鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

冬のトラウマ歩きの防寒着の脱ぎ着は確率50%のギャンブル(2008年12月・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 夏のトラウマ歩きは冬に比べると圧倒的に楽(2008年12月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き1年目の冬の話を書いています。当時の自分は、病的(×27倍)な冷え性を発症しており、その着替えの為に何度もトイレを借りなければならなかった、という話になります。また、夏のトラウマ歩きの話も書いてみました。



『前回記事からの引用』




このように当時の自分は冬のトラウマ歩きの最中に防寒着の脱ぎ着を1回につき5〜6回せねばならず、それが気が狂いそうな程面倒だったのでした。そして、そこに来てさらに雨まで降ってくると最悪の最悪だった、と。



ではここでこれまでの記事でまとめた冬のトラウマ歩きの辛さを改めて確認したいと思います。かなり長い文章になります。


「冬のトラウマ歩きの辛さ」


当時の自分は病的(×27倍)な冷え性を発症しており、それによって冬のトラウマ歩きが更なる苦行になっていた。冬のトラウマ歩きを始める際、自分は防寒着として以下の服を着ていた。



・股引3枚

・股引の上に「貼るホッカイロ」各足2枚ずつ

・フリースズボン1枚

・ジャージ3枚

・太いGパン

・防風用のレインコート2枚(この2枚は原付から降りたら脱いでいた)


(場所は神奈川で季節は冬・上半身にも上記と同等の服の量が必要)


自分はこのような超着膨れ状態でトラウマ歩きを始めるのだが、歩き出して10分もすると、身体が熱くなり、汗が出て来てしまう。こうなると汗が冷えて身体が冷えるので、すぐにでも上記の防寒着を脱がねばならない。自分は以下のトイレの中から近い場所にあるトイレを探し、そこに向かった。


「コンビニ」「パチンコ屋」「スーパー」「公衆トイレ」


これらのお店に着くと自分はトイレを借り、そこで上から順番に防寒着を脱いでいき、一番下の股引を脱いだ。何故股引なのかと言うと、一番下の股引が一番肌に近く、そこに熱がこもりがちだったから。そして、自分は股引を脱ぎ、再び防寒着を着直し、トイレから出て、再び歩き出す。



ここからが厄介だったのが、一枚脱いでも結構な割合でまだ暑い場合があったのだ。一体何枚脱げば体温的に適当なのかは、脱いで再び歩き出してみないと全く分からなかった。こうなってしまうと、自分は1分もしないうちに先程のトイレに逆戻り。自分はまた上から順番に防寒着を脱ぎ直し、そして、股引をさらに1枚脱ぐ。そこからまた他の防寒着を着直し。このように脱ぎ着が2回目となると、体力的な消耗感がキツく、時間を浪費している感もあり、けっこうなストレス状態に陥っていた。



こうして自分は2回目の脱ぎ着を終え、3たびトラウマ歩きに復帰するのだが、滅多に無い事だったが、それでもまだ暑い時もあった。こうなると3回目の脱ぎ着の試行をせねばならない。このように防寒着の脱ぎ着が3回も重なるとそれだけで30分かかる時もあり、このような時の自分の心の中は、消耗感と時間の浪費感で気が狂いそうになっていた。



これまで書いてきた脱ぎ着の試行パターンは「脱いだけどまだ暑い」だが、もちろん「脱ぎ過ぎて寒くなった」パターンもあった。例えば股引を思い切って2枚脱いだものの、いざ歩き出してみると、肌寒く、再びトイレに戻るパターン。このパターンもよくあり、本当に面倒臭かった記憶。



このように当時の自分は病的(×27倍)な冷え性を発症していたので、冬のトラウマ歩きの中での防寒着の調整が本当に困難だった。先程書いたように、まず歩き始めの時間帯に調整が2〜3回せねばならなかったし、さらにそこからも20分くらいおきにトイレを借りて、防寒着の脱ぎ着をせねばならなかった。トラウマ歩きは1回の平均歩き時間が4時間だったが、その中で平均6〜7回はトイレを借りて、防寒着を調整していた印象。



加えて、トイレを借りる場所によっては、その場所ならではのストレスも更に発生し、それも当時の自分を苦しめたのだった。トイレの場所ごとの特徴は以下の通り。


・コンビニのトイレ:最も使う頻度が高かったトイレだが、トイレを借りる為には店員さんとコミュニケーションを取らなければならず、それは病的(×27倍)な被害妄想を発症している自分にとって、決死の覚悟が必要な行為だった。また、トイレを借りた後は何か買い物をし、店員さんにお礼を言った方が良い事は分かってはいたが、毎回モノを買う程の経済的余裕はなく、また店員さんにお礼を言うコミュニケーションですら、当時の自分には厳し過ぎる苦行だった。


よって、自分は買い物も何もせず、お礼を言う事もなくコンビニを出る事もあった。しかし、これはこれでコンビニを出た後自分は凄まじい被害妄想に襲われてしまう。「あの店員さんは自分の事を酷く悪く思ったに違いない。今度行ったら何か酷い嫌がらせをしてくるに違いない。」、と。自分はコンビニでトイレを借りるたびにこのような被害妄想と戦わねばならなかった。


・パチンコ屋のトイレ:コンビニのトイレに比べるとかなり快適だった。店員さんに声を掛ける必要が無いし、お店によってはトイレの中が高級ホテルのように綺麗だった。過去にパチンコで稼いでいた自分にとって、パチンコ屋は心安らぐホームグラウンドであり、それによるリラックス感もかなりあった。


・公衆トイレ:臭くて汚いトイレが多く、使う時は気が重かった。中には臭くて汚くて暗くて狭いトイレもあり、そのような和式トイレで防寒着を脱ぎ着する際は、かなりのストレス状態に陥っていた。また、トラウマ歩きは夜7時〜11時くらいの間に行う事が多く、この時間に人気の無い公衆トイレを使うのは、防犯的な面で怖い所もあった。ただし、パチンコ屋のトイレと同様、店員さんに声を掛ける必要が無いのは気が楽な部分であった。


・スーパーのトイレ:トイレは普通に綺麗だし、店員さんに声を掛ける必要もなく、使い易かった。



さらに天気によっては冬のトラウマ歩きの最中に雨が降ってくる事もあり、こうなると当時の自分のストレスはピークを迎えていた。ただでさえ防寒着の脱ぎ着が致命的に面倒なのに、さらにここに雨のストレス❻(靴の中が雨でぐちゃぐちゃ)が加わってしまうのだ。


例えば、冬のトラウマ歩きの最中に雨が降り出すと、自分は用意していた折り畳み傘を差して、トラウマ歩きを続行した。そして、そのような状態で防寒着の脱ぎ着の為にお店のトイレに出入りせねばならない。こうなると、お店に入るたびに傘を閉じたり、開けたりせねばならないし、トイレに入る時も傘を持って中に入らねばならない。この「傘を持っている事による余計な動作一つ一つ」、これが1日の中で5〜6回積み重なっていくとかなりのストレスになっていった。



簡単に言うと、あの時の自分は傘が超邪魔だったのだ。ただでさえ、防寒着の脱ぎ着を繰り返すだけでも、気が狂いそうに辛いのに、さらにそこに❻のストレスが加わり、さらにさらに傘による余計な動作が加わるのだから。そうなると、そこで発生する消耗感は致命的なものがあったのだった。



いいですね!冬のトラウマはただでさえ致命的にストレスが多い行為でしたが、歩いている最中に雨が降ってくるパターンが最もストレスが高くなるパターンだった記憶です。しかし、自分はそれでもトラウマ歩きを止める事はありませんでした。時にはこの状態で5時間、6時間、歩き回っていました。



それにしましても、こうやって冬のトラウマ歩きの雨の日verを言語化してまとめる事が出来まして、かなり嬉しい気持ちでいっぱいです。トラウマ歩きの中で最も辛かった状況を整理整頓出来たって感じです。素晴らしい。


ここで改めて時系列を確認しておきたいと思います。当時の自分がトラウマ歩きを始めたのが、2008年4月です(32歳)。ここから自分は2日に1回、1回平均4時間のトラウマ歩きを始めたのでした。そして、そこから2008年の夏、秋、冬とトラウマ歩きを続けていったのです。最近自分が書いていた冬のトラウマ歩きの辛さは2008年冬の辛さでありましたし、2009年以降のトラウマ歩きの冬の辛さでもありました。



では逆に2008年夏のトラウマ歩きはどんな感じだったのでしょう。正直夏のトラウマ歩きは冬のトラウマ歩きに比べるとあまり印象に残っていません。真夏に外を歩き回るのですから、暑かった事に間違いありませんが、その暑さがしんどいと思った記憶がほとんどありません。歩き始めて直後の時間帯は、さすがに暑さに対して若干テンションが下がっていた記憶ですが、その後は暑さに慣れてしまっていました。


このように夏のトラウマ歩きは冬のトラウマ歩きに比べると圧倒的に楽だった記憶です。もちろん、春や秋のトラウマ歩きも冬のトラウマ歩きに比べると圧倒的に楽でした。やはり当時の自分は、病的(×27倍)な冷え性を発症していましたから、寒さが本当に大敵でした。ですから、「春、夏、秋のトラウマ歩き」と「冬のトラウマ歩き」を比較しますと、その消耗感には10倍くらいの差がありました。とにかく冬のトラウマ歩きが断トツで辛かったですね。



『引用終わり』



このように冬のトラウマ歩きは他の季節のトラウマ歩きと比べて断トツで辛かった、という話でした。今回の記事も改めて冬のトラウマ歩きの辛さを思い出していきます。当時の自分は病的(×27倍)な冷え性を発症していましたから、防寒対策で超着膨れ状態で歩き始めなければならなかったのです。超着膨れ状態とは、以下の防寒着を重ね着している状態です。


(肌に近い方から)


・股引3枚

・股引の上に「貼るホッカイロ」各足2枚ずつ

・フリースズボン1枚

・ジャージ3枚

・太いGパン

・防風用のレインコート2枚(この2枚は原付から降りたら脱いでいた)


(場所は神奈川で季節は冬・上半身にも上記と同等の服の量が必要)



しかし、この状態で歩き始めると5分もしないうちに汗が出てきてしまうのです。自分はすぐに近くのトイレを探し、そこで防寒着(股引)を1枚脱ぎ、再び防寒着を着直し、トラウマ歩きを再開します。



ところが、再び歩き始めると5分もしないうちにまた暑くなってしまう事が多々ありました。自分はすぐに先程のトイレに戻ります。そして、さらにもう1枚防寒着(股引)を脱ぎ、防寒着を着直し、トラウマ歩きを再開します。



ところが、またまた歩き始めて5分もしないうちにまた暑くなってきてしまうのです。自分はまたトイレに戻って、防寒着の脱ぎ着です。こうなりますと、自分の心の中はうんざりした気分でいっぱいです。ただでさえ何枚もの防寒着を脱ぎ着をするのは、エネルギーを使いますし、時間も浪費します。そして、こんな状態では一向に本題のトラウマ歩きに入る事も出来ません。防寒着の脱ぎ着だけで30分くらいが過ぎている事もありました。



また、時には冬のトラウマ歩きの最中に暑さを感じた際に、思い切って2枚股引を脱いでみる事もありました。ところが、大体の場合、再び歩き始めると寒さを感じてしまうのです。つまり「脱ぎ過ぎ」です。この場合も再びトイレに逆戻りです。自分は本当にうんざりしながらトイレで防寒着の脱ぎ着をするのでした。



どうしてここまで防寒着の脱ぎ着が厄介な作業になっていたのでしょう。それは当時の自分がその時その時の適切な防寒着の枚数が全く分からなかったからです。トイレに入った時点でその時の自分の体温にふさわしい防寒着の枚数を適切に予想出来れば良かったのですが、この時点ではそれが全く分からなかったのです。ですから、とりあえず防寒着を1枚脱いでみます(着てみます)。そして、再び歩き出すのですが、「やはりまだ暑い(寒い)」という事になり、自分はまたトイレに逆戻りです。



繰り返しになりますが、当時の自分はトイレに入った時点では、防寒着の脱ぎ着の適切な枚数が全く分かりませんでした。ですから、自分は毎回ギャンブルのように脱ぎ着の枚数を決めるしかなかったのです。そして、その予想は大体50%くらいの確率で外れていた記憶です。ですから、50%の確率で外れると再びトイレに逆戻りですし、さらにもう1度50%の確率で外れる事も珍しくはありませんでした。



そして、このような脱ぎ着のギャンブルはトラウマ歩きの歩き始めの時間に必ずと言って良いほど行われました。歩き始めの時間帯が最も自分の体温が不安定で、デリケートだったからです。ですから、自分は歩き始めの時間帯には必ず防寒着の脱ぎ着のギャンブルをし、時には3回連続で外し、トイレに3度行かねばならない事もあったのでした。



また、歩き始めの脱ぎ着が終わったからと言って、それで脱ぎ着が終わりではありません。歩き続けていますと、その後も20分くらいおきに身体が暑くなったり、寒くなったりしますから、その度ごとにトイレに駆け込み、脱ぎ着のギャンブルに挑まねばなりません。ただ、歩き始めの時間帯以降の時間帯は、体温調節機能が多少は機能し始めていましたから、脱ぎ着のギャンブルの当たり確率は70%ぐらいまでは上がっていた印象です。



当時の自分は、このような脱ぎ着のギャンブルをトータルで1日6〜7回はしなければなりませんでした。このギャンブル的な不確定要素もかなりかなりのストレスになっていた記憶です。ただでさえトラウマ歩きを中断して防寒着の脱ぎ着にエネルギーと時間を割かねばならぬのはかなりのストレスでしたし、さらにその脱ぎ着自体がギャンブル的な不確定要素を孕んでいたからです。



では最後に今回の記事の内容をまとめたいと思います。その上でそれを先程の「冬のトラウマ歩きの辛さ❾」に付け加えたいと思います。こんな感じになります。



このように当時の自分はトイレに入った時点で、その時の自分の体温にふさわしい防寒着の枚数を適切に計算する事が全く出来なかった。正解が分かるのは、防寒着を着直して再びトラウマ歩きを再開してすぐ。故に当時の自分は、トイレに入った時点で防寒着の脱ぎ着の枚数をギャンブル的に決めざるを得なかった。そして、このギャンブルの当たり確率は概ね50%くらいだった印象。



なので自分は予想を3回連続で外し、トイレに3回出入りする事も珍しい事ではなかった。この脱ぎ着きのギャンブル的な不確定要素も、当時の自分にとってはかなりのストレスになっていた。



いいですね!素晴らしい。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村