鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

部屋の中でのトラウマの思い出しがスタート(2011年6月・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き終了により時間の余裕が発生(2011年6月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』


ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。2011年6月頃、自分がトラウマ歩きを終えた、という話でした。



『前回記事からの引用』




このように自分は2011年6月頃に、トラウマ歩きを終えました。そして、上記①〜⑤の理由で放心状態に陥ったのでした。そう、上記の③の理由も大きかったように思います。何せ自分は膨大な時間もこのトラウマ歩きに費やしてきました。週3回、平均4時間もの時間をこの行為に費やしてきたのです。しかも③にありますように、トラウマ歩きの前後の時間も入れれば、裕に5〜6時間はこの行為に使っていたのです。



また、トラウマ歩きの翌日、自分の体調は前日の致命的な疲労感に襲われ、滅茶苦茶にぶっ壊れていました。母親と喋る1〜2時間と深夜アニメを見る1時間以外は、ほとんどベッドの中にいたと思います。そして、その翌日にはまたトラウマ歩きです。



このように自分の3年間は、トラウマ歩きに始まり、トラウマ歩きで終わっていきました。ですからトラウマ歩きが終わるという事は、単純にトラウマ歩きに費やしていた時間が浮く事になりました。また、トラウマ歩き翌日の極度の疲労感も消滅しますから、それで寝込んでいた時間も浮く事になります。



ですから、トラウマ歩きが終わる事で、単純にけっこうな時間的な余裕が生まれたと思います。もうトラウマ歩きに終われなくても良いのですから。ですから、③の最後に書いていますように、「時間の開放感」はかなりのものがあった記憶です。



ですから、トラウマ歩き後の自分が感じていた放心状態は、そのような「時間の開放感」も含めた放心状態だったと言えると思います。


『引用終わり』



このように自分はトラウマ歩きの3年間を終えて、放心状態に陥ったのでした。時期的には2011年6月頃の話です。そして、同時期に「妹の人生を聞く」という流れも終わっていった記憶です。



さて、その後の自分の生活がどうなったのかという話ですが、いまいち記憶が残っていません。トラウマ歩きが終わった事により、けっこうな時間の余裕は出来たはずですが、果たしてそれをなにに使っていたのやら。まぁ相変わらず深夜アニメは見ていましたから、それには時間を費やしていたと思います。また、もしかしたら昔のTVゲームを引っ張り出して遊んでいたかもしれません。



あぁ、思い出しました。自分はトラウマ歩きを終えてからは、今度は自分の部屋の中でトラウマを思い出していたのでした。そう、トラウマ歩きによって自分は学生時代のトラウマを消化した訳ですが、このトラウマを今度は自分の部屋の中で思い出してみたのです。すると、再び「悲しさや辛さ」が凄まじい勢いで湧いて来てしまいました。トラウマ歩きで消化したはずの「悲しさや辛さ」、これわ部屋の中で改めて思い出すと再び鮮明に蘇ってきてしまったのです。ですからこの時の自分はトラウマ歩きの初期のように号泣しながら、トラウマを思い出していた記憶です。



当時の自分はこの現象に気付きこう感じた記憶です。


「今度は部屋の中でトラウマを思い出す事になりそうだな。」


と。この時の自分の気持ちは案外と淡々としていた気持ちです。トラウマ歩きの3年間がようやく終わったと思ったら、今度は部屋の中でのトラウマの思い出す事になってしまったのです。またもトラウマとの戦いが始まったのでした。この事で、当時の自分がかなりショックを受けてもいいようなものですが、案外当時の自分は淡々とこの事実を受け入れていました。



どうしてこの時の自分は「部屋の中でのトラウマの思い出し」を淡々と受け入れたのでしょう。それは今回の行為には「歩く」という行為が必要なくなっていたからです。そう、自分はそれまでの3年間、「歩く」という行為に莫大なエネルギーを費やしてきました。それは歩きながらトラウマを思い出さないと、トラウマを消化出来ないと感じていたからです。トラウマ歩きの3年間は、「歩く」という行為と「トラウマを思い出す」という行為が一体化していたのでした。


しかし、トラウマ歩きを終え、自分は思ったのでした。別に外を歩かなくても、部屋の中でトラウマを思い出せるな、と。部屋の中でトラウマ思い出せるならば、そこには歩きに伴う莫大なエネルギーの消費が一切発生しません。そして、外を歩かなくても良いなら、雨の中や台風の中を靴の中をぐちゃぐちゃにしながら歩く必要もありません。もちろん、冬のトラウマ歩きの途中の致命的なストレスの数々も発生しません。これは当時の自分からしたら天国みたいな話だったのです。



ですから、当時の自分は淡々と「部屋の中でのトラウマの思い出し」を受け入れたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








PVアクセスランキング にほんブログ村