鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹に対して感じていた致命的な嫉妬心と無力感(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分と妹との間の母親に対するスタンスの違い(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対するストレスを考え、消化していた、という話でした。そして、当時の自分が抱えていた妹への憎悪の歴史、それを振り返ってみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分となります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』


まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



ここまでの話をまとめますと、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で上記の4つのルートを歩いていた、という感じです。



『前フリ終わり』




ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。トラウマ歩きをしていた頃の自分が、どうして妹の出すドア音に致命的なそ憎悪と恐怖を感じていたのか、という話になります。



『前回記事からの引用』




このように「トラウマ歩き」の最中の自分は「寝付く際の周りの音」に対する被害妄想が、病的(12倍×2.25=27倍)にまで激化していました。ですからこれまでは気にならなかった「妹の出すドア音」に対して過敏になり始め、憎悪も感じ始めたのです。


そして、「妹の出すドア音」に過敏になるきっかけは、トラウマ歩きの半年前に起こった「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」という事になります。この事件により、自分の鬱はさらに1.5倍に悪化し、それによって「妹の出すドア音」に対して過敏になり始めてしまいました。では、どうしてこの事件の後にこのような事態が起こったのか、今回の記事はそこから考えてみたいと思います。



以前の記事に書きましたように、この事件によって自分の心の中では、過去最大に首吊りのリアリティが高まる事になりました。その結果、「首吊り」or「母親と喋る」という選択肢に追い込まれたのです。自分はこの選択肢のどちらを選ぶべきか、ノートに何度も何度も自分の気持ちを書き殴り、この苦し過ぎる考えていきました。この間に自分の精神はナイフで何度も深く刺されるくらいの致命傷を負ったイメージです。



何故なら当時の自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じる存在だったからです。本来ならコミュニケーションなど絶対的に有り得ない存在です。しかし、首吊りへのリアリティが過去最大に高まっている以上、自分は「母親と喋る」という選択肢を選ばざるを得ませんでした。だって母親と喋らなければ、その先に待っているのは首吊りですから。



このように自分の精神はこの選択によってナイフで何度も深く刺されたくらいの致命傷を負いました。こうやって当時の経緯を書いていて思ったのですが、この苦し過ぎる選択肢によって、自分が妹に対して感じる憎悪はさらに激しくなったと考えても良さそうです。何故なら、自分は母親とのコミュニケーション再開によって、心に致命傷を負わねばなりませんでした。しかし、一方の妹はこれまでずっと母親とのコミュニケーションを当たり前のように行ってきていたからです。



そう、自分と母親がコミュニケーションを断絶してからこの時すでに7年程経っていました。自分は24歳の頃から母親に対して憎悪を抱き始め、それは悪化していく一方でした。24歳以降自分は母親とほとんどコミュニケーションを取っていません。



一方で妹と母親のコミュニケーションが途切れた事は過去に全くありませんでした。この2人の関係性は我が家で最も安定した関係性だったと言えるでしょう。自分が母親と断絶し、憎悪を激化させていった7年の間も、妹は普通に母親とコミュニケーションを取り続けていました。



先程も書きましたように、自分は母親とのコミュニケーション7年ぶりに再開する際、「首吊り」を覚悟せねば、それを実行に移す事は出来ませんでした。心に深い致命傷を負わねば、それを実行する事は出来なかったのです。しかし、妹の方はといえば、当たり前のように29年間母親とコミュニケーションを取り続けてきました。自分はそんな妹と母親のコミュニケーションを29年間日常的にすぐ近くで見させられてきたのです。



この自分と妹との間の、母親に対するスタンスの決定的な違い。これが自分の中で妹への憎悪をさらに激しくさせたのは間違いありません。まとめますと、妹が当たり前のように取っている母親とのコミュニケーション、これを自分は「首吊り」を覚悟せねば、実行する事が出来なかったのです。この自分と妹との致命的な「差」、これによって自分の中の嫉妬心や無力感が煽りに煽られ、妹への憎悪がさらに激しさを増した、と考えるとしっくりくるものがあります。



ですから、「母親と喋り始める事件」以降、自分が妹に感じていた憎悪は、「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)にまで激化したのです。この2.25倍という数字は、「ぎっくり腰事件」で1.5倍、「母親と喋り始める事件」で1.5倍という事です。




『引用終わり』


このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていた、と考える事が出来ます。なるほど〜。ただし、これに対して当時の自分が父親と母親に感じていた憎悪は、「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程、です。この2つを違いを箇条書きにして比較してみます。



「トラウマ歩きの時代の家族への憎悪」


・妹に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程


・父親と母親に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)


このようにトラウマ歩き時代に自分が家族それぞれに感じていた憎悪には、その激しさに違いがあった、という事になります。どうしてこのような違いが起こったのでしょう。それは、やはり「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」に原因があったと思います。



ここから書く事は、最近このブログを書いていて判明した事ですが、この「母親と喋り始める事件」によって、妹に対する憎悪だけがさらに1.5倍悪化したのです。当時の自分はこの事件によって7年ぶりに母親とのコミュニケーションを再開させる事となりました。そして、その為には「首吊り」or「母親と喋る」という過去最大に致命的に苦しい選択肢を選ばなければなりませんでした。



どうしてこのような選択肢が発生したのかと言いますと、それは当時の自分が母親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていたからです。本来ならこの精神状態ではコミュニケーションなど絶対的にあり得ません。



しかし、「首吊り」or「母親と喋る」という選択肢の前では、自分は「母親と喋る」を選ばざるを得ませんでした。そして、自分は実際に母親とコミュニケーションを取り始める事になります。




ここで自分は当時一緒に暮らしている妹の方に目を向けました。妹の方は29年間母親と良好な関係を築いており、母親とコミュニケーションが断絶した事など過去にありません。自分は妹が母親と良好な関係を続けている様子を、29年間見させられきた、とも言えます。


自分はこの妹との「差」がどうしても許す事が出来なかったのです。自分は母親とコミュニケーションを再開するにあたり、「首吊り」を選択肢に選ばなければそれを選ぶ事が出来ませんでした。しかし、一方妹の方はそもそも母親とのコミュニケーションが断絶した事すら無いのです。妹は当たり前のように母親と29年間コミュニケーションを取り続けていました。この自分と妹との間の母親に対するスタンスの致命的な差、これによって自分が妹に感じる憎悪のみがさらに激化したのです。これによって自分が妹に感じる憎悪だけがさらに1.5倍激化しました。この結果、先程の箇条書きの状態、



・妹に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程


・父親と母親に対して感じていた憎悪→ 「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)



に繋がったのだと思います。この時の自分の気持ちを簡潔に書きますと、こんな感じです。


「俺は母親との7年間の断絶を再開するにあたり、首吊りまで覚悟せねばならなかった。しかし、あいつはそもそも29年間母親とのコミュニケーションが断絶した事すらなく、当たり前のように今日ものうのうと母親と喋っている。この差はなんなんだ!!!」、と。





今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村