鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

今現在(2022年9月)も色濃く残る妹への嫉妬心

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹に対して感じていた致命的な嫉妬心と無力感(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対するストレスを考え、消化していた、という話でした。そして、当時の自分が抱えていた妹への憎悪の歴史、それを振り返ってみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分となります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』


まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



ここまでの話をまとめますと、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で上記の4つのルートを歩いていた、という感じです。



『前フリ終わり』




ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。その内容は、「母親と喋り始める事件」によって、妹に対する憎悪だけがさらに悪化し、「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程にまで激化した、という話になります。



『前回記事からの引用』



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていた、と考える事が出来ます。なるほど〜。ただし、これに対して当時の自分が父親と母親に感じていた憎悪は、「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程、です。この2つを違いを箇条書きにして比較してみます。



「トラウマ歩きの時代の家族への憎悪」


・妹に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程


・父親と母親に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)


このようにトラウマ歩き時代に自分が家族それぞれに感じていた憎悪には、その激しさに違いがあった、という事になります。どうしてこのような違いが起こったのでしょう。それは、やはり「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」に原因があったと思います。



ここから書く事は、最近このブログを書いていて判明した事ですが、この「母親と喋り始める事件」によって、妹に対する憎悪だけがさらに1.5倍悪化したのです。当時の自分はこの事件によって7年ぶりに母親とのコミュニケーションを再開させる事となりました。そして、その為には「首吊り」or「母親と喋る」という過去最大に致命的に苦しい選択肢を選ばなければなりませんでした。



どうしてこのような選択肢が発生したのかと言いますと、それは当時の自分が母親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていたからです。本来ならこの精神状態ではコミュニケーションなど絶対的にあり得ません。



しかし、「首吊り」or「母親と喋る」という選択肢の前では、自分は「母親と喋る」を選ばざるを得ませんでした。そして、自分は実際に母親とコミュニケーションを取り始める事になります。




ここで自分は当時一緒に暮らしている妹の方に目を向けました。妹の方は29年間母親と良好な関係を築いており、母親とコミュニケーションが断絶した事など過去にありません。自分は妹が母親と良好な関係を続けている様子を、29年間見させられきた、とも言えます。


自分はこの妹との「差」がどうしても許す事が出来なかったのです。自分は母親とコミュニケーションを再開するにあたり、「首吊り」を選択肢に選ばなければそれを選ぶ事が出来ませんでした。しかし、一方妹の方はそもそも母親とのコミュニケーションが断絶した事すら無いのです。妹は当たり前のように母親と29年間コミュニケーションを取り続けていました。この自分と妹との間の母親に対するスタンスの致命的な差、これによって自分が妹に感じる憎悪のみがさらに激化したのです。これによって自分が妹に感じる憎悪だけがさらに1.5倍激化しました。この結果、先程の箇条書きの状態、



・妹に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程


・父親と母親に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)



に繋がったのだと思います。この時の自分の気持ちを簡潔に書きますと、こんな感じです。


「俺は母親との7年間の断絶を再開するにあたり、首吊りまで覚悟せねばならなかった。しかし、あいつはそもそも29年間母親とのコミュニケーションが断絶した事すらなく、当たり前のように今日ものうのうと母親と喋っている。この差はなんなんだ!!!」、と。


『引用終わり』


このような経緯で「トラウマ歩き」中の自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を抱くに至ったのです。なるほど〜。この一連の経緯で重要な事は、自分が家族3人感じる憎悪に「差」が生まれていた、という事です。その差とは以下の憎悪の差です。


・妹に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程

・父親と母親に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)


自分が家族に感じていた憎悪のピークは、まさにこの「トラウマ歩き」の時代だと思うのですが、こうやって当時の事を記事に書くまでは、この時代の家族への憎悪に差が発生していたとは思いませんでした。これは今回このブログに当時の事を書いてみての発見です。そして、この発見によって自分は一つの謎が解けたような気がしています。それは現在の自分(2022年8月)に関する謎です。ここからは今現在の自分(2022年8月)の家族状況について書いていきます。



今現在(2022年9月)の自分の家族状況ですが、両親との関係はとても良好です。過去に例を見ないほど良好と言って良いでしょう。週に1回3人で集まり、3時間くらい近況を話し合ってもいます。この1週間お互いにどんな事があったとか、この1週間の天気や芸能界や政治やネットの話とか、話題は様々です。そして、その最後に自分はこのブログに書いている内容を両親にそのまま喋ってもいます。最近だと、「母親と喋り始める事件」について喋りました。




今現在(2022年9月)の自分は、母親に対してはもはや憎悪の気持ちを持っておらず、逆にただただ感謝の気持ちしか持っていません。そして、父親に対しては、まだ釈然としない気持ちもありますが、普通に雑談出来る関係ではあります。



一方自分が妹に感じる気持ちは未だに生々しいものです。正直まだ憎悪めいた感情があります。例えば、妹はすでに実家を離れ、別のところで暮らしているのですが、折に触れ両親とコンタクトを取っています。そして、自分自身はこの2年ほど妹と全くコンタクトを取っていません。ですから自分は両親越しに妹の近況を聞くのですが、その気持ちは複雑です。正直、聞きたいような聞きたくないような、気持ちなのです。



思い出しました。話は一旦「トラウマ歩き」の時代に戻ります。当時の自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていました。その殺意は凄まじいものがあり、何度ノートに「妹死ね!!」と書き殴ったか分かりません。そう、当時の自分は妹の存在を激しく呪っていました。「妹さえいなければ、どんなに自分の心が楽になるだろう」と、何度考えた事でしょう。妹という存在が致命的に目障りで仕方なかったのです。



これまで書いてきましたように、このような心理状況に陥った背景には「母親と喋り始める事件」がありました。この事件によって自分は以下のような心理状況に陥ったのですから。



「俺は母親との7年間の断絶を再開するにあたり、首吊りまで覚悟せねばならなかった。しかし、あいつはそもそも29年間母親とのコミュニケーションが断絶した事すらなく、当たり前のように今日ものうのうと母親と喋っている。この差はなんなんだ!!!」



自分が「母親と喋り始める事件」の際に感じた妹との致命的な「差」。これによって自分は妹という存在をさらに激しく呪うようになっていきました。そして、その呪いはあれから15年経った今現在(2022年8月)も自分の心の中に色濃く残っている印象です。これにより現在の自分は、両親に対する対応より、妹に対する対応の方が、難しくなっている状態です。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村