鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹の人生を改めて振り返る④(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹の人生を改めて振り返る③(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』

ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代以降の話を聞いていった、という話になります。



『前回記事からの引用』



大学受験に失敗後、妹はアトピーが激化し、外出が難しくなってしまいました。自分が思うに、この時のアトピー激化の原因は、大学受験の失敗に一因があるように思います。我が家には昔から学歴重視な空気感がかなりありましたから、妹がそれにかなりの挫折感を感じてもなんらおかしくありません。



もちろん、高校時代の「外泊事件」を始めとするそれまでのメンタルダメージの数々、これらもアトピー激化の大きな要因になっていたように思います。この時の妹は21歳です。



そして、この時自分は24歳です。この時の自分は2つ目の大学の大学生活に失敗し、大学を休学する事態に追い込まれていました。ですからこの時の自分と妹は似た境遇にあり、気が合う部分が多かったのです。自分は大学を休学してずっと家にいましたし、妹もアトピーで外出が難しい状態です。よって、休学の1年間、自分と妹は一緒にゲームをしたり、TVを見たりして楽しく過ごしました。1日平均4〜5時間は一緒にいたんじゃないですかね。自分と妹はそれまであまり交流がありませんでしたから、あの1年間は自分と妹の人生が奇跡的に交わった1年間だったと言えます。



休学の1年間が終わると、自分は大学に復学しますが、またも大学生活で居場所を作れず、挫折する事になりました。そして、古本屋バイトに活路を見出しますが、やはりここでも人間関係が全く作れず、挫折。挫折が重なれば重なる程、自己否定感は増幅されていきました。そして、自己否定感が増幅されればされる程、母親に対する憎悪が増幅されていき、「殺したい」程の憎悪になっていったのです。



何故なら自分は大学生活で挫折を繰り返し続け、自己否定感が増幅時続けました。すると、それが増幅すればする程、「我が家が暖かい居場所であって欲しいねと願ったのです。しかし、母親は10年以上に渡って父親を激しく責め続けていました。そこで自分は2人の仲裁に動いたのですが、母親はその姿勢を変える事が全くなかったのです。自分は母親に対して無力感を感じ始め、それが憎悪に変化し、増幅されていきました。もちろん、こうなると母親とのコミュニケーションは不可能な状態です。




一方妹の方は、その後イギリス留学を成功させたり、新しい彼氏が出来たりで、人生が上手くいっているように見えました。自分の中では妹に対する劣等感が増大していき、妹との交流は難しくなっていきました。また、妹は母親との関係もずっと維持していましたから、自分の中では妹に対する憎悪も生まれていきました。「あんな母親と仲良くしている妹もまた許せない」です。



このように自分は社会においても家庭内においても孤立していき、自己否定感がさらに増大していきました。それと同時に「被害妄想」も悪化していき、妹の出すドア音で睡眠を妨害される事がたまらなく許せなくなっていったのです。この「妹の出すドア音」によって引き起こされた事件が、2003年10月に起きた「尿管結石事件」です。この事件によって、27歳の自分は、両親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じるようになったのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








PVアクセスランキング にほんブログ村