鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹とのコミュニケーションを復活させる際の葛藤(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父親に自分の過去のトラウマを全て喋る(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。そして、同時期に妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳です。


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分が両親とのコミュニケーションを復活させた経緯について振り返ってみました。




ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分が父親とのコミュニケーションを復活させた経緯について振り返ってみました。




『前回記事からの引用』



このように自分は母親とのコミュニケーションを復活させるにあたり、致命的な葛藤にのたうち回ったのでした。そして、自分はそれを乗り越え、母親と喋り始めました。喋り始めてしばらくは自分と母親との間には激しいぶつかり合いが頻発し、血みどろの戦いが続きますました。何故なら当時の自分は母親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていたからです。



しかし、自分は血みどろの戦いの中で自分の過去のトラウマや挫折を洗いざらい母親に喋っていったのです。そして、半年かけてそれを一通り喋り終えると、今度は逆に母親の人生を詳細に聞いていきました。すると、自分がそれまで抱いていた母親へのイメージはひっくり返りました。母親の子供時代や学生時代が予想より遥かに明るいものだったからです。これにより、自分の中の母親への憎悪は減少し始め、母親とのコミュニケーションが 日常化していったのでした。



さて、このように自分が母親とのコミュニケーションを復活させた時期は、2007年10月になります。自分が31歳の時です。繰り返しになりますが、その後自分は母親と血みどろの戦いを繰り広げる事になるのですが、それは2008年の話です。血みどろの戦いを繰り広げる中で、自分は自分の過去のトラウマや挫折を全て母親に喋っていき、逆に母親の人生を詳細に聞いていきました。この過程で自分が母親に感じていた憎悪が減少し始め、コミュニケーションが日常化していったのでした。当時の自分はこの過程に対してポジティブな手応えを感じていた記憶です。



そして、2009年の夏頃、自分は「父親に自分のトラウマを喋ってみる」という選択肢を思い付いたのでした。これは先程のポジティブな手応えを踏まえての選択肢でした。「母親に対して自分のトラウマを喋ってみる」という選択肢が結果的に成功したのですから、「父親に対して自分のトラウマを喋ってみる」という選択肢も成功するような気がしてきたのです。



しかし、そうは言っても当時の自分は父親に対しても「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていました。ですから、この選択肢を思い付いた直後、自分の心の中には葛藤が発生した記憶です。誰が「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程憎い人間に、自分のトラウマを喋りたいと思うでしょう。



ただし、この時の葛藤は、「母親とのコミュニケーションを復活する時」に比べれば、けっこう弱まっていた印象です。そうですね、60%減と言ったところでしょうか。何故なら、すでにこの時の自分は母親とのコミュニケーションを日常化させており、家庭内における孤立状況を脱していたからです。自分は母親に対して日々の些細な出来事を色々喋っていましたから、父親と喋ってみて、何んらかの精神的苦痛が発生したなら、母親に喋れば良いだけです。それによってその精神的苦痛は消化されるはずです。



ですから、今回の復活における葛藤は、母親の時と比べれば60%減少していた印象です。ただこの時の自分は「またトラウマを喋らなければならないのか、、」とうんざりはしていました。トラウマを喋るという事は単純に精神的苦痛が発生しますから、それに対するうんざり感はありました。しかも全てのトラウマを喋り切るには、週1回、1回2時間喋ったとしても、最低半年はかかります。その長さに対するうんざり感もありました。



しかし、それらの精神的苦痛は、「首吊り」を覚悟しなければならない程では全然ありませんでした。それはやはり当時の自分が母親とのコミュニケーションを日常化させており、家庭内の孤立状況から脱していたおかげだと思います。


『引用終わり』



このように自分は2009年の夏頃、父親とのコミュニケーションを復活させたのでした。そして、この時に自分の心の中に発生した葛藤は、「母親の時」と比べると60%減だった、という話になります。



そして、自分は父親とのコミュニケーションを復活させたのですが、父親と対話する気は毛頭ありませんでした。自分は父親側のリアクションを一切禁止した上で、一方的に自分のトラウマや挫折を父親に喋っていったのです。その理由は以下の記事の通りになります。



『過去記事からの引用』



自分は半年かけて、父親に学生時代のトラウマと挫折を全て喋っていきました。そして、母親の時と違い、全てを喋り終わった後、父親の人生を聞く気には一切なりませんでした。ですから、喋り終わった後、自分と父親は再び断絶状態に戻りました。



そう、当時の自分はとにかく父親の声を聞きたくありませんでした。何せ父親は6年前の「尿管結石事件」の際、自分に対して血が凍るような殺人的な暴言を投げつけていますからね。この時のトラウマはそう簡単に拭えるものではありませんでした。だからこそ、自分は父親のリアクションを全て禁止しましたし、父親の人生を聞く気にも一切なれなかったのです。



『引用終わり』



それから3ヶ月が過ぎた2011年3月頃。次に自分は妹に対して過去のトラウマを喋る気になったのです。これまで自分は、母親→父親と自分のトラウマを喋ってきていましたから、順番的に妹の番でした。ただし、以前の記事にも書きましたが、この件に関する自分の記憶はどうも曖昧です。何せこの頃は、東日本大震災福島原発事故、トラウマ歩き終盤と、大き過ぎる出来事が立て続けに起こりましたからね。これらの出来事に関する記憶に比べると、この件の記憶はなんか薄い感じです。



そう、自分が母親とのコミュニケーションを復活させる際には、致命的な葛藤が発生しましたし、父親との時も「致命的な葛藤×40%」の葛藤が発生しました。ところが、妹とのコミュニケーション復活に際して、当時の自分が葛藤を感じた記憶は全く残っていません。なんなんでしょうねぇ。もちろん、先程も書きました通り、この頃には大き過ぎる出来事が続きましたから、それらの記憶に紛れてしまっている可能性もあります。



また、父親との復活の際には「致命的な葛藤」が40%まで減っていましたから、妹との際にはさらに減っていた可能性もあります。例えば20%まで減とか。



ただ不思議なのは、自分の鬱が最も酷かった時期(トラウマ歩き時代)には、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×1.875倍)程の憎悪を感じていたのです。これは両親に対して感じていた「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を上回っている憎悪量です。当時の自分は家族の中で妹を最も憎んでいました。それならば、妹とのコミュニケーションの復活に際しては、過去最大の葛藤が発生してもいいようなものです。しかし、実際には、妹とのコミュニケーションの復活に際して、葛藤を感じた記憶が全くありません。



これはやはり先程の2つの理由が原因だと思われます。改めて2つの理由を振り返ってみます。


① この頃には、東日本大震災福島原発事故、トラウマ歩き終盤と、大き過ぎる出来事が立て続けに起こっており、これらの出来事の記憶に当時の葛藤の記憶が紛れてしまっている。


②自分はすでに「母親→父親」の順番で、自分の過去のトラウマを全て喋ってきており、その時に発生する葛藤は、父親の時は40%まで下がっていた。よって、妹の喋る際には、さらに%が下がっていた可能性がある。



こうやって改めて考えてみますと、②の理由が大きそうな気がします。自分が家族に対してトラウマを喋るのはこれで3回目ですからね。回数を重ねるにつれて、葛藤に慣れていき、精神的苦痛が減っていったと考えるのが、妥当な感じです。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村