をまとめますと、自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き」1年目の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。



さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑤と❶〜❼を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用します。「トラウマ歩き」の駄菓子屋ルートの終わり際の話になります。




『前回記事からの引用』




このように自分は駄菓子屋を巡ってトラウマ歩きをし、その後友達の家を見に行きました。そして、最後にバス路線沿いを歩き、感情が収まるのを待つのが常でした。



そう、この先自分はこの駄菓子屋ルートを週1回ペースで歩く事になります。そして、時にはなかなか感情が収まらず、このバス路線ルートを何度も往復する事もありました。大体このバス路線ルートに着くまでに、すでに3時間は歩いているのが常でしたが、日によってはそこからさらに2〜3時間このバス路線沿いに歩き続けていたのです。


5時間も6時間も休憩無しで歩き続けていると、肉体の疲労感、精神の消耗感、共に半端ないのですが、それでもトラウマの感情が収まらない日は収まりません。自分はトラウマを思い出して歩きつつも、心の片隅では「おいおいこのトラウマいつ終わるんだよ、、」と嘆いていたのを思い出します。


そう、自分はトラウマ歩きを夕方6時頃から開始するのが常でしたから、そこから6時間も歩くと、時刻はすでに深夜12時です。深夜12時にバス路線や住宅地の中を歩くのは、不審者扱いされそうで嫌な気持ちもありました。しかし、トラウマが収まらないのですから仕方ありません。自分はトラウマを思い出しながら深夜の住宅地を鬱々とした気持ちで歩き続けたのです。そして、深夜1時頃になるとようやく感情は収まり、疲労困憊の極地の状態で、家に帰っていくのでした。



『引用終わり』



このような流れで自分は駄菓子屋ルートを歩いていた、という話になります。さて、こんなルートも含め、当時の自分は「トラウマ歩き」を続けていきました。これまで書いてきたルートは、以下の4種類です。


・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート


う〜ん、よくまとまりました。自分は上記の4種類のルートを使い分けながら、週に3回、1回平均4時間の「トラウマ歩き」を歩き続けた、という話になります。そして、上記の4種類のルートを使っていた期間は、最初の1年間です。2年目以降は、ルートが少し変わっていきました。



それにしましても、現在の自分(2022年8月)がこの「トラウマ歩き」について書き始めて、すでに2ヶ月程過ぎていますが、ここまでの所よく言語化出来ているな、と感じます。ここまで言語化した事といえば、トラウマ歩きの最中のポジティブな感情、ネガティブな感情、です。この2つを言語化しまとめる事が出来ました。また、トラウマ歩き1年目のルートについても4種類にまとめる事が出来ました。う〜ん、よく出来ました。自分で自分を褒めてあげたい。



これまで自分の記憶の中でこの「トラウマ歩き」の期間が最もカオスだったのですが、そのカオスが少しずつ言語化され、整理されていくのが、とても心地良いです。まさか、あの「トラウマ歩き」をここまで言語化出来るようになるとは。素晴らしいです。



今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村