鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩き2年目の冬、トラウマ歩きの終わらなさに絶望する②(2009年3月頃・33歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き2年目の冬、トラウマ歩きの終わらなさに絶望する(2009年3月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



では本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2008年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き2年目の辛さについてまとめてみました。



『前回記事からの引用』



このように当時の自分はトラウマ歩きの2年目においても、4つの致命的な精神的苦痛にのたうち回っていました。そして、トラウマ歩きの2年目の冬になると更なる精神的苦痛が加わる事となったのです。それは、「このトラウマ歩きって一体いつまで続くの??」という疑問です。



そう、この頃の自分はすでにトラウマ歩きを2年間弱続けていました。このトラウマ歩きを行っていた頻度は週3回で、1回平均4時間の行為です。自分は雨の日も台風の日もトラウマ歩きを続け、時には6時間ぶっ続けで歩き続ける事もありました。



そして、このトラウマ歩きの最中、自分は以下の4つの致命的な精神的苦痛にのたうち回っていました。


・トラウマ歩きの最中のネガティブな感情❶〜❽(ただし❽は冬限定)
・深夜2時近辺の戦い
・向かいの車のドア音との戦い(2年目の春以降)
・母親とのコミュニケーション


自分は上記4つの致命的な精神的苦痛と戦いながら、トラウマ歩きを続けていきました。中でも2年目の春から始まった「向かいの車のドア音との戦い」は最も致命的な精神的苦痛でした。これにより、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない」状態に陥りました。そして、自分は自分に対する自己肯定感をさらに失い、鬱はさらに1.25倍悪化していったのです。



当時の自分はこのような状態でトラウマ歩き2年目の冬を迎えていました。自分はトラウマ歩きをする事が辛くて辛くてたまらなかった記憶です。特に日々の生活の中での「向かいの車のドア音との戦い」が辛くてたまらなかったですし、冬のトラウマ歩きの辛さ❽も発狂ものの辛さがありました。



すると、自分の心の中にこのような疑問が浮かんできたのです。


「このトラウマ歩きって一体いつまで続く訳??」


これは当然の疑問だったと思います。当時の自分はいい加減この行為にうんざりしていました。元々このトラウマ歩きは、トラウマの消化を目的に始まった行為です。そして、自分は2年弱ひたすらトラウマ歩きに没頭し続けてきましたが、一向にトラウマを消化し終える気配がありません。そう、2年弱経ってもなお、トラウマが次から次に浮かび上がってきて、尽きる気配が無いのです。



当時の自分はこの状況にかなりの苛立ちと無力感を感じていた記憶です。いつまでこんな発狂ものの行為を続けなければならないのでしょう。



トラウマ歩き開始から遡る事4年前、自分は部屋に引きこもって、過去のトラウマをノートに書いていく行為に没頭していました。当時の自分はその行為を記憶のサルベージ(言語化)と呼びました。 そして、記憶のサルベージも全く先の見えない戦いであったのです。トラウマは書いても書いても次から次に記憶の海の底から引き上げられ、尽きる事がありません。この時の自分も、先の見えない戦いにかなりの苛立ちと無力感を感じていました。



結局記憶のサルベージは1年間で終止符が打たれる事となりました。開始から1年後、自分はようやく過去のトラウマを全て言語化し終えたのです。


このように自分はトラウマ歩き以前にすでに記憶のサルベージという先の見えない戦いを1度経験していました。そして、この戦いは1年間で終止符が打たれました。しかし、このトラウマ歩きに関しては、2年弱続けているにも関わらず、まだまだ終わる気配がありません。当時の自分はいい加減うんざりしながら、このように感じていました。


「おいおい、記憶のサルベージは1年間で終わったのに、今やってる行為(トラウマ歩き)は2年弱やっても全然終わる気配がないぞ??これ一体いつ終わるんだよ、、」



『引用終わり』


このようにトラウマ歩きが2年目の冬を迎える頃、自分はこの行為に関して更なる精神的苦痛を感じていました。それは以下の苦痛です。


「おいおい、記憶のサルベージは1年間で終わったのに、今やってる行為(トラウマ歩き)は2年弱やっても全然終わる気配がないぞ??これ一体いつ終わるんだよ、、」



そう、当時の自分はいい加減この行為にうんざりしていました。何故なら当時の自分は以下の4つの致命的な精神的苦痛と戦わねばならなかったからです。


「トラウマ歩き2年目の4つの致命的なストレス」


「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❾ (ただし❾は冬限定)

「深夜2時近辺の戦い」

「向かいの車のドア音との戦い」


⑷「『殺しても殺し足りない』(×1.5倍)程憎い両親とのコミュニケーション」



ですから当時の自分はトラウマ歩きという行為の果てしなさに辟易とし始めていました。この行為が一体いつまで続くのか、全く先が見通せません。もしかしたら、3年経っても4年経っても終わらないかもしれません。上記の致命的な精神的苦痛の数々がまだまだ続く事を考えると絶望的な気持ちになりました。



しかし、だからと言って当時の自分に「辞める」という選択肢はありませんでした。ここで辞めたら2年弱の必死の必死の頑張りが水の泡です。なんとしてでもこの行為の終焉を見届けなければなりません。



ですから、当時の自分はこの行為にいい加減辟易としつつも、辞める気にはなれませんでした。つまり、当時の自分は以下の5つの致命的な精神的苦痛を感じていた、という事になります。最初の4つは先程と一緒です。



「トラウマ歩き2年目の5つの致命的なストレス」


「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❾ (ただし❾は冬限定)

「深夜2時近辺の戦い」

「向かいの車のドア音との戦い」


⑷「『殺しても殺し足りない』(×1.5倍)程憎い両親とのコミュニケーション」


⑸トラウマ歩きという行為がいつ終わるのか全く見通せない。上記の致命的な精神的苦痛の数々がまだまだ続く事を考えると絶望的な気持ちに。



そして、当時の自分は上記の5つの致命的な精神的苦痛が原因で、「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない」状態に陥っていました。日常生活の中で自分の体調が全く予期せぬ崩れ方をするので、それに滅茶苦茶振り回されてしまうのです。よって自分は将来の自分の体調が全く予測できません。その結果、自分は自分に対する自己肯定感をさらに失っていき、鬱がさらに1.25倍悪化してしまったのです。



この「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない」状態、この状態を具体的な症状で表しますと、以下の3つの症状になります。以前の記事からの引用になります。


・トイレで大きいのをするだけでも酷い虚脱状態に襲われてしまい、その度ごとにベッドに入らねばならない。トイレに行くごとに日常生活の流れが断絶してしまう。


・冬のトラウマ歩きの防寒具の脱ぎ着におけるギャンブル感( 「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」の❽)


・生活の中で自分の体調が全く予期せぬタイミングで大崩れしてしまうので、それに滅茶苦茶振り回されてしまう。故に当時の自分は先のスケジュールを決めるのが超苦手だった。それは将来の自分の体調が全く予測出来ないから。明日の体調でさえ全く予測が付かなかった。



いいですね!次回の記事では、この「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」をさらに思い出してみます。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村