鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「父方の祖父の性格①〜⑥」

「祖父の性格①〜⑥」


①超学歴主義。

祖父は国立大学の助教授だったので、息子達にそれ以上の学歴を病的に求めた。その結果次男と三男(父)は高学歴を得た。しかし、四男は小学校で不登校となり、以降引きこもりとなった。

②超ヒステリーで地雷がどこにあるか分からない。それによって家族全員を怯えさせまくる。

③性格がひねくれているので、あだ名が「ヒネキ」

④モノや感情を家族と共有しない( 冷蔵庫独占事件)

⑤人の好き嫌いが滅茶苦茶激しい( 長男さん大学受験事件」)

⑥20代でとある新興宗教に入信し、教祖の家系に養子縁組で入るも、その後1〜2年でその宗教を辞めてしまった。にも関わらず、何故か辞めた後もそこで貰った苗字を名乗り続けた。( 新興宗教養子縁組事件 )