鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹に対する憎悪の歴史③(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹に対する憎悪の歴史②(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、これの最中に母親や妹に対するストレスを考え、消化していた、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分となります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』


まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



ここまでの話をまとめますと、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で上記の4つのルートを歩いていた、という感じです。



『前フリ終わり』




ここからは前々回と前回の記事をそのまま引用したいと思います。トラウマ歩きをしていた頃の自分が妹の出すドア音に致命的な憎悪と恐怖を感じていた、という話になります。そして、そのような憎悪と恐怖が発生した経緯について書いてみました。この経緯のなかには様々な事件が発生しています。まずはそれらの事件の時系列をまとめた上で、記事を引用したいと思います。



2003年10月(27歳)「尿管結石事件」

2006年6月(30歳)「引っ越し及び東○荘事件」

2007年3月(31歳)「ぎっくり腰事件」

2007年10月(31歳)「母親と喋り始める事件」

2008年3月(32歳)「トラウマ歩き」開始



『前々回記事からの引用』



このようにトラウマ歩きをしていた頃の自分は、妹の出す「ドアの音」に対して致命的な憎悪と恐怖を感じ始めたのです。思い返してみますと、妹の出す「ドアの音」といえば、5年前に起きた尿管結石事件です。自分と『妹の出す「ドアの音」』の因縁はここから始まっています。ここからはこの事件を振り返っていきます。



当時の自分(27歳)は、妹の出す「ドアの音」に睡眠を妨害され、それにかなりの憎悪を感じていました。自分の部屋と妹の部屋は隣同士にあり、妹の出す「ドアの音」は、かなりの音と振動を発生させていました。自分はそれによって眠れない日々が続き、心身がさらに衰弱していったのです。



2003年の10月のある日、自分はまたも睡眠を妨害され、妹の部屋に怒鳴り込みました。そして、妹と激しい口論になりました。自分はこれまでもこの件で妹にクレームを言っていたのですが、とうとう怒りが爆発したのです。妹との間で激しい口論が続きました。しかし、妹も折れず、10分ほどで自分は消耗しきってしまい、自分の部屋に戻りました。



すると、その10分後に妹が外出する音が聞こえました。すると自分の中に激しい被害妄想が発生したのです。それは「怒った妹が彼氏を連れてこの家に戻ってきて、自分はバットを持った彼氏にボコボコにされるのではないか??」というものです。そう、その当時妹には彼氏がおり、先程の外出は彼氏の元に向かったものと推測出来ました。そこまでの推測はまぁ妥当なものでしたが、そこから先は完全に被害妄想です。


何故なら当時の自分は妹の彼氏の素性を全く知りません。暴力的な彼氏なのか、大人しい彼氏なのか、全く情報が無い状態です。しかし、この時の自分は病的(×6倍)な被害妄想を発症していました。究極的に物事を悪く考え、しかもそれが必ず現実化するような、そんな思考回路に陥っていました。ですから、妹が彼氏を連れてこの家に戻ってきて、その彼氏のバットでボコボコにされるような被害妄想に陥ったのです。(ちなみにこの17年後に自分は実際にこの彼氏さんとお会いしていますが、全然大人しい方でした。)



自分はこの被害妄想に怯えまくりました。本当にこの後バットを持った彼氏がこの家に乗り込んで来るような気がしてたまりません。イメージ的には暴走族の抗争です。そこで自分は自分の部屋にバリケードを築き、バットとエアガンで武装しました。これで彼氏が乗り込んできても抵抗出来ます。あ、ちなみに自分はそれまでの人生で他人と喧嘩した事などありません。喧嘩どころか口論すらありませんでした。そもそも学生時代の自分は他人と全くコミュニケーションが取れませんでしたから、口論など発生する訳がありません。



自分は部屋と自分の武装が終わると、空腹を感じ、1階のダイニングで夕食を食べ始めました。時刻は夜7時頃です。すると、お腹がシクシク痛み始めたのです。自分はそれをしばらく我慢して夕食を食べていましたが、痛みは激しさを増し、とうとう食事してるどころではなくなってきました。そこで夕食を途中で片付け、痛むお腹を抱えながら、自分の部屋に戻りました。



部屋に戻った自分は、ベッドに横たわり、痛みが収まるのを待ちました。しかし、その痛みは収まるどころか、さらに激しさを増していきます。自分は普段からかなりの冷え性で下痢になり易い体質でしたが、下痢の時のお腹の痛みとは全然違う痛みです。それは痛みというより差し込みと言った方が適当でした。



自分はとうとうその激しい差し込みを我慢できなくなりました。凄まじい差し込みが痛くて痛くて仕方ありません。自分は仕方なく父親を頼る事にしました。父親とはここ2〜3ヶ月疎遠になっていましたが、それまでは月に1度くらいのペースで食事に行く関係ではありました。自分は父親の部屋に出向き、ドアをノックしました。父親は先程仕事から帰ってきたばかりです。出てきた父親に自分は「お腹がすげぇ痛いんだけど、、」と息も絶え絶えに訴えました。すると父親から信じられない暴言が投げつけられたのです。その言葉とは「こんな時だけ頼りやがって」だったのでした。



『引用終わり』



『前回記事からの引用』


ではこの続きを書いていきます。自分は父親から全く想定していなかった暴言を食らい、頭の中が真っ白になりました。それはそうでしょう。自分はてっきり父親が「とうした、大丈夫か??」と心配してくれるとばかり思っていたのですから。ですから自分がこのフレーズの意味を理解するまで5秒ほどかかりました。そして、この意味を理解した途端頭の中が怒りで真っ白になったのです。そう、明らかに父親は悪意を持ってこの暴言を発していました。この暴言には明らかに「ざまぁみろ」というニュアンスが込められているように自分は感じました。



自分の心の中を凄まじい怒りが駆け巡り、自分は「ふざけんな!!」と怒鳴りました。頭の中は凄まじい怒りとお腹の凄まじい痛みで滅茶苦茶です。この時の自分は激痛のせいで立っておれず、お腹を抱えて床に横たわっていたのですが、その状態で父親の足を蹴りました。そして、「お前にはもう頼らねぇよ!!」と叫び、父親の部屋から這って出ていきました。



すると、ここで父親の気が変わったのか、「分かった、分かった、救急車を呼ぶから」となったのでした。その後自分は救急車で病院に運ばれ、病室のベッドで痛みにのたうち回る事となりました。その後お医者さんによってこの痛みが尿管結石によるものだと判明し、鎮静剤のおかげか痛みは収まっていきました。しかし、ここから先も自分は凄まじい精神的苦痛の数々に自分を襲われる事となりました。


(この後の精神的苦痛の数々はこちらの記事をご覧下さい。)



このように自分は「尿管結石事件」によって凄まじい心身のダメージを負う事となりました。そして、当時の自分は尿管結石発症の原因を「妹との激しい口論」と考えました。妹の出すドア音を巡って妹と激しい口論をした直後、自分は尿管結石を発症したのです。その発症の原因を直前の「妹との激しい口論」に求めるのは自然な流れでした。これによって自分が妹に対して感じる憎悪は「殺したい」程にまで悪化したのでした。


『引用終わり』


ではこの続きを書いていきます。このように自分は「尿管結石事件」によって妹に対して「殺したい」程の憎悪を感じるようになりました。その後、この憎悪は2年半後に起きた引っ越し事件によって、2倍に悪化。自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じるようになっていました。さらにその9ヶ月後、「ぎっくり腰事件」によってその憎悪はさらに1.5倍に悪化。自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を持つに至りました。


そして、「ぎっくり腰事件」から1年後、自分はトラウマ歩きを開始した、という流れになります。ですから、自分はトラウマ歩きの期間も妹に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていました。ですから、隣の部屋に住む妹の出すドア音に対しても、致命的な憎悪と恐怖を感じ始めたのです。この展開は、妹に対する憎悪が爆発的に増大したきっかけが「尿管結石事件」であり、この事件の原因が「妹の出すドア音」にあった事を考えると、当然の展開だったと思います。つまり、自分は「尿管結石事件」後も「妹の出すドア音」に対して病的に過敏だったのです。


ただし、この「妹の出すドア音」に対する過敏さは、引っ越しをしてから1年くらいはなりを潜めていた記憶です。そう、引っ越しに際して、自分は妹とコミュニケーションを取らざるを得なくなりました。自分は妹に対する「殺したい」程の憎しみを必死に抑え、妹とコミュニケーションをとりました。ですから、自分と妹の関係は引っ越しが終わるまでは表面上は復活したのです。



しかし、引っ越ししてからしばらく経つと自分と妹との関係は再び疎遠になっていきました。引っ越しによるコミュニケーションで、自分の妹に対する憎悪が解消されるような事は起こりませんでした。ただし、引っ越ししてから1年くらいは自分は「妹の出すドア音」をそんなに気にしてはいませんでした。何故なら新しい妹の部屋のドアは以前の家に比べると音が出にくいタイプのドアだったからです。


しかし、次第に自分はそのドアの音にさえ、過敏になっていきました。この理由としましては、2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」が影響していると考えられます。自分はこの事件により、心身が極限まで衰弱し、犬の鳴き声の幻聴が聞こえるまでになりました。そして、その解決策として「首吊り」or「母親と喋る」という2つの選択肢に苦しみ抜きました。その結果「母親と喋る」という選択肢を選ぶ事となったのです。



その後自分は母親と喋り始める事になるのですが、この一連で自分が受けたメンタルダメージはさらに致命的でした。これまではこの事件での鬱の悪化は無かった、と考えてきましたが、こうやって改めて考えてみますと、さらに1.5倍に悪化したと考えるとしっくりきます。あの選択の最中の自分は、これまでの人生の中で最も首吊りのリアリティが高まっていましたからね。そして、その致命的なメンタルダメージによって、自分はこれまで気になっていなかった「妹の出すドア音」が気になり始めました。これにより妹への憎悪がさらに激しくなっていったのです。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村