鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きが始まった経緯(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマが言語化され整理整頓されていく気持ち良さ(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」の中で自分が歩いていたルートについてまとめてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳で当然無職です。



「トラウマ歩き」を開始してから、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間で、平均歩行距離は10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。


A Href="https://www.asitaba.work/entry/2022/09/06/「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな"> 「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」




ここまでの話をまとめますと、自分はトラウマ歩きの最中に、①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑤と❶〜❼を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。自分が「トラウマ歩き」の中で歩いていたルートについてまとめています。




『前回記事からの引用』



このような流れで自分は駄菓子屋ルートを歩いていた、という話になります。さて、こんな感じで自分は「トラウマ歩き」を続けていきました。これまで書いてきたルートは、以下の4つです。


・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート


う〜ん、よくまとまりました。自分は上記の4種類のルートを使い分けながら、週に3回、1回平均4時間の「トラウマ歩き」を歩き続けた、という話になります。そして、上記の4種類のルートを使っていた期間は、最初の1年間です。2年目以降は、ルートが少し変わっていきました。



それにしましても、自分がこの「トラウマ歩き」について書き始めて、すでに2ヶ月程過ぎていますが、ここまでの所よく言語化出来ているな、と感じます。ここまで言語化した事といえば、トラウマ歩きの最中のポジティブな感覚、ネガティブな感覚、です。この2つを言語化しまとめる事が出来ました。また、トラウマ歩き1年目のルートについても4種類にまとめる事が出来ました。う〜ん、よく出来ました。自分で自分を褒めてあげたい。



これまで自分の記憶の中でこの「トラウマ歩き」の期間が最もカオスだったのですが、そのカオスが少しずつ言語化され、整理されていくのが、とても心地良いです。まさか、あの「トラウマ歩き」をここまで言語化出来るようになるとは。素晴らしいです。



『引用終わり』



このような4つのルートを使い分けながら、自分は「トラウマ歩き」の1年目を続けていきました。ここからは「トラウマ歩き」が始まった経緯を改めて振り返ってみたいと思います。そもそもどうしてトラウマ歩きという行為が始まったのかと言いますと、そのきっかけは「深夜アニメの感想の消化」です。ある日、自分が試しに歩きながら最近見た深夜アニメの感想や興奮を思い出した所、それが上手く消化出来ました。それならば、歩きながら過去のトラウマを思い出す事でそれを消化出来るのではないか、と考えたのです。



しかし、実際にトラウマ歩きをやってみると、この行為でトラウマが消化出来るかどうかさっぱり分かりませんでした。確かに「トラウマ歩き」を終えた直後には毎回僅かな量のスッキリ感はありました。しかし、その量は自分の心の中にある圧倒的に膨大な「鬱」の前では、大海の一滴に等しい程僅かな感覚だったのです。



ただし、その最中のトラウマへの没入感は凄まじいものがありました。自分が12年前の大学空手部時代のトラウマを歩きながら思い出すと、まるでタイムスリップしたかのような感覚に陥りました。それはまるで自分の心身が当時の自分の怨霊に憑依されたかのような没入感でした。自分は時間を経つのも忘れて、当時のトラウマの数々(「稽古で殺されるかもしれない恐怖」「孤独感」「絶望感」「虚無感」「無力感」)を思い出し続けました。するとあっという間に2〜3時間過ぎていたのです。



自分はトラウマ歩きの「トラウマ消化機能」には全く確証を持てませんでしたが、この没入感の高さには驚かされました。そして、この没入感の高さには賭ける価値があると思いました。



このような経緯で「トラウマ歩き」が始まりました。そして、自分は「トラウマ歩き」の中で上記①〜⑤のポジティブな感覚と、❶〜❼のネガティブな感覚に翻弄されていった、という話になります。自分はこの「トラウマ歩き」を最低でも1年間は続けていく事になります。



今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村