鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

向かいの家が深夜2時までパーティーしてて発狂(2009年3月頃・33歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「向かいの車のドアの開閉音との戦い」勃発(2009年3月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。


ここからは前回の記事を引用したいと思います。引越し後の自分(30歳)が、向かいの家から流れてくる音楽に対して、病的(×12倍)な憎悪と恐怖を感じていた、という話になります。



『前回記事からの引用』



このように当時の自分は引越し直後(2006年6月)から、向かいの家から聞こえてくる音楽に対して、病的(×12倍)な恐怖と憎悪と感じていました。そして、2007年3月には「ぎっくり腰事件」が起こり、自分の鬱はさらに1.5倍に悪化しました。これにより、「音」に対する恐怖も12倍から12×1.5=18倍に悪化です。



さらには2007年10月に「母親と喋り始める事件」が起こり、さらに鬱は1.5倍に悪化です。つまり、18×1.5=27倍に悪化です。今更ですがこの「倍」は、高校時代の鬱状態を「1」としています。つまり、2007年10月以降の自分は高校時代より27倍鬱が悪化していたという事です。




そして、2008年3月から自分はトラウマ歩きに熱中し始めました。そして、その状態が1年続いた後の2009年2月。向かいの家から新たな音が聞こえ始めてきたのです。それは「車のドアの音」でした。



この音に最初に気付いたのは、2009年2月の深夜2時頃だったと思います。普段ならこの時間帯は「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げている時間帯です。ところが、この日はそれに加えて新しい音が聞こえてきたのです。それは「車のドアの音」でした。普段この時間帯は周りの近所は寝静まっており、静寂に包まれていました。しかし、この日はやけに車のドアの音と車のエンジン音が聞こえてくるのです。しかもその「ドアの音」は「ドーーーン!!」とけっこう大きな音を近所中に響かせていました。加えて、そのドア音は何度も何度も断続的に繰り返されているのです。



当時の自分は普段からこの時間帯になると病的(×27倍)に「音」に対して過敏になっていました。何故なら当時の自分は深夜2時以降に家族の気配がする事が許せなかったからです。この精神状態が2008年3月以降、「深夜2時近辺の戦い」を発生させる事になったのでした。そして、この「深夜2時近辺の戦い」は、3年前の引きこもりの時期にすでに一度発生していたものでもあったのです。



ではここで、以下の2つの時系列の因果関係を時系列で振り返ってみたいと思います。


・2005年の引きこもりの時期の「妹が深夜2時に寝るか問題」


・2008年3月に始まった「深夜2時近辺の戦い」


2005年の引きこもりの時期に発生した「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、この問題は当時の自分が家庭内外で完全孤立状態に陥っていた事から始まっていた。当時の自分はこの頃から家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを感じており、コミュニケーションが不可能な状態に陥っていた。



これにより引きこもりの自分は、家族から完全孤立状態に陥ったのだった。そして、この状態は当時の自分にとって本当に理不尽なものだった。自分としては絶対に正当な憎悪を感じているのにも関わらず、家庭内においては1vs3の孤立無援状態なのだから。これは家庭内における圧倒的なマイノリティ状態。



さらに当時の自分は社会からも完全孤立しており、引きこもり状態に陥っていた。自分が頼れる人間は家庭内外にただ一人もいなかった。これにより、当時の自分の精神状態は圧倒的な不安定化。その不安定さで何度も気が狂いそうになった。特に家庭内における圧倒的なマイノリティ状態は本当に発狂ものだった。



故に当時の自分は深夜2時頃に妹が寝静まると本当に安堵していた。家族3人が全て寝てしまえば、家庭内における圧倒的なマイノリティ感覚は少し薄らぎ、自分の精神は束の間の休息を得られた。当時の自分は深夜2時以降になると、妹が寝付いた事を確認する為に、部屋の壁に耳を当て、隣の妹の部屋の物音を探ったりもしていた。




このように「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題 が3年前の引きこもり時期に発生していたのだが、その後の引っ越しを経て、この問題は一旦は沈静化していた。



しかし、2007年10月の「母親と喋り始める事件」によって、この問題は再び激しく燃え上がる事となった。この事件によってさらに致命的な「差」が発生し、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていた。この憎悪は当時の自分が両親に対して感じていた憎悪(「殺しても殺し足りない」(×1.5倍))よりさらに激しいもの。この憎悪によって、自分は深夜2時以降に妹が起きている事が、絶対に許せなかった。



と同時に当時の自分は家族3人に対して、このような被害妄想も発症していた。


「もしベッドに入り寝てしまったら、その無防備な所を家族に襲われ、殺されてしまうかもしれない」という病的(×27倍)な被害妄想。(詳細は(「こちら」)



この被害妄想により、ますます深夜2時以降の静寂が自分にとっての聖域になっていた。自分は深夜2時以降に家族3人が寝静まるのを確認すると、上記の被害妄想が和らぎ、心の安息を得られたのだった。



このように当時の自分は深夜2時以降に妹が寝付くかどうかに病的(×27倍)に敏感になっていた。自分の「生き死に」がかかってるくらいの超重要事項になっていった。



このように2008年3月頃から、自分は深夜2時近辺の妹の気配に病的(×27倍)に敏感になっていたのです。そして、2009年3月になりますと、それに加えて今度は向かいの家まで致命的にうるさくなってきたのです。そう、この月から向かいの家には昼夜を問わず、車が大量に出入りするようになりました。そして、その度ごとに「ドーーーン!!」とけっこう大きな音を何度も近所中に響かせるようになったのです。



『引用終わり』


このように2008年3月頃から自分は新たな音に苦しみ始める事となったのです。その音とは「向かいの家に出入りする車のドア音」です。自分がその音に気付いて以降、この音は昼夜を問わず自分の部屋に響き渡る事となりました。これは当時の自分にとって本当に致命的な精神的なダメージとなりました。



その一つ目の理由は前回の記事でお話ししましたように、この音が深夜2時以降に聞こえていたからです。この時間帯はただでさえ「深夜2時近辺の戦い」が起こっており、自分は妹の気配に病的(×27倍)な憎悪と恐怖を感じていました。上記のフローチャートにありますように、当時の自分は深夜2時以降に人の気配がする事が絶対に許せない精神状態に陥っていました。そして、毎夜毎夜続くこの戦いが原因で、自分の精神と睡眠は致命的に削られ続けていたのです。



そして、その上さらに「向かいの家の車のドア音」まで発生してしまいました。しかも、発生していたのは「車のドア音」だけではありません。「車のエンジン音」や「他人の喋り声」なども深夜2時頃から1〜2時間ず〜っと聞こえ続けていました。もう自分の精神は発狂寸前でしたし、実際に発狂していたと思います。


そして、当然当時の自分は、向かいの家で何が起こっているのか確認しようと、自分の部屋の窓から向かいの家の玄関を物陰から見続けました。すると玄関前には3〜4台の車が連なって置いてあり、そこで楽しそうに人が喋っています。どうやら、向かいの家で何かのパーティーが開かれ、それが深夜2時頃に終わり、そこから人が帰っている様子です。


ですから、深夜2時以降にも関わらず、1〜2時間に渡って、「車のドア音」や「車のエンジン音」や「人の喋り声」が響き渡っているのです。しかもその人の中には外国人までいます。自分はその様子を物陰から見て、ショックで頭の中が真っ白になりました。まさか深夜に自分の部屋の前でパーティーが行われ、それにより深夜2時以降の静寂がズタズタに引き裂かれる事になるとは。自分はそれを見てかなりの精神的ショックを受けました。



さらに悪夢は続きます。その後、そのパーティーは毎週毎週行われる事となりました。そして、パーティーの以外の時間帯にも、明らかに向かいの家の「車のドア音」が響き渡る頻度と音量が格段に増えているのです。自分はまたも物陰から向かいの家の様子を伺いました。すると、向かいの家の実態が見えてきました。



どうやら向かいの家のご夫婦には娘さんがおり、その娘さんが出産の為に里帰りしてきたようなのです。確かに娘さんのお腹は大きくなっているように見えました。そして、毎週のパーティーはその娘さんが開いており、外国人はその娘さんの知り合いのようでした。



自分はこれらの情報を得て、さらに絶望的な気持ちになりました。里帰りというからには、最低でも2〜3ヶ月は娘さんは向かいの家に居続けるでしょう。つまり、この騒音地獄が最低でも2〜3ヶ月は続くという事です。その間「深夜2時近辺の戦い」がさらに致命的に苦しい戦いになるのは目に見えていました。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村