鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「向かい家の車のドア音との戦い」追記(2009年8月頃・33歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き2年目の精神状態(2009年10月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2008年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。





ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き2年目の自分が「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥っていた、という話になります。




『前回記事からの引用』



このようにトラウマ歩き2年目の秋頃、自分は父親に自分の人生を喋り始めたのでした。そして、トラウマ歩きの中においても「自分のトラウマをどう表現すれば、その辛さが父親に伝わるのか」を考えていく事になりました。



さて、ここで改めてトラウマ歩き2年目の自分の状況を振り返っておきたいと思います。トラウマ歩き2年目の自分は以下の5つの致命的な精神的苦痛にのたうち回っていました。


⑴トラウマ歩きの最中のネガティブな感情❶〜❾(ただし❾は冬限定)
⑵深夜2時近辺の戦い
⑶向かいの車のドア音との戦い(2年目の春以降)
⑷両親とのコミュニケーション
⑸トラウマ歩きという行為がいつ終わるのか全く見通せない。上記の致命的な精神的苦痛の数々がまだまだ続く事を考えると絶望的な気持ちに。


そして、上記5つの致命的な精神的苦痛が原因で、自分の心身は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまいました。以下その具代的な症状ⅰ〜ⅷになります。ⅲに新しい項目を付け加えてあります。新しい項目は、トラウマ歩きの凄まじい没入感によって、トラウマ歩きをいつまで経っても終えれなかった、です。


ⅰトイレで大きいのをするだけでも酷い虚脱状態に襲われてしまい、その度ごとにベッドに入り仮眠を取らねばならない。トイレで大きいのをするたびに日常生活の流れが断絶してしまう。


ⅱ当時の自分は病的(×27倍)な冷え性を発症していた。これによって冬のトラウマ歩きの最中に、防寒具の脱ぎ着におけるギャンブル的要素が発生。( 「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」の❽)。


ⅲ 「トラウマ歩き」による没入感は凄まじいものがあり、思い出しているトラウマの記憶が尽きるまで延々と歩くのを辞められない、という事態が起こっていた。中途半端な所でトラウマ歩きを終わらせると、現在の自分の意識が過去の恐怖に飲み込まれてしまうような恐怖があったのだ。この恐怖によって、自分は5時間経っても、6時間経っても歩く事を辞められなかった。最長で7時間歩き続けた事もあり、この時の疲労感は凄まじいものがあった。( 「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」の❺)



ⅳ 当時の自分は、「向かいの車のドア音との戦い」を始めとする、数々の致命的なストレスを抱えており、それによる致命的な睡眠不足と慢性的な疲労感が原因で、目の下に漆黒のクマが発生していた。当時の自分はこのクマを初めて見た際、かなりの精神的ショックを受けた。トラウマ歩きの最中にトイレの鏡を見たら、目の周りが一気に50歳くらい老けているのだ。 それはまるで目の周りがおじいさんになったかのようだった。と同時に目の下の漆黒のクマは、明らかに自分の精神が病んでいる事も表していた。自分はそれ以降、鏡を見るのが大嫌いになったのだった。



ⅴ当時の自分は食事を食べた後にも致命的な眠気と疲労感に襲われてしまう状態だった。ご飯を食べるのは大体夕方頃。この食事によって、日常生活を続けるのは困難となり、毎回ベッドに入って仮眠を取らねばならなかった。


そして、ベッドに入ってからも致命的な苦痛は続いた。ベッドに入ると今度は胃からゲップが次から次に上がってきてしまうのだ。自分はゲップによる胃の圧迫感が辛くて辛くて仕方がなかった。


また、当時の自分は病的(×27倍)に冷え性が酷かったので、常に鼻水がズルズルに出ていた。故に、当時の自分が食事の後にベッドの中に入ると、ゲップの圧迫感が苦しくて堪らなかったし、加えて鼻からは鼻水がダラダラ流れていてそれも苦しい、という状態も頻繁に起こっていた。ベッドで横になっている時に鼻水がダラダラ流れてくると、呼吸はし辛いわ、頭がボーっとするわ、不快だわ、の三重苦。つまりこの時の自分は、「ゲップによる胃の圧迫感」と「鼻水による不快感」にのたうち回っていた、という事になる。


加えて、この時の自分はベッドの中に入って眠ろうとしているので、当然「向かいの車のドア音との戦い」も発生している。つまり、ご飯を食べた後の自分は、毎回ベッドの中で以下の致命的な心身の苦痛にのたうち回っていた、という事になる。


・ゲップが溜まる事による胃への凄まじい圧迫感

・鼻水がダラダラ無限に流れて来る事での苦しみ

・「向かいの車のドア音との戦い」



ⅵ 当時の自分は、寝付こうとすると太ももが異常に火照る症状に苦しんでいた。理由は分からないが、寝付こうとすると太ももが異常に火照り始め、暑くてたまらない。故に、この時の自分の身体は「上半身は病的(×27倍)な冷え性」「下半身は太ももの異常な火照り」という、異常なアンバランス状態に陥っていた。これにより布団をどう掛ければ良いのか分からない。上半身に合わせて布団をかければ、下半身が暑くてたまらないし、下半身に合わせて布団を掛けると寒くて仕方がない。このように布団の掛け方が滅茶苦茶難しくなってしまい、寝付いた後に高確率で寝冷え状態に陥ってしまっていた。



当時の自分は朝6時に眠りに付いて、昼の2時頃起きる生活をしていたのだが、昼の2時に起きると、上記の理由で高確率で身体がキンキンに冷え切っているのだった。そして、鼻水はダラダラ、身体はかなり疲労困憊状態。つまり、8時間寝たにも関わらず、眠る前より疲労感が悪化しているのだ。これは当時の自分にとって本当に理不尽な現象だった。



加えて、当時の自分が朝6時に眠りに付く際には「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」、この2つによる致命的な精神的苦痛を必死に必死に耐えなければ寝付く事が出来なかった。これらの2つの致命的な精神的苦痛と、太ももの火照り、これらを必死に必死に耐えて寝付いたと思ったら、8時間後、身体はキンキンに冷え切っており、鼻水はダラダラで、かなりの疲労困憊状態で起きてしまう。この現象は3日に1回のペースで起きていた印象で、当時の自分にとっては本当に致命的に理不尽な現象だった。これにより当時の自分の自己肯定感はさらに下がる事となった。


ⅶ ⅰ とⅳとⅴにあるように、自分の体調が予期せぬタイミングで大崩れしてしまうので、それに滅茶苦茶振り回されてしまう。故に当時の自分は先のスケジュールを決めるのが超苦手だった。それは将来の自分の体調が全く予測出来ないから。明日の体調でさえ全く予測が付かなかった。これによって自分の中の自己否定感はさらに増大していった。



ⅶ ⅰとⅳとⅴにあるように、当時の自分は、生きていく上で絶対的に必要な行為をすると、致命的な苦痛が発生してしまう状態にあった。生きて行く上で絶対的な必要な行為とは、「食べる事」「眠る事」「排泄する事」。これらは人間が生きていく上で絶対的に必要な行為だが、当時の自分はこれら全ての行為において致命的な精神的苦痛を感じなければならなかった。これはただ生きているだけでも拷問のような状態。こんな状態で自分で自分を肯定出来るはずが無かった。ⅴのケースと合わせて、自分は自己否定感をさらに増大させていき、鬱はさらに1.25倍悪化する事となった。




このようにトラウマ歩き2年目の自分は、「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥っていました。そして、このような状態で、両親とのコミュニケーションに臨んでいた、という事になります。



『引用終わり』



ここまでトラウマ歩き2年目の話を色々書いてきましたが、大分言語化出来てきた印象です。大枠の言語化は終わった感じがします。ただ、まだ言語化していないエピソードも幾つか残っている感じもしますので、ここからはそれを書いて行きたいと思います。



それは「向かいの車のドア音との戦い」に関するエピソードです。この戦いはトラウマ歩き2年目の3月頃から始まった戦いでした。このエピソードがどのようなものだったのか、過去記事から引用したいと思います。



『過去記事からの引用』



このように当時の自分は「隣人の娘さんが出す車のドア音」に対して病的(×27倍)な憎悪と恐怖を感じていました。ですから、それによって睡眠を妨害され、途中で起こされてしまうと、致命的な暴力衝動が発生し、それをコントロールする事が出来ません。自分の心の中は起こされた瞬間に暴力衝動が爆発し、窓際の障子に駆け寄り、それを思い切り2〜3回殴りました。そうする事で暴力衝動を少しだけ発散したのです。



もしこの時の自分がその暴力衝動を思い切り全開した時にはどうなっていたでしょう。2〜3回の障子殴りでは済まなかったと思います。もしそれを全開にした時には、狂ったように15回くらいは障子を殴っていたと思います。しかし、自分は以下の2つの理由でそれを必死に必死に抑制してもいました。


①当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症していた。これは自己否定感(メンタル数値)が、マイナス594まで増大している精神状態。(メンタル数値の説明は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)この精神状態は、自分が自分という存在を致命的に否定している状態であり、同時に、他人もまた自分という存在を致命的に否定し、攻撃してくるに違いない、という被害妄想に完全に囚われている状態。故に当時の自分は不特定多数の他人の視線に対して病的(×27倍)に怯え、恐怖していた。当然隣人に対してもこの怯えを感じていた。


②この「車のドア音」をよく発生させていた隣人は妊婦さんだった。誰が好き好んで妊婦さんに対して、威嚇的な音を出したいと思うだろうか。



上記①、②の理由で当時の自分は15回殴りたいところを、2〜3回で済ませ、残りの12〜13回の暴力衝動を必死に我慢をしていました。そして、前回の記事に書きましたように、30分経つとようやく娘さんの外出準備が整い、車は出て行きました。自分はここで大きく安堵しました。これでしばらくは車のドア音がこの部屋に響く事はありません。



自分はここでようやく再び眠りの準備に入るのですが、その前にさらに障子を2〜3回思い切り殴っていました。それは、外出までの30分間暴力衝動を我慢した事で、自分の心の中でそれが暴れ回り、致命的な精神的苦痛が発生していたからです。自分はその痛みをもう1度暴力衝動に変換せずにはいられませんでした。自分は娘さんがいなくなったタイミングでそれを外に発散していた、という感じです。



これでようやく自分はベッドの中に入り、再び眠りに着こうとするのですが、こんな事があった直後にそう簡単に寝れるはずがありません。この時の自分の心の中には以下の4つの致命的な精神的苦痛が発生していました。



「車のドア音に起こされた後に再び眠ろうとする時に発生していた4つの精神的苦痛」



⑴障子をあと12〜13回は殴りたかった、という暴力衝動


⑵「眠る際の周りの生活音」に対して病的(27倍)な恐怖心


⑶睡眠途中で起こされた事による凄まじい疲労感と、致命的なだる辛さ。この疲労感はトラウマ歩き由来の疲労感。


⑷ ⑶の致命的なだる辛さは、自分の身体に対して「もう1度睡眠を取る」よう激しく要求してくる。しかし、自分はベッドに入って眠ろうとしても、⑴⑵の致命的な憎悪と恐怖心によって、全く眠る事が出来ない。つまり、この時の自分の心の中では致命的な自己矛盾も発生していた、という事になる。自分の心は⑴⑵と⑶の感情に大きく引き裂かれ、それによる精神的苦痛も致命的なものがあった。



このように自分はベッドに入って眠ろうとするのですが、自分の心の中では⑴〜⑷の致命的な精神的苦痛が発生し、全く眠る事が出来ません。自分の心は⑴〜⑷の致命的な苦痛に耐えかね、号泣しまくりで、のたうち回っている状態です。



『過去記事の引用終わり』



このように当時の自分は、3日に1度は「向かいの家に出入りする車のドア音」に睡眠を妨害され、起こされてしまう生活を送っていました。そして、当時の自分はこの致命的なストレスだけでなく、以下の致命的なストレスも抱えていました。



「トラウマ歩き2年目の5つの致命的なストレス」

「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❾ (ただし❾は冬限定)

「深夜2時近辺の戦い」

「向かいの車のドア音との戦い」


⑷「『殺しても殺し足りない』(×1.5倍)程憎い両親とのコミュニケーション」


⑸トラウマ歩きという行為がいつ終わるのか全く見通せない。上記の致命的な精神的苦痛の数々がまだまだ続く事を考えると絶望的な気持ちに。




これにより、当時の自分の鬱状態は過去最悪になりました。自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ったのです。



さて、このような状況下で当時の自分は「向かいの車のドア音」が致命的な憎悪を感じていました。この音が原因で自分の睡眠は激しく妨害され、自分の身体は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥っていたのです。ですから、当時の自分はその致命的な憎悪を我慢しきれず、自分の部屋の障子を思い切り殴る事でそれを少しだけ消化していました。



しかし、それでも「向かいの車のドア音」は全く収まる事がありませんでした。そこで当時の自分は向かいの家に何度かクレームを言いに行きました。1回目に言いにいった後は多少ドア音は収まっていた記憶です。しかし、1ヶ月もすると再び「ドーーーン!!!」という激しい音に戻ってしまいました。



そこで自分は2回目のクレームを言いに行きました。この時の事はけっこう覚えています。あれはトラウマ歩き2年目の夏の事です。その日も自分は朝6時くらいに寝付いたのですが、10時くらいに「ドーーーーーン!!!」という凄まじい音と衝撃に起こされる事となったのです。自分はいつものように起こされるとすぐに窓際の障子に駆け寄り、それを2〜3回思い切り殴りました。



その後、自分は自分の部屋の物陰から向かいの家の様子を伺いました。そこからは向かいの家の玄関が見えました。いつもなら向かいの家の娘さんが車を出す準備をしており、車の中に何か物を入れるたびに、ドアを思い切り閉め、「ドーーーーーン!!!」という音と衝撃がそこら中に響き渡ります。



ところが、その日は様子が違っていました。いつもの車はあるにはあるのですが、それは端の場所に寄せられ、家の前には子供用のプールが置いてあったのです。そして、そこでは子供や子犬が遊んでいました。



思い出しました。その娘さんは、子犬も飼っていたのです。その子犬は普段は家の中で飼われていたのですが、この時はプールの周りを走り回っていました。ですから、この時発生していた音は「向かいの車のドア音」だけではなかったのです。「向かいの車のドア音」、「子供のはしゃぎ声」、「子犬の鳴き声」の3種類の音が響き渡っていました。



この時の自分の精神的苦痛は筆舌に尽くし難いものがありました。何せ「向かいの車のドア音」だけでも致命的な精神的な苦痛を発生させているというのに、それに加えて、「子供のはしゃぎ声」と「子犬の鳴き声」まで響き渡っているのですから。特に「子犬の鳴き声」は最悪の最悪でした。遡る事2年前、自分は斜め向かいの家が犬を飼い始めた事で、その鳴き声に精神的に追い詰められていきました。その結果犬の鳴き声の幻聴が聞こえるようになり、首吊りを覚悟する所まで追い込まれたのです。



ですから、この日はホント最悪の最悪でした。「向かいの車のドア音」に起こされた上に、「子犬の鳴き声」と「子供のはしゃぎ声」まで聞こえてくるのですから。自分の心の中では、過去最大の暴力衝動が暴れ回り、自分の心をナイフでグサグサ刺していきました。自分はもはやその痛みを我慢する事は出来ませんでした。




しかし、かと言って再び窓際の障子を殴るのは躊躇われました。自分はすでに2〜3回それを思い切り殴っており、それ以上それを殴る事は以下の2つの理由により躊躇われたのです。


①当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想を発症していた。これは自己否定感(メンタル数値)が、マイナス594まで増大している精神状態。(メンタル数値の説明は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)この精神状態は、自分が自分という存在を致命的に否定している状態であり、同時に、他人もまた自分という存在を致命的に否定し、攻撃してくるに違いない、という被害妄想に完全に囚われている状態。故に当時の自分は不特定多数の他人の視線に対して病的(×27倍)に怯え、恐怖していた。当然隣人に対してもこの怯えを感じていた。



②この時の音を出していたのは、「子供」であり「子犬」。このような存在に対して障子を思い切り殴るのは、気が引ける部分があった。



しかし、そうは言っても自分の心は暴力衝動の痛みにもはや耐えきれません。自分は本当に絶望的に嫌でしたが、その場に出向き、直接娘さんにクレームを言う事にしたのでした。





今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村