鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩き終了により時間の余裕が発生(2011年6月・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きが終了し、放心状態に陥る(2011年6月・35歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』

ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代以降の話を聞いていった、という話になります。



『前回記事からの引用』



このように、現在の自分(2022年11月)は妹のアトピーについてこのブログに書いている時に、泣いてしまったのでした。ではここで、話を2011年3月に戻したいと思います。当時の自分はトラウマ歩きの終盤を迎えていました。そして、この時期に自分は妹とのコミュニケーションを復活させ、妹の人生を聞いていったのでした。



それから3ヶ月後の2011年6月、トラウマ歩きが終焉を迎えました。そして、それから2ヶ月後の2011年8月には妹の人生を聞く行為も終わった印象です。とりあえずこの頃の自分は、3年間のトラウマ歩きを終え、放心状態にあった記憶です。そもそも当時の自分はトラウマ歩きの目的を「トラウマを消化し、鬱を回復させる」としていました。しかし、3年間のトラウマ歩きを終えてみますと、鬱が回復した実感は全く得られていません。それどころか、当時の自分は気付いていませんでしたが、トラウマ歩きたよって鬱はさらに1.25倍悪化していたのです。それは放心状態にも陥るはずです。



加えて、トラウマ歩きの終盤では原発事故が起こり、それによりかなりの精神的ストレスを受ける事にもなりました。それを乗り越えてトラウマ歩きを終わらせたのですから、それは放心状態にも陥るはずです。



このようにトラウマ歩きが終わり、自分はかなりの放心状態にあった記憶です。ではここで当時の自分の気持ちを具体的に振り返ってみたいと思います。以前の記事でまとめたものです。


「トラウマ歩きの3年間を終えた後の自分の心境①〜⑤」


① トラウマ歩きからようやく解放された事で発生した、かなり嬉しさ。これからはもう 「トラウマ歩き」の最中のネガティヴな感情の❶〜❾ を感じなくても良い。


②「トラウマを消化した」という手応え。確かに当時の自分は「学生時代のトラウマ」から「悲しさや辛さ」の感情を消滅させる事に成功していた。


③週3回、1回平均4時間のトラウマ歩きから解放されるという嬉しさ。トラウマ歩きとは、1回平均4時間かかる行為だったが、それ以外にも時間を使う行為だった。外出前の準備時間も必要だったし、トラウマ歩きの起点までの移動時間も必要。そして、トラウマ歩き後は帰宅するまでにも時間がかかった。このようにトラウマ歩きという行為は、本体の4時間以外にも最低1〜2時間は必要な行為だった。故にトラウマ歩きをする日は、トラウマ歩きだけで1日は終わっていた。



当時の自分はこの行為を週3回行っていた。そして、トラウマ歩きの無い日には、昼の1〜2時に起き、母親と1〜2時間喋り、その後は部屋で疲労困憊状態でぐったりしているだけで1日が終わっていった。自分の3年間はトラウマ歩きに始まり、トラウマ歩きで終わっていったと言っても過言では無かった。



このように自分はこの3年間、トラウマ歩きに全ての時間を捧げてきたのだった。そして、ようやくトラウマ歩きから解放される日がやってきた。この事によって、かなりの時間が空く事になった。この「時間の解放感」はかなりのものがあった。


④ トラウマ歩きが終わるという事は、トラウマ歩きが原因の致命的な疲労感が消滅する、という事を意味していた。これは当時の自分にとって、かなりポジティブな変化だった。何せこの致命的な疲労感は、「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」の大きな原因の一つとなっていた。大きな原因の一つが消滅した事で、「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」が多少なりとも改善した可能性が考えられる。


⑤このトラウマ歩きという行為に膨大な時間とエネルギーと心身の健康を投入したにも関わらず、「鬱の回復」は全く実感出来なかった。自分の身体はトラウマ歩きの3年間で「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥っており、日々の生活は致命的に辛くて辛くて仕方なかった。この事に対する膨大な虚しさ。



このようにトラウマ歩きを終えた後の自分の心の中には、①〜⑤の感情が発生していました。この中でポジティブな感情は①〜④で、ネガティヴな感情は⑤です。そして、ポジティブな感情とネガティヴな感情を差し引きしますとプラスマイナス0です。式にするとこんな感じです。


(①+②+③+④)-⑤=0



これはつまり、トラウマ歩きの終了によって、メンタル数値が動く事は無かった、という事です。言い換えますと、トラウマ歩きの終了によって、自己肯定感が上がる事も無かったし、下がる事も無かった、という事です。ただまぁ先程も書きましたように、「放心状態」にはなっていたと思います。何せ自分が膨大なコストをかけた行為が終わったのですからね。自分はこの行為に3年間という膨大な時間と、膨大なエネルギーと、心身の健康を投入してきました。そして、その行為がようやく終わったのです。




加えて、上記の⑤にありますように、この行為によって「鬱が回復した」という実感は全く得られませんでした。そりゃ、放心状態に陥るはずです。


『引用終わり』


このように自分は2011年6月頃に、トラウマ歩きを終えました。そして、上記①〜⑤の理由で放心状態に陥ったのでした。そう、上記の理由を改めて読んでみますと、③の理由も大きかったように思います。何せ自分は膨大な時間もこのトラウマ歩きに費やしてきました。週3回、平均4時間もの時間をこの行為に費やしてきたのです。しかも③にありますように、トラウマ歩きの前後の時間も入れれば、優に5〜6時間はこの行為に使っていたのです。



また、トラウマ歩きの翌日、自分の体調は前日の致命的な疲労感に襲われ、滅茶苦茶にぶっ壊れていました。母親と喋る1〜2時間と深夜アニメを見る1時間以外は、ほとんどベッドの中にいたと思います。そして、その翌日にはまたトラウマ歩きです。



このように自分の3年間は、トラウマ歩きに始まり、トラウマ歩きで終わっていきました。ですからトラウマ歩きが終わるという事は、単純にトラウマ歩きに費やしていた時間が浮く事になりました。また、トラウマ歩き翌日の極度の疲労感も消滅しますから、それで寝込んでいた時間も浮く事になります。



ですから、トラウマ歩きが終わる事で、単純にかなりの時間的な余裕が生まれたと思います。もうトラウマ歩きに日々を追われなくても良いのですから。ですから、③の最後に書いていますように、「時間の開放感」はかなりのものがあった記憶です。



ですから、トラウマ歩き後の自分が感じていた放心状態は、そのような「時間の開放感」も含めた放心状態だったと言えると思います。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村