鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「妹の出すドア音」に対する病的な憎悪と被害妄想(2008年5月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分と妹との間の異性関係の有無の「差」(2022年9月・45歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対するストレスを考え、消化していた、という話でした。そして、当時の自分が抱えていた妹への「殺しても殺し足りない」(×3.375倍)程の憎悪、これの原因を考えてみました。

.


「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。思い出すトラウマの辛さに、歩きながら何度号泣したか分かりません。


ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分となります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』


まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



ここまでの話をまとめますと、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で上記の4つのルートを歩いていた、という感じです。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」の頃の自分が感じていた妹に対する「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪、このような憎悪を持つに至った経緯について考えてみました。



『前回記事からの引用』



このように、「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていました。そして、この憎悪はそれまでの様々な事件で発生した妹との「差」、これが蓄積していった結果とも言えました。


そう、ここに至るまでには家庭内で様々な事件が起きていました。時系列に並べてみますとこんな感じです。


・「尿管結石事件」(2003年10月・27歳)


・ 「引っ越し及び東○荘事件」(2006年6月・30歳)

・「花粉症発症→ぎっくり腰事件」(2007年3月・31歳)

・「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」(2007年10月・31歳)


当時の自分は、これらの事件それぞれで「妹との間の致命的な差」を感じていました。そして、その「差」の蓄積が「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪となっていったのです。



例えば自分が「尿管結石事件」で感じた「差」とは、どのようなものだったのでしょう。それは「自分には高校時代以降、異性どころか同性の友人すら皆無だったのに、妹の方は同性の友人に恵まれ、そして、彼氏もこれまでに2人いる。」という「差」です。特に異性関係の有無の「差」が、27歳の自分の「自己否定感」をかなり増大させていたと思います。


そう、当時の自分は妹に対してこのような「差」を感じていたのです。


「同じ家庭環境に育ったにも関わらず、どうして妹の方は異性関係に恵まれ、どうして自分の方は恵まれていないのか。同じ家庭環境に育ったにも関わらず、こうも違うという事は、自分という人間が本質的に劣っているという事の証なのだろう。」


この嘆きは、当時の自分の自己否定感をかなり増大させた記憶です。そして、自己否定感が増大すると、被害妄想はますます悪化し、その被害妄想が尿管結石のきっかけとなったのです。


また、その後の自分は、妹に対して別の致命的な「差」を感じ始めました。それは、両親との関係における「差」です。そう、自分は尿管結石事件後、両親それぞれに対して「殺したい」程の憎しみを感じるようになっていました。この精神状態では両親とのコミュニケーションなどあり得ません。特に母親との断絶はすでに2年程経っていました。



しかし、妹の方はといえば、父親とも母親とも良好な関係を維持していました。しかも、両親を巻き込んで、大学受験をしていましたからね。ですから、尿管結石事件後の自分は、家庭内においても1vs3で完全孤立状態だったのです。そして、尿管結石事件後の自分は、社会的にも家庭内においても完全孤立し、部屋に引きこもる事となりました。


この「家庭内における完全孤立状態」、この状態もまた妹との致命的な「差」を感じさせるものでした。そう、妹の方は両親と普通にコミュニケーションを取っていましたが、自分の方はといえば、家族関係から完全脱落してしまいました。そして、当時の自分は社会的にも人間関係から完全脱落し、引きこもり状態に陥ったのです。この状態もまた自分の中の「自己否定感」をさらに増大させる原因になっていた記憶です。



そう、当時の自分としては自分が感じている家族3人それぞれに対する凄まじい憎悪は、「正統なモノである」という信念がありました。だって「殺したい」程の憎しみですから、それが間違いであるはずがありません。しかし、その憎悪によって家庭内において自分は1vs3の完全孤立状態に陥ったのです。当時の自分の中にはこのような思いがありました。


「果たして正しいのは、俺か、あいつら3人か?!」


そう、当時の自分としてはもちろん自分自身を信じたい気持ちがありました。しかし家の中においては1vs3で、完全に不利な状態なのす。多数決なら負けています。



この完全孤立状態は当時の自分の凄まじい憎悪が作り出したものであり、そこに当時の自分は信念めいたものを感じていました。しかし、一方でその信念に従った結果訪れた「家庭内における完全孤立状態」、これに対して当時の自分はかなりの不安を感じていた記憶です。そりゃそうです、当時の自分は社会からも家庭からも孤立無援状態に陥っていたのですから。


当時の自分が陥っていた「社会的にも家庭内でも完全孤立状態」、この状態が妹に対する激しい嫉妬、そして激しい憎悪に繋がっていった事は間違いないと思います。


『引用終わり』


このように当時の自分は2003年〜2007年に起きた家庭内の様々な事件によって、妹との「差」を感じていき、その「差」の積み重ねが、妹に対する「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪に繋がっていった、という話になります。(妹の年齢は3歳年下です。)そして、自分は2008年4月にトラウマ歩きを開始するのですが、当時の自分も当然妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていた、という事になります。



ですから、当時の自分は「妹の出すドア音」に対して、病的(12×2.25=27倍)な被害妄想と憎悪を感じていたのです。当時の「妹の出すドア音」は、以前住んでいた家のドア音に比べると、大分音や振動が少ないモノでした。しかし、自分はその音や振動に対しても病的(×27倍)な被害妄想と憎悪を感じ、さらに眠れなくなっていったのです。



そこで自分は妹に対してドア音に対するクレームを繰り返し言い続けていた記憶です。しかし、それでも病的(×27倍)な被害妄想と憎悪は全く収まりません。そして、確かあれは2008年のゴールデンウィークの時期です。自分と妹はかなり激しい口論をした記憶です。激昂した自分は口論の途中で周りにある物を蹴ったり、殴ったりした記憶があります。




何故2008年のゴールデンウィークだったのかという話ですが、この時に父親がゴールデンウィークを利用して、とある場所に旅行に出かけたのです。そして、父親が居なくなった事で、家の中のパワーバランスがなんかおかしくなり、自分と妹が激しく衝突した、という流れだったと思います。ただ、この事件はもしかしたら2009年のゴールデンウィークだったかもしれません。


このように「トラウマ歩き」の頃の自分は、「妹の出すドア音」に対して病的(×27倍)な被害妄想と憎悪を感じており、その事で妹と激しく衝突する事もあったのでした。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村