鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

中二病という概念がまだない時代に、父は中二病を発症していた。(父の人生を聞く・2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父と中二病(父の人生を聞く・2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2012年3月頃、自分は父親から父親の人生を聞き始めたのでした。



『前回記事からの引用』



このように、父も自分も大学時代に大学内で孤立し、不毛な大学生活を延々と送る羽目になったのです。ホント親子揃ってアホみたいな話です。当時の自分は父から6年に及ぶ大学休学の話を聞き、かなり驚いた記憶があります。まさか親子揃って不毛過ぎる大学生活を送っていたとは。しかも、自分は昔からかなりのアンチオカルト、アンチ新興宗教です。大学時代の父親がオカルト本を心酔するあまり、大学を6年間休学していたと聞き、「アホ過ぎるww」とも思いました。



そう、大学時代の父親は、当時流行っていた「第三の眼」というオカルト本を心酔してしまったのです。そして自らも第三の眼を開眼させようと、大学を休学して、大真面目に坐禅や瞑想を繰り返したのでした。しかもその大学休学は6年間続いたというのですから、アホ過ぎるとしか言いようがありません。



以前の記事にも書きましたが、この「第三の眼を開かせたい」発想ってネット用語で言う所の「中二病」や「邪気眼」ですからね。これは学校生活において、居場所のない「陰キャ」が、自らが特別な存在だと思いたい余りに、「第三の眼」のような神秘的な特殊能力に憧れてしまう、そんな中学生に起こりがちな思考傾向です。そして、この言葉にはそんな思考傾向を「イタい」と揶揄しているニュアンスもあります。



「第三の眼」以外の特殊能力で言いますと、例えば「守護霊が見える」とか言ってみたり、「超能力が使える」とか言ってみたり、「UFOが見える」、「前世が見える」、「オーラが見える」、「占いが出来る」、「未来が見える」とか言ってみたり。要するに「目に見えない世界(神秘世界)」を根拠に、自分に特別な能力があると思いたがる、そんな心理傾向の事です。



これにハマるのは、概して「陰キャ」です。「陰キャ」とは、勉強やスポーツやコミュニケーション能力やお笑い能力や容姿に秀でていない、クラスで目立たないタイプの事。彼らは現実世界では「特別な存在」ではありません。ですから、目に見えない世界を根拠にして「特別な存在」になりたがるのです。



まとめますと、「中二病(邪気眼)」=「神秘世界への現実逃避」、とも言えるかもしれません。



2012年に放映されていた深夜アニメ「中二病でも恋をしたい!」は、まさにそのような中二病的な思考を持つ女の子が主人公でした。懐かしい。




ですからうちの父は、大学時代に中二病を発病し、それをこじらせまくり、大学を6年間休学し続けたという訳です。父は自らも第三の眼を開眼し、「特別な存在」になろうとしたのです。



そう、当時の自分がこの話を父から聞いた際、父は休学期間の自分がすごい修業をやり続けていたかのような口ぶりでした。「俺は大学を休学して、すごい特殊能力を得る為に頑張っていたんだぞ!!」的な。そうそう、父はこうも言ってましたね。「あの頃押し入れに入って瞑想していたら、6時間が10分くらいに感じる事があったんだ。あれはすごい体験だった。あの瞬間は、第三の眼の開眼にかなり近付いた気がしたんだ!」、と。いまだに中二病的な思考が残っているようでした。



一方で、父は休学の6年間を語りたがらない節もありました。そりゃそうでしょう。「第三の眼」を開く為に大学を6年間休学し続けたなんて、黒歴史にも程があります。逆に言うと、よくここまで語ってくれたものだとも思います。




自分は父から休学の6年間の話を聞き、父にこう尋ねました。「結局6年間修行して、目的は達成出来たの??」、と。父は悔しそうに答えました。「悟りを開く為に6年間修行し続けたけど、残念ながら悟りは開けなかった。」、と。この時の「悟り」とは「第三の眼の開眼」と同義と考えていいと思います。



そういえば、父は「悟り」という言葉もよく使っていました。大学時代の父は、自分に神秘的な能力(「第三の眼」や「悟り」)があると思い込み、その能力を得ようと、不毛な修行を一人で6年間延々とやり続けた訳です。しかし、そんな能力が人間にあるはずもなく、結局それに挫折したのでした。


『引用終わり』


このように、大学時代の父は「第三の眼」というオカルト本に激しく傾倒し、それの修行の為に部屋に引きこもり続け、6年間大学を休学したのでした。そして、人間に「第三の眼」などという超能力があるはずもなく、父は修行に挫折したのでした。



当時の自分(2012年)はこの話を聞き、かなり愕然としました。親子揃って極めて不毛な大学時代を過ごしていたのですから。片や父の方は中二病を拗らせまくって、大学を6年間休学、片や自分の方は大学空手部でコミュニケーション能力を改善させようとするも、逆に被害妄想が悪化し、結果鬱が3倍に悪化ですからね。まぁ親子揃ってアホみたいな大学時代を過ごしていたという訳です。



そう、当時の自分は父から「第三の眼」の話を聞いた際、そのアホらしさに脱力した記憶があります。なんと言っても自分は昔からアンチオカルト、アンチ新興宗教ですからね。まさかうちの父がそれにズッポリハマって、大学を6年間もの間休学していたとは。




しかも当時(2012年)の父の年齢は67歳ですが、いまだに中二病的な思考が残っていました。この話をしている時の父には「俺は大学時代に悟りを開く為にすごい修行をやってたんだぞ!!」というドヤ感が漂っていたのです。



そう、当時の自分(2012年)は「中二病」や「邪気眼」という概念をすでに得ていました。ここからは改めて自分と「中二病」について考えてみたいと思います。まずは過去記事から自分なりの中二病の解説を引用したいと思います。



これ(「中二病」や「邪気眼」)は学校生活において、居場所のない「陰キャ」が、自らが特別な存在だと思いたい余りに、「第三の眼」のような神秘的な特殊能力に憧れてしまう、そんな中学生に起こりがちな精神傾向です。そして、この言葉には、そんな中学生の思考傾向を「イタい」と揶揄しているニュアンスも入っています。



当時の自分(2012年)はこの概念を以前から知っていました。新しい所で言いますと、「中二病でも恋をしたい!!」という深夜アニメを見ていましたし、その前からネット掲示板2ちゃんねる」を見ている中で、自然と「邪気眼」というネットスラングにも親しんでいました。また、もっと時間を遡りますと、この「中二病」という言葉を作った人物は、タレントの伊集院光さんです。彼が1999年に深夜ラジオの中で発した言葉が、ネット(主に2ちゃんねる)で広がり、この言葉が認知を得たのです。



そして、自分は中学、高校、大学時代に彼の深夜ラジオが大好きだったのです。ですから、当時の自分(2012年)は、13年前から「中二病」という言葉を知っていた、という事になります。ただし、この「中二病」という言葉は、確かに伊集院光さんが作った造語ではあるのですが、その意味合いは伊集院光さんが意図したものとは違ってきている、という話も昔読んだ記憶があります。



このように自分は以前から「中二病」や「邪気眼」という言葉や概念を知っていました。当時の自分(2012年)にとっては当たり前過ぎる知識です。しかし、父の方はと言えば、当然の事ながら大学生だった頃(今から50年前)にはこの概念はまだありません。つまり、中二病という概念がまだない時代に、父はすでに中二病を発症していたのです。早過ぎる中二病と言えるかもしれません。しかも父の場合は、中学生で「中二病」ではなく大学生の時の「中二病」ですからね。イタさはより増しているとも言えます。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村