鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

祖父の「超学歴主義」が子供達の人格を大きく歪めていった(2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 祖父のヤバげな性格が伺えるエピソード(2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分が父から祖父の人となりを聞いて行った、という話になります。



『前回記事からの引用』



では具体的に祖父は家庭内において、どのような「父親」だったのでしょうか。うちの父は語りました。


「親父は些細な事ですぐにヒステリーを起こする人間だった。いつ腹の虫が爆発するか分からない。加えて、不機嫌な事が多かったので、家族は常に父親の顔色を伺って生活していた。」


う〜ん、どこかで聞いた話です。そう、こんな話をしている父自身もいざ自分が家庭を持つと、家族に滅茶苦茶気を遣わせる存在になっていた訳ですからね。因果は巡るとしかいいようがない。


祖父の話に戻ります。このように祖父は家庭内において、家族に常に異常に気を遣わせる、絶対君主のような存在だったようです。そして、そんな祖父に対して祖母も息子達も顔色を伺いまくっていたそうです。ですから、食卓に会話は全くなく、家族全員が無言でご飯を食べていた、という話だった記憶です。


そんな祖父の性格の一端が伺えるエピソードを一つ紹介したいと思います。それは父が中学生くらいの時の話です。ある日祖父が家に冷蔵庫を買ってきたそうなんですね。当時冷蔵庫はまだまだ珍しい家電でしたし、値段もまだまだ高い家電でした。当時の祖父は九州大学助教授として働いていたものの、給料は良くはなく、家の暮らしは豊かではなかったそうです。



ですから、祖父はかなり奮発して冷蔵庫を買ってきたのだと思います。そして、嬉しかった事でしょう。ところが、この祖父はその喜びを家族と分かち合おうとは一切しなかったそうなのです。祖父は冷蔵庫の前に椅子を出して座り、「これは俺が買ってきたものだから、お前らは一切触るな!!」と言ったそうなのです。そして、しばらく家族に冷蔵庫を触らせなかった、と。う〜ん、びっくり。



自分は父からこの話を聞き、「祖父という人は本当に器が小さい人だったんだなぁ」と思いました。折角の冷蔵庫の喜びを家族と全く共有しようとせず、独占してしまったのですからね。なんというか行動が子供じみていますし、ヤバげな性格が伺えます。



自分は後年この話を母親と共有したのですが、母親も全く同意見でした。「信じられない」と言ったリアクションでしたね。母親はこう言っていました。


「もし私のお父さん(自分から見たら母親方の祖父)が冷蔵庫を買ってきていたら、すぐに家族全員に冷蔵庫を使わせて、その喜びを家族で共有したと思う。」


なるほど。それはそうなのだと思います。これは母親から聞いた話ですが、母親の父(自分から見たら母親方の祖父)は、とても穏やかで愛情深い人だったそうなのです。家の中で怒ったりピリついたりする事は全くなく、夫婦仲も常に良好だったそうです。お喋りなタイプでは無かったそうですが、週末になると親類縁者を招いて、賑やかに宴会を楽しんでいたそうです。また、町内会長として町内の発展に尽力してもいました。



加えて、母親方の祖父は役所に勤めていたのですが、退職後その功績が認められて勲章を貰ったりもしていました。職場でも人望が高かったのでしょう。



ですから、父親方の祖父と、母親方の祖父は全く正反対なキャラクターなのです。「冷たく超人嫌いな祖父」と「暖かく社交的な祖父」。見事な「陰と陽」です。そんな「暖かく社交的な祖父」の下で育った母親からしてみたら、冷蔵庫を家族に使わせない父親方の祖父の態度は信じられないものだったのでしょう。


『引用終わり』


このように父方の祖父は、冷蔵庫を購入した際に、しばらくは家族の誰にもそれを使わせず、自分だけがそれを使って悦にいっていたそうです。祖父は新しい冷蔵庫を家族と「共有」しようとしなかったのです。以前の記事で、祖父についていたあだ名の話をしました。祖父の名前は「つねき」というのですが、「ひねき」と呼ばれていたそうなのです。これは祖父の性格がひねくれている事から付けられたあだ名です。確か、祖父が信仰していた新興宗教の内部でそう呼ばれていた、という話だったと思います。



今回の冷蔵庫の話は、まさに「ひねき」というあだ名に相応しいエピソードだったと言えるでしょう。そして、こんな祖父が作った家庭が暖かで穏やかなはずがありません。祖父は家庭内において常に不機嫌でヒステリックだったそうです。そして、それによって祖母や息子達を萎縮させ、家庭内の空気は凍り付いていた、という話をでした。



ですから、父親は幼い頃に友達の家に遊びに行くと戸惑ったそうです。「なんでよその家はこんなに和やかで楽しそうな雰囲気なの??」、と。幼心に祖父の作った家庭環境の冷たさに違和感を感じていたのでしょう。



さて、父はそんな絶対零度な家庭環境下で育っていきました。父には兄弟がいまして、兄が2人と弟が1人います。父は三男です。父は長男、次男とはそれぞれ6歳ずつ年齢が離れていたので、コミュニケーションがほとんどなかったそうです。まぁコミュニケーションが無かった理由は、年齢差というより、家の中の凍り付いた雰囲気にあったと思いますが。



そして、父親が6歳の時にとある事件が起こりました。個人的にこの事件はこの家に起こった最大の事件であったと思います。この事件の悪影響は果てしなく大きく、あれから70年経った現在においても、その悪影響は我が家に残っている印象です。



この事件を表すキーワードは「超学歴主義」です。誰が「超学歴主義」だったのかと言いますと、祖父が「超学歴主義」だったのです。そう、祖父は当時、とある国立大学で助教授をしていたのですが、自分の子供達にもそれ以上の学歴をかなり強く強いたのです。それによって、父を含めた子供達の人生が大きく歪み、それぞれが闇に落ちていきました。そして、その闇の連鎖は世代を超えて続いていったのです。今後そこら辺の経緯を書いていきたいと思います。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村