鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーション、発達障害について

30年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、発達障害歴&彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

激しい暴力衝動を抱えたまま眠れるはずがない(2009年3月頃・33歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 病的(×27倍)な暴力衝動と、病的(×27倍)な被害妄想(2009年3月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。


ではまずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き2年目の2008年3月頃、この頃から自分は新たな「音」に苦しみ始めた、という話になります。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。



『前回記事からの引用』



このように当時の自分は、「向かいの家に出入りする車のドア音」に対して病的(×27倍)な恐怖と憎悪を感じていました。その理由は以下の2つになります。


①この音が深夜2時以降に発生している。

②この音が発生する事で、自分の睡眠が著しく妨害される。


このような理由で当時の自分は「車のドア音」に対して病的(×27倍)な恐怖と憎悪を感じていました。そして、②にありますように、自分が眠っていると車のドア音が発生し、その音と衝撃で起こされてしまう事が多発していました。



上記「睡眠時の恐怖との戦い」にありますように、そもそも自分はベッドに入ってから寝就くまでの時間帯にすでに「車のドア音」に苦しみまくっていました。その苦しみとは、「眠りに就いた後、自分は向かいの車のドア音で起こされるのでは??」という凄まじい恐怖です。その恐怖と緊張で、自分の身体からは冷や汗がどんどん吹き出し過呼吸で苦しくてたまりません。自分はこのような致命的な緊張状態1時間以上耐えて眠りに就かねばならなかったのです。



しかし、その後「車のドア音」が発生し、自分はそれによって起こされてしまいます。「車のドア音」は昼夜を問わず、頻繁に発生しており、それで発生する「音」と「衝撃」によって、無理矢理に起こされてしまうのです。そう、自分は上記の苦しみに必死に必死に耐えてようやく寝就くのですが、「車のドア音」によってその苦しみが全くもって無駄になってしまうのです。


ですから、自分は「車のドア音」で起こされてしまうと病的(×27倍)な憎悪を感じました。その憎悪は凄まじい暴力衝動を発生させ、自分はそれをコントロールする事が出来ません。


自分は本能的に部屋の窓際まで駆け寄り、その窓の手前にある障子の枠を思い切り、「ガーーーン!!!」と手で殴っていました。これはそのドア音に対するやり返し以外の何物でもありませんでした。この時の心情はこんな感じです。


「そちらが凄まじい音と衝撃でこちらを攻撃してくるなら、こっちも反撃してやる。!!!」


自分は向かいの家と面している窓際に駆け寄り、2〜3回障子の枠を思い切り殴り、暴力衝動を発散させました。しかし、それでは到底全ての暴力衝動を発散させる事は出来ませんでした。今現在(2022年9月)思い返してみますと、あの時の自分は15回くらいは狂ったように障子の枠を思い切り殴りたかった記憶です。しかし、実際に殴ったのは2〜3回です。どうして15回殴らなかったのかと言いますと、それは他人の目を気にしていたからです。



そう、当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症しており、病的(×27倍)に他人の目に怯えている状態でもありました。ですから、本来なら他人に攻撃的な行動を取れるような精神状態ではありません。しかし、この時の自分の精神は「憎悪」が「他人への怯え」を大幅に上回っている精神状態でした。この「憎悪」は、「自分の生命が深く傷付けられている」という感覚です。



当時の自分にとって「睡眠」は「生命」と同じくらい貴重で尊いものになっていました。ですから、「睡眠を傷付けられる」→「生命を傷付けられる」と変換され、病的(×27倍)な憎悪が発生したのです。その憎悪は凄まじい暴力衝動を発生させ、自分はそれをコントロールする事が出来ません。自分は向かいの家と面している窓際に駆け寄り、2〜3回障子の枠を思い切り殴り、暴力衝動を発散させました。



しかし、先程も書きましたようた、本当の自分は15回くらいは狂ったようにそれを殴りたかった記憶です。どうして殴らなかったのかと言うと、同時に病的(×27倍)な被害妄想も発症していたからです。当時の自分は病的(×27倍)に他人の目に怯えている状態でした。ですから、思い切り15回殴れずに、2〜3回しか殴れなかったのです。


この時の自分の心の中を言語化してみますとこんな感じです。


「狂ったように15回殴りたいけど、それをやると向かいの家の住人に狂ったと思われる、、」


そう、この時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症しており、他人の目を病的(×27倍)に怯えていました。ですから、当時の自分は障子を殴る事によって、向かいの家の住人の目がネガティヴなものに変わる事に怯えてもいたのです。



ですから、この時の自分は暴力衝動に支配されて障子を殴った訳ですが、同時に被害妄想によってそれを抑制していた、とも言えます。ですから、本来は15回は殴りたかった所を2〜3回しか殴れませんでした。「2〜3回の衝撃音なら、家具を動かしたりする時に発生する普通の生活音として向かいの住人が捉えてくれるかも」みたいな気持ちもありました。


『引用終わり』


このように当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発生していました。ですから、本当は狂ったように15回くらいは障子を殴りたかったのですが、被害妄想による他人への怯えによって、2〜3回しか障子を殴れませんでした。となると、残りの12〜13回分の暴力衝動はどうなったのしょう。これはイメージですが、残りの暴力衝動は「我慢」という形で自分の心の中にそのまま残った印象です。そして、残ったそれは自分の心の中で暴れ回り、自分の心をさらに痛めつけていったのです。



さて、こうやって自分は「向かいの家の車のドア音」に起こされ、心の中で致命的な暴力衝動が発生しました。そして、それを窓際の障子を15回くらい殴る事で発散させようとしました。しかし、当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症しており、2〜3回しか殴れません。ですから、自分の心の中には残り12〜13回分の暴力衝動が残っていました。そして、自分はこの12〜13回分の暴力衝動を抱えたまま、またベッドの中に入り眠ろうとします。



しかし、このような興奮状態で眠れるはずがありません。ただでさえ、当時の自分は「眠る際の周りの生活音」に対して病的(27倍)に恐怖していたのです。それが実際にそれに起こされてしまった直後ですから、その恐怖心も致命的なものがありました。つまり、この時の自分は以下の2種類の感情に支配されていたのです。


・「障子をあと12〜13回は殴りたかった」、という暴力衝動


・「眠る際の周りの生活音」に対して病的(27倍)な恐怖心


自分はなんとかもう一眠りしようとベッドの中に入るのですが、上記の2つの感情によって全く眠る事が出来ません。また、この時の自分は睡眠途中で起こされたせいで、致命的に身体がだるい状態でもありました。そう、睡眠途中で起こされたせいで、疲労感が凄まじく発生しており、その疲労感によるだる辛さも致命的なものがありました。


つまり、この時の自分は以下の3つの感情に支配されていた、という事になります。


⑴障子をあと12〜13回は殴りたかった、という暴力衝動


⑵「眠る際の周りの生活音」に対して病的(27倍)な恐怖心


⑶睡眠途中で起こされた事による凄まじい疲労感と、致命的なだる辛さ


そう、⑶のだる辛さは、自分の身体に対して「もう1度睡眠を取る」よう激しく要求してきます。しかし、ベッドに入っても、⑴⑵の致命的な憎悪と恐怖心によって、全く眠る事が出来ません。つまり、この時の自分の心の中では致命的な自己矛盾も発生していた、という事になります。自分の心は⑴⑵と⑶の感情に大きく引き裂かれ、それによる精神的苦痛も致命的なものがありました。



つまり、この時の自分は以下の4つの精神的苦痛を感じていた、という事になります。


⑴障子をあと12〜13回は殴りたかった、という暴力衝動


⑵「眠る際の周りの生活音」に対して病的(27倍)な恐怖心


⑶睡眠途中で起こされた事による凄まじい疲労感と、致命的なだる辛さ

⑷ ⑶のだる辛さは、自分の身体に対して「もう1度睡眠を取る」よう激しく要求してくる。しかし、自分はベッドに入っても、⑴⑵の致命的な憎悪と恐怖心によって、全く眠る事が出来ない。つまり、この時の自分の心の中では致命的な自己矛盾も発生していた、という事になる。自分の心は⑴⑵と⑶の感情に大きく引き裂かれ、それによる精神的苦痛も致命的なものがあった。

いいですね!よくまとまりました。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村