鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

母と結婚したおかげで、大学復学に成功(父の人生を聞く・2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父と母の出会い(父の人生を聞く・2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』




ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の大学時代の話を聞き、驚愕したのでした。



『前回記事からの引用』




このように父は大学を6年間休学し続けたのですが、通常そこからの大学復帰はかなり難しい事だと思います。何故なら6年間の間に学力は無惨に下がり切っていたでしょうし、周りの友達は皆卒業していますし、精神も6年間の引きこもり生活でさらにおかしくなっていた事でしょう。自己肯定感がさらに下がっていても何らおかしくはありません。このままでは大学復学どころか、社会復帰さえままならなかったと思います。



しかし、父は幸運な事に休学5年目くらいで母に出会ったのでした。これによって父は奇跡的に大学復学を果たし、医師の国家試験にも合格出来たのです。もし父が母と出会っていなければ、そのまま大学を退学して、社会に全く適合出来ず、引きこもりになるか、どこかで野垂れ死んでいた事でしょう。



父と母の出会いは父が九州の実家に帰省していた時の出来事だそうです。父方の祖母と母方の祖母が知り合いで、祖母の紹介で二人は出会ったそう。当時、父が26歳、母が23歳です。この頃の母親は短大を卒業後、実家暮らしでOLをしており、東京に強く憧れていたそうです。母は向上心が強い人ですから、「自分も東京に出て、一旗上げたい!」と考えていたそうです。



そんな二人はお互いの母親が知り合いだった流れで、出会いました。父が実家に帰省した時に、母方の祖母から父方の祖母に「息子さんうちに遊びに来ない?」とお誘いがあったそうです。そして、父が母方の実家に遊びに行くと、母がいまして、そこで二人は出会ったのでした。そして、二人はお互いにギターが好きだったので、それを通じて仲良くなっていった、という話でした。



その後、二人は関係を深め、学生結婚する事になったのです。なかなかの急展開です。ここら辺の心境を母に聞いた所、「とにかく私は結婚して、東京に出て行きたかった」と言っていました。母の口ぶりでは、父に魅力を感じたどうこうではなく、父と結婚すれば必然的に東京に出れるので、それが魅力的だったようです。



また、これは自分の想像ですが、当時の父が「超難関大学医学部の学生」だったというのも、もしかしたら魅力だったかもしれません。とは言いましても父の場合はまともな大学生ではなく、神秘世界に現実逃避し、大学を5年間休学し続けている、心を病んだ大学生だった訳ですが。



自分は後日母にこう聞きました。「うちの父親は確かに超難関大学医学部生だったけど、当時すでに大学を5年間休学しており、精神状態はまともではなかったはず。父親に出会った時にそこら辺のおかしさには気付かなかった訳??」、と。



母はこう答えました。「特におかしさは感じなかった。それよりも私は東京に出ていきたかった。ただ、一つ覚えているのは、お父さんの実家に遊びに行った時の事。その時に家の雰囲気がやけに暗くて冷たくて驚いた記憶がある。おじいちゃん(父方の祖父)がやけに威張っていて、それには違和感を感じた。」



そう、母も父方の家のやばい空気は多少は感じていたのです。しかし、それを父自身の精神のヤバさと繋げては考えなかったのでしょう。というか、母はとても暖かい雰囲気の家庭で育った人なのです。母方の祖母、祖父の性格は、父方の祖父の性格とは完全に真逆ですからね。二人の性格はとても暖かく、人情味に溢れ、他人のお世話をするのが大好きな二人でした。もちろん、見返りなどは何一つ求めず、自然にそれが出来る人達だったのです。



そんな暖かい家庭で育った母親からしましたら、まさか、恐怖で子供達を洗脳する家庭があるとは、想像だにしなかった事でしょう。



『引用終わり』



このように父は大学休学5年目に母と出会い、付き合う事になったのでした。そして、とんとん拍子に話は進み、結婚する事となったのです。確か付き合って半年後くらいに結婚した記憶です。この時の父親はまだ大学生ですし、しかも休学中です。かなりの急展開ですよね。


母としてはとにかく父と結婚する事で実家の九州から離れ、東京に出たかったようです。また、当時は時代的に「同棲」という形は世間体が良くなかったので、結婚して、東京に出て行ったそうです。そして、二人は下北沢に家を借りました。ここからは母が会社で働いて生活費を稼ぎ、父の生活を支えたそうです。そして、父は6年間に渡る休学に区切りをつけ、大学に復学したのでした。



当時2人は下北沢に住んでいましたから、そこから2人で毎日井の頭線に乗って渋谷駅に向かったそうです。そして、渋谷駅で2人は別れ、父は大学に、母は会社に向かったそうです。この話は1〜2年前に自分が両親と話している時に出てきた話なのですが、この話をしている際、2人ともかなり懐かしそうな表情をしていました。あの時、父はしみじみとこう言っていました。「あの時お母さんが渋谷まで連れていってくれるのが本当に心強かった。もしお母さんが側にいなければ大学に復学は出来なかった。」、と。



このように父は母の全面的なサポートを得て、大学医学部に復学したのでした。復学後は6歳下の子達が同級生になる訳ですが、同級生達ともなんとかコミュニケーションをとっていたようです。そして、3年間かけて、なんとか大学を卒業し、医師の国家試験にも合格したのでした。この時の父の年齢は30歳です。12年間に渡る大学生活がようやく終わったのでした。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村