鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

この家に生まれた子供2人の人生が、揃いも揃って闇に落ちている(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹の引きこもり期間も10年に及んだ(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代以降の話を聞いていった、という話になります。




『前回記事からの引用』




このように自分はトラウマ歩きを終えた頃に、妹の半生を聞き始めたのでした。その半生を聞き終えて思った事は、妹もまたままならない人生を送ってきた、という事です。大学受験には2回失敗してしまいましたし、アトピーの激化が原因で引きこもり期間は10年以上続きました。



そして、引きこもり期間がここまで長くなってしまった要因の一つとして、兄である自分の「鬱」の激化が考えられると思います。自分は学校生活における数々の挫折や家庭内の事件によって、自己否定感と家族への憎悪を凄まじい勢いで増幅させていきました。その結果32歳頃の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.8125倍)程の憎悪を感じるようになっていたのです。



この憎悪によって「深夜2時近辺の戦い」が起こりました。自分は深夜2時以降に妹が起きている事が病的に許せなくなり、数々の威嚇・暴力行動を妹に対して繰り返しました。この自分の行動が妹のメンタルとアトピーを悪化させ、引きこもり期間を長引かせた可能性は高いと思います。



今回こうやってブログに妹の半生を書いてみて感じた事があります。それは妹の引きこもり期間についてです。それは10年以上に及んだのですが、その引きこもり期間は「ガチの引きこもり」だったな、という事です。この場合の「ガチの引きこもり」とは、外出が全く出来ない引きこもり、という事です。



自分も2006年の引っ越しから現在まで引きこもり状態にあります。この間働いていませんし、何ら社会的な活動をしていません。しかし、そうは言っても外出は出来る状態でありました。トラウマ歩きの3年間は週3回外を歩いていましたし、それ以前も以降も外出しようと思えば出来る状態ではありました。ですから、自分が「ガチの引きこもり」と言える状態は2004年〜2005年の記憶のサルベージの1年間のみです。あの1年間はホントにずっと部屋に引きこもっていましたからね。外出は月に1〜2時間、必要最低限の買い出しをするだけでした。



しかし、妹の場合、ガチの外出が出来ない引きこもり状態が10年以上続きました。それ程までに妹のアトピーの激化は凄まじいものだったのです。まだ妹との交流があった頃、妹の顔を見ますと、妹の皮膚はかなり赤くただれ、かさぶたでガサガサになっていました。そう、妹はアトピーによって皮膚が痒くて仕方がなく、そこをガリガリかいてしまっていた記憶です。すると、皮膚が傷つき、そこがかさぶたで皮膚がガサガサになっていました。妹はかさぶたの上からよく包帯を巻いていたのですが、その包帯は顔から腕にまで及び、ミイラ人間のようになっていた記憶もあります。




この状態は女性である妹からすれば、耐えられないものがあったと思います。何故なら妹は高校時代にギャルデビューしており、メイクやファッションが大好きだったでしょうから。しかし、妹は21歳の時にはアトピーが激化し、引きこもり状態になっていました。ですから妹が純粋にファッションやメイクを楽しめたのは、高校時代を含めた4〜5年間だけだったのかもしれません。その後の人生はアトピーが原因で顔が赤くただれ、メイクどころではなかったと思います。



このアトピーの激化した時期に、妹が感じていた絶望感は凄まじいものがあったと思います。顔や腕の皮膚は赤くただれ、かさぶたでガサガサになっているのですから。そりゃ、外出する気には一切なれないはずです。引きこもり期間が10年以上に渡ったのもうなずけます。



そして、妹が感じていた深い絶望感は、自分と同様、親に向かった事もあったようです。いつの時期かは忘れましたが、妹が父親に対して包丁を向けた事もあったそうですから。確か父親が作った薬を飲んだものの、妹のアトピーがさらに悪化してしまった、という話だったような。自分も親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていましたから、その行動を取る気持ちは凄まじく理解出来ます。



『引用終わり』



このように妹の引きこもりは「外出の出来ないガチの引きこもり」だったのでした。そして、その「ガチの引きこもり」は27歳から36歳まで続く事となったのです。振り返ってみますと、妹は21歳の時にアトピーが激化し、引きこもり状態に陥ってしまいました。そして、22歳〜26歳の間は、働いたり、海外留学をしたり、大学受験をしたりで、アトピーとは折り合いをつけて外出をしていたようです。この時期の妹は「ガチの引きこもり」ではありません。



しかし、27歳の頃には再び妹のアトピーが激化し、外出が不可能になってしまいました。ここから36歳くらいまでの間が「ガチの引きこもり」期間です。ちなみに妹が27歳の時には、自分の人生にも大きな影響を与えた出来事「引っ越し」が起こっています。この引っ越しも妹のメンタル及びアトピーに悪影響を与えたのかもしれません。



このように妹の人生はアトピーに振り回され続けた人生とも言えると思います。特に27歳〜36歳の10年間は、ガチの引きこもり状態でしたからね。この頃の妹が感じていた絶望感はかなりのものがあると思います。しかも、28歳の頃には、自分との間で「深夜2時近辺の戦い」が勃発していますから、ここでも妹は自分から甚大な精神的苦痛を受け、その絶望感はさらに悪化していた事だと思います。




こうやって改めて妹の人生を書いてみて思うのは、やはりこの家の闇は深過ぎるという事です。自分の人生も妹の人生も家庭環境によって、滅茶苦茶に破壊されていますからね。この家に生まれた子供2人の人生が、揃いも揃って闇に落ちているのです。




次回の記事では、「家庭環境」がいかに妹の人生を壊していったのか、改めて考えてみたいと思います。





今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村