鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「父が大学3年生で休学し、休学期間が6年間も続いてしまった要因①〜③」

「父が大学3年生で休学し、休学期間が6年間も続いてしまった要因①〜③」


① 父にとっては、医者になって苦しんでいる患者さんを助ける事がゴールではなく、超難関大学医学部という大学受験最高峰に受かる事がゴールだった。そして、どうして父が大学受験最高峰を目指さなければならなかったのかと言うと、「祖父が超学歴主義で恐ろし過ぎたから」。父は恐怖をモチベーションにして勉強を頑張り、超難関大学医学部に現役合格したものの、そこで魂は燃え尽きてしまった。



② ①のような精神状態で超難関大学医学部に合格したのだから、その後の大学生活が上手く行くはずがなかった。医者になりたくて医学部に入った訳ではないのだから、勉強にはなかなか身が入らなかったと思われる。また父の性格は「超神経質で、超世間知らずで、人の好き嫌いが滅茶苦茶激しい」性格。また、「自発性(好奇心)」「思いやり(想像力)」「自己肯定感」も極めて薄い。このような性格では周りの学生とのコミュニケーションもままならなかったと思われる。



③ 父は高校まではかなり成績優秀な生徒であり、学校内で「特別な存在」であったと思われる。しかし、その輝きは超難関大学医学部に入った事で失われてしまった。何故なら超難関大学医学部に入ってしまえば、周りは同じような頭脳の持ち主ばかり。故に、父は大学入学後、「特別な存在」ではなくなってしまった。父は中二病(邪気眼)をこじらせまくり、「特別な存在」である証を求めて、神秘世界に現実逃避したのだった。