鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーション、発達障害について

30年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、発達障害歴&彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

公衆トイレでの着替えは気が滅入った(2008年12月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 パチンコ屋でトイレを借りる際の天国感(2008年12月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」





ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。



ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き1年目の冬の話を書いています。当時の自分は、病的(×27倍)な冷え性を発症しており、その着替えの為に何度もトイレを借りなければならなかった、という話になります。



『前回記事からの引用』



このように当時の自分はトラウマ歩きの最中に必死の思いでコンビニでトイレを借りていた、という話になります。



当時の自分はコンビニ以外の場所でもトイレを頻繁に借りていたのですが、次に印象深いのがパチンコ屋です。パチンコ屋のトイレもよく借りていましたね〜。パチンコ屋のトイレはコンビニのトイレに比べると圧倒的に気が楽でした。あそこは天国でした。



その理由としましては、まずパチンコ屋のトイレは借りる時にわざわざ店員さんに声を掛ける必要がありませんでした。コンビニと違い、勝手にトイレを借りてもなんの問題もありません。何せパチンコ屋は自分のホームグラウンドでしたから、そこら辺の感覚は一般の方より熟知しています。何せパチンコ屋で稼いでいた頃の自分は、地元の私鉄沿線の駅40駅全て下車し、駅前のパチンコ屋全て回っていましたから。パチンコ屋は自分にとって勝手知ったる庭だったのです。



もちろんパチンコ屋でトイレを借りた場合、コンビニと違って何かを買う必要もありませんでした。また、パチンコを打つ必要もありません。実際自分はパチンコⅣ期以降、1玉もパチンコを打っていません。ですから、自分は店員さんに黙ってトイレを借り、その後1発もパチンコを打たずにパチンコ屋から出て行くのですが、その際被害妄想には一切襲われませんでした。



ただ、一応パチンコ屋に入る際の雰囲気としては、パチンコ屋に寄ったものの、良い釘の台が見つからないから出て行く、という体(てい)にはしていました。トイレを借りた後、なんとなく釘は見るようにはしていました。



さらにパチンコ屋によっては休憩コーナーがあり、座ってくつろげる場所もありました。自分はトイレを借りた後、そこで5分〜10分休憩し、そこから再出発する事もありました。また、パチンコ屋の中には以前パチンコ屋で稼いでいた際に実際に通っていたお店もあり、そのようなお店でトイレを借りる時は、よりホームグラウンド感は強くなっていました。自分はかなりリラックスした気持ちでトイレを借り、休憩コーナーでくつろぐ事が出来ました。



また、コンビニに比べるとパチンコ屋にはお客さんが多数いますから、自分もその多数に紛れる事が出来ました。この気楽さも本当に有り難かったのです。




このようにトラウマ歩きの中でのパチンコ屋の存在は、当時の自分にとって心の支えのような存在になっていました。自分はこれまでパチンコ屋で累計300万くらい勝たせて貰っていますし、さらにトラウマ歩きの際にも色々とサポートして貰った印象です。パチンコ屋には本当にお世話になりました。


『引用終わり』


このように当時の自分はトラウマ歩きの最中にパチンコ屋のトイレを借りて防寒着の脱ぎ着をし、その後休憩をする事もあった、という話でした。そうそう、パチンコ屋のトイレは基本どのお店も掃除が行き届いて使っていて快適だったんですね。お店によっては高級ホテル並みに内装が豪華なトイレもありました。そういう意味でもパチンコ屋のトイレは快適だったのです。



このように当時の自分は、トラウマ歩きの最中にコンビニやパチンコ屋のトイレを何度も借りては、そこで防寒着の脱ぎ着をしていました。コンビニやパチンコ屋のトイレの次に使う頻度が多かったトイレは「公衆トイレ」です。主に公園や駅にある公衆トイレです。ここは正直良い記憶はありません。何せ公衆トイレは基本臭くて汚いトイレが多かったのです。中には臭くて汚い上に狭くて暗いトイレもあり、そのようなトイレで防寒着の脱ぎ着をする際は、かなり惨めな気持ちでしていたのを思い出します。



そう、臭くて汚くて狭くて暗い和式便所で股引を脱ぐ時なんか最悪でしたね。「脚部分」の脱ぎ着をする際には必ず靴を脱がなければならないのですが、こういうトイレだと床も汚くて、安心して靴を脱げません。ですから、靴を脱いだ上で、その靴の上に靴下で立ち、靴の上でデニムを脱いだり、ジャージを脱いだりしていました。あれは身体のバランスを取るのが難しかったです。



また、自分が公衆トイレを使う時間帯は大体夜8時〜11時が多かったですから、防犯的な意味での怖さもありました。人気の無い公園の汚くて暗くて臭くて狭い公衆トイレを使うのはかなり気が滅入った記憶です。



しかし、公衆トイレはコンビニのトイレに比べると気が楽な面もありました。そう、公衆トイレは人との接触がありません。当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症していましたから、人との接触は極力避けたい気持ちが働いていました。ですから、コンビニのトイレと公衆トイレが同じ距離にある場合は、公衆トイレを使っていた記憶です。



このように当時の自分はトラウマ歩きの最中に公衆トイレもよく使っていました。ただ公衆トイレの使用は、気が滅入る事も多かった、という感じです。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村