鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

コンビニでトイレを借りる際の病的な被害妄想(2008年12月・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 防寒着の脱ぎ着が致命的に面倒臭い(2008年12月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」





ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



(完全verはこちら)




このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。



ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き1年目の冬の話を書いています。


『前回記事からの引用』




このように当時の自分が冬にトラウマ歩きをする場合、服の脱ぎ着の為に5〜6回はお店のトイレや公衆便所に入らねばなりませんでした。これによる消耗感は半端ないものがありました。


そう、当時の自分の身体は病的(×27倍)な冷え性を発症していました。ですから、当然すぐに身体が寒くなってしまいますし、かと言って厚着して歩いているとすぐに暑くなってしまうのです。そして、暑くなってしまうと汗をかき、その汗で身体が冷えてしまいますから、服を脱がざるを得ません。ですから、冬にトラウマ歩きをしていると、20分おきぐらいにどこかしらのトイレを借りて、服の脱ぎ着をせざるを得ませんでした。この作業がホント気が狂いそうな程面倒だったのです。



当時の自分がトイレを借りていた場所ですが、「コンビニ」「パチンコ屋」「公衆トイレ」「スーパー」などで借りていました。特に「コンビニ」のトイレを借りる事が多かった印象です。なんと言っても簡単に見つかりますから。ただし、この4種類のトイレの中では、コンビニでトイレを借りる場合が一番気が重かった記憶です。


まずお店によってはトイレを借りる前に店員さんに声を掛けなければならないのですが、それがまず億劫でした。なんせ当時の自分ときたら病的(×27倍)な被害妄想を発症しています。この被害妄想は以下のような精神状態です。


「『自分という存在』に対して自信が全く無いだけでなく、自分で『自分という存在』を致命的に否定している。そして、他人もまた『自分という存在』を無根拠に否定するだろうと感じている。さらに、中には無根拠に攻撃してくる他人もいるに違いないと感じ、不特定多数の他人に対して致命的に怯えている。」


う〜ん、病的(×27倍)に病んでいます。ですから、当時の自分は、店員さんとはいえ、見ず知らずの他人に声を掛ける事が本当に嫌で嫌で仕方ありません。しかし、トイレを借りる為には仕方ありません。自分は勇気を振り絞って店員さんに声をかけ、トイレを貸して貰います。


その後、自分はトイレの中で服を脱ぎ着し、トイレを出ます。ここでさらに厄介だったのが、「何か物を買った方が良いのかどうか」でした。トイレを借りたからには何か買った方が良いのは分かっていました。ですから、時にはトイレを出た後、水を買ったりもしていましたが、そうそう毎回買いたいものはありません。また、毎回何か買うほどの経済的余裕もありません。




加えて、先程書きましたように当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症していました。ですから、コンビニで普通にモノを買う為の店員さんとの接触すら、かなり精神的にキツいものがあったのです。ですから、自分はトイレを借りた後、時には何も買わずにコンビニを出るのですが、それはそれで凄まじい被害妄想に襲われてしまうのです。



そりゃそうでしょう。何せ当時の自分は「自分という人間は、ただそこにいるだけで無根拠に他人から攻撃されてしまう人間だ。」と感じていました。そんな人間がコンビニでトイレを借りたにも関わらず、何も買わずにお店を出たのですから。



さらに言いますと、当時の自分にとって、トイレを借りた後店員さんに対して「ありがとうございました」と言うのも、到底無理な精神状態でした。先程も書きました通り、コンビニで普通にモノを買う為の店員さんとの接触すら、かなり精神的にキツいものがあったのです。トイレを借りた後、お礼を言った方が良いのは分かってはいましたが、それを言う事は無理でした。ですから、自分はトイレを借りてもお礼も言わず、何も買わずにお店を出て行く事がありました。



そうなりますと、コンビニを出た後自分は凄まじい被害妄想に襲われるのです。「あの店員さんは自分の事を酷く悪く思ったに違いない。今度行ったら何か酷い嫌がらせをしてくるに違いない。」的な感じです。自分はコンビニでトイレを借りるたびにこのような被害妄想と戦わねばなりませんでした。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村