鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

いつまで経ってもトラウマ歩きが終わらない(2010年3月頃・34歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き3年目で歩いたルート(2010年3月頃・34歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



前回の記事は、トラウマ歩きが3年目に突入した、という話でした。このトラウマ歩きの最中に自分は病的な冷え性に苦しんでいました。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にも、のたうち回っていたのでした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも2年以上です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。


ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き3年目の自分がどのような状態だったのか、という話になります。




『前回記事からの引用』



このように当時の自分はトラウマ歩き3年目を迎え、新しいルートを作る事となりました。1つ目のルートが前回の記事に書きました「家の近所ルート」です。さらに自分は2つ目のルートも作りました。それは自宅で原付で15分くらい走った所にある最寄り駅周辺をグルグル歩き回るルートです。1周2時間のルートを2周です。この辺り一体の土地も過去のトラウマとは全く関係が無い土地でしたが、当時の自分はもはやそこにはそれほどこだわってはいなかった記憶です。



そう、トラウマ歩きを始めた頃の自分は、過去のトラウマに縁のある場所を歩く事にかなりのこだわりを持っていました。やはり縁のある場所でトラウマを思い出した方が、よりトラウマを思い出し易い感じがあったのです。



ですから1年目の自分は、1つ目の大学近辺を特によくトラウマ歩きしていました。わざわざ1時間半電車に乗って1つ目の大学まで赴き、そこからトラウマ歩きを開始していました。頻度は週1〜2回です。この大学は自分のトラウマ人生の中で最も象徴的な場所でありましたから、そこでのトラウマ歩きにはかなり強い没入感とかなり強い愛着が発生していました。



しかし、そうやって1つ目の大学近辺を歩き回るうちに、1つ目の大学近辺を歩く事へのこだわりは徐々に薄くなっていった印象です。自分はそのうちに、地元のルートをトラウマ歩きしている時にも1つ目の大学時代のトラウマを思い出すようになっていきました。別にわざわざトラウマが発生した現地まで赴かなくとも、地元で充分な気がしてきたのです。



それはもしかしたら、1つ目の大学近辺を当時のトラウマを思い出しながら歩き回るうちに、その時代のトラウマが消化されていったのかもしれません。



このようにしてトラウマ歩き2年目の自分は、東京都心ルートを歩く頻度を月1回まで落としました。その代わりに地元ルートを新しく作り、そのルートを歩くようになりました。



そして、トラウマ歩き3年目に入ると、さらに東京都心まで出る事は減りました。3ヶ月に1度くらいにまで減った印象です。そして、減った分は先ほどの新しく作った地元ルートを歩き回っていました。



では最後にトラウマ歩き3年目のルートをまとめてみたいと思います。


「トラウマ歩き3年目で歩いたコース」


・東京都心ルート(利用頻度は3ヶ月に1回ペース)

・鉄道沿線ルート(地元の最寄駅が起点)

・鉄道沿線ルート(以前働いていた古本屋が起点)

・駄菓子屋ルート

・引っ越し前に住んでいた家を中心とする住宅地ルート(1周1時間を平均4周)

・家の近所ルート(トラウマと全く縁の無いルート)

・地元の新しい最寄り駅ルート(トラウマと全く縁の無いルート)



いいですね!よくまとまりました。



『引用終わり』



このようにトラウマ歩き3年目の自分は新しいルートを作ったのでした。自分はトラウマ歩きが3年目に入ってからも、2年目同様様々な致命的な精神的苦痛にのたうち回っていました。また、2年目同様「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」にものたうち回っていました。ただし、これらの心身の苦痛はトラウマ歩き2年目の苦痛を超える程ではありませんでした。3年目の心身の苦痛の総量は、2年目のそれと同程度か、5%減くらいな印象です。



そう、このトラウマ歩き3年目には、特に大きな事件は起こらなかったのです。1年目に起きた「深夜2時近辺の戦い」、2年目に起きた「向かいの車のドア音との戦い」、このような致命的な精神的苦痛を発生させる事件は3年目には起こりませんでした。



ですから、トラウマ歩き3年目の自分は、2年目と同程度の心身の苦痛を感じながら、トラウマ歩きを続けました。ただし、唯一3年目で増加した苦痛もありました。それは「この「トラウマ歩きって一体いつ終わるの???」という不安です。これはそれなりに大きい不安だった記憶です。



そう、自分は過去にもトラウマと戦い続けた経験がありました。それは自分が28〜29歳の時行っていた「記憶のサルベージ」です。この時期の自分は全ての人間関係、家族関係から脱落し、部屋に引きこもり続けていました。そして、起きている時間の全てを過去のトラウマをノートに書く作業に充てていました。しかし、過去のトラウマは書いても書いても終わりが見えません。自分は終わらない戦いに幾度となく絶望的な気持ちになりました。



そんな記憶のサルベージを1年間続けた結果、ようやく自分はトラウマ書き尽くす事が出来ました。終わり方としましては、終わる1〜2ヶ月前くらいから「あれ?このトラウマ過去にも書いたぞ???しかも、このトラウマに関して書きたい事が無くなってきているぞ???」と感じる事が増えてきたのです。「まだ書いていないトラウマ」や「トラウマに対して書きたい事」がどんどん減っていき、記憶のサルベージが終わったのでした。



このように自分は過去にもトラウマを戦った経験を持っており、それは1年間で終わっていました。(正確には1年半)


そして、「記憶のサルベージ終了」からおよそ2年後に、自分は「トラウマ歩き」を始めました。それは新たなるトラウマとの戦いの始まりでした。自分は過去のトラウマを思い出しながら、ひたすらトラウマ縁の場所を歩き回りました。しかし、歩いても歩いてもトラウマが消化された気配はありません。トラウマ歩きはいつの間にか3年目に突入していました。



トラウマ歩き3年目の自分は、終わる気配の全くないトラウマとの戦いに、本当にうんざりしていた記憶です。いつまでこんな世捨て人みたいな事を続ければ良いのでしょう。過去に行っていた「記憶のサルベージ」は1年間で終わったのに、「トラウマ歩き」は3年目に入ってもまだ終わりが見えません。自分は絶望的な気持ちでトラウマ歩き3年目に突入していきました。



ただし、この「先が見えない絶望感」は、当時の自分が感じていた心身の苦痛の総量と比較すると、そこまで大きな苦痛ではありませんでした。そう、以下の⑴〜⑷+1の心身の苦痛の果てしなさに比べれば、「先が見えない絶望感」はそこまで大きなものではありませんでした。



「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情❶〜❾ (ただし❾は冬限定)

「深夜2時近辺の戦い」

「向かいの車のドア音との戦い」


⑷「『殺しても殺し足りない』(×1.5倍)程憎い両親とのコミュニケーション」



⑴〜⑷の致命的な心身の苦痛によって発生した「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」



⑴トラウマ歩きの最中のネガティブな感情❶〜❾(ただし❾は冬限定)
⑵深夜2時近辺の戦い
⑶向かいの車のドア音との戦い(2年目の春以降)
⑷「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じている両親とのコミュニケーション



⑴〜⑷の致命的な心身の苦痛によって発生した「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」



ですから、トラウマ歩き3年目の自分が感じていた心身の苦痛は、2年目と同程度か、もしくは5%減と言った印象です。









今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村