鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父親の人生を聞く事を決意(2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き後の生活②(2011年9月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。そして、同時期に妹とコミュニケーションを取り始めたのでした。この時の自分の年齢は35歳です。その後自分は新たな試み「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始める事になりました。


.
ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2011年6月頃、自分が「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始めた、という話でした。



『前回記事からの引用』




このように自分は2011年6月頃にトラウマ歩きを終え、その後は「部屋の中でのトラウマの思い出し」が生活の中心になっていきました。自分のこの行為によって、フラッシュバックが起こり、様々な身体の反応が起こりました。その反応は以下の通りです。



・号泣(悲しさや辛さの記憶への反応)
・身体の震え(冷え性の記憶への反応)
・えずき(恐怖の記憶への反応)
・あくび(喘息由来の睡眠不足、被害妄想由来の睡眠不足への反応)


これらの反応は、気持ちがスッキリしたり、身体が暖まる効果がありました。ですから、当時の自分はこれらの反応を好ましい反応として捉えていました。そして、このような反応によって、トラウマが消化されるのではないかと期待していました。泣いたり、えづいたりした後にスッキリする事で、当時のトラウマが消化されるのではないか?、という期待感です。そして、トラウマが消化されれば、鬱も回復していくのではないか?、と考えていました。



このような「部屋の中でのトラウマの思い出し」を中心にして、日々が流れていきました。時期的には2011年の6月以降です。そして、月日は流れ、2012年2月になりました。自分は36歳です。自分は相変わらず「部屋の中でのトラウマの思い出し」を中心にした生活をおくっていました。この時期から自分はこう考え始めました。


「これまで自分は母親と妹の人生は詳細に聞いてきているが、父親の人生は全く聞いてきていない。ここら辺で父親の人生を聞くべきではないのか??」


『引用終わり』


このように自分の生活は「部屋の中でのトラウマの思い出し」を中心にして動いていくようになりました。この生活が始まったのが、2011年6月頃です。そして、日々は流れ2012年2月になりました。この頃から自分はこう思い始めました。


「これまで自分は母親と妹の人生を詳細に聞いてきている。しかし、父親の人生は全く聞いてきていない。ここまで来たら父親の人生も聞くべきではないのか??」


そう、自分はこれまでに母親と妹の人生を詳細に聞いてきていました。2008年の4月頃から母親の人生を聞いていきましたし、2011年6月頃から妹の人生を聞いていきました。そして、それによって、母親に持っていたイメージが180度ひっくり返りましたし、妹の人生もまたままならなかった事も理解しました。ここまで「母親→妹」とそれぞれの人生を聞いてきていましたから、最後は父親の人生を聞くのは必然と言えました。



ここで自分が家族とのコミュニケーションを復活させていった経緯を時系列をまとめます。


2007年10月 自分の人生を母親に喋り始める。

2008年4月頃 母親の人生を聞いていく

2009年夏頃 自分の人生を父親に喋り始める

2009年秋頃 自分の人生を父親に喋り終えるも、父親の人生を聞く気には一切なれない。

2011年6月 自分の人生を妹に喋り、妹の人生を聞いていく

2012年2月 父親の人生を聞く必要性を感じる


このように2009年当時の自分は父親に自分の人生を一方的に喋り終えた後、父親の人生を聞く気には全くなれませんでした。何故なら自分はそれまでの人生の中で父親の暴言によって致命的な精神的苦痛を受けてきたからです。また日常会話においても父親との会話は無味乾燥で、虚無感しか感じないものでした。ですから、自分は自分の人生を一方的に喋り終えた後、父親の人生を聞く気には一切なれなかったのです。父親の声を聞くだけでもおぞましいと言う感覚です。ですから、自分は自分の人生を父親に一方的に喋り終えると、その後は一切父親とは関わらなくなっていました。



その後自分は妹に自分の人生を喋り、妹の人生を聞いていきました。これで自分は母親と妹の人生を聞いた事になります。残るは父親のみです。もうここまで来たら、流れ的には父親の人生を聞く番です。母親と妹の人生を聞いて、父親の人生だけ聞かないという選択はあり得ません。




そう、我が家が何故こんなにも闇深いのか、その謎を解く為には父親の話を聞く必要がありました。我が家は自分が小学校3年生の時に戦争状態に陥り、そこから家族それぞれが闇に落ちていったからです。自分の人生は周りとコミュニケーションが全く取れず、身も心も滅茶苦茶に破壊され尽くされていきました。そして、妹の人生もまたアトピーで全くままなりませんでした。加えて、母親の心も父親のもたらす致命的なトラブルによって、どんどん病んでいく一方だったのです。家族それぞれが飲み込まれていった「深過ぎる闇」、この闇の正体を暴く為には、父親の人生を聞く必要がありました。



そこで自分は父親とのコミュニケーションに挑む事にしたのです。相変わらず父親の声を聞くだけでもおぞましいものがありましたが、ここまで来たら行くしかありません。自分は父親の人生を聞いていく事にしたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村