鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

自分自身を全く理解出来ていないので、他人にも全く興味が湧かない。(父の人生を聞く・2012年2月・36歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「他人と感情を共有出来ない」と、自分自身が自分と感情を共有する事も極めて難しくなる(父の人生を聞く・2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の勤務医時代の話を聞いていき、結婚後の父親が家庭内で「音に対する病的な過敏さ」を発症していたという話を聞きました。そして、そんな父親の下で育った幼い自分の話になります。




『前回記事からの引用』



このように「世代間の心の闇」の連鎖が、祖父→父→自分と3世代に渡って起こってしまっていたのだと自分は思います。ここで言う「心の闇」とは、「他人と感情を共有する事が極めて難しい」という事です。他人と感情を共有出来なければ、社会生活は極めて難しく、その人生は闇深いものになってしまう事は、自分の人生が証明しています。



そして、もう一つ重要な事があります。それは「他人と感情を共有する事が極めて難しい」場合、「自分自身が自分と感情を共有する事も極めて難しくなる」という事です。これも自分が46年間生きてきて強く感じる所であります。



この状態を具体的に書きますと、「自分自身が何を考え、何をしたくて、何が好きで何が嫌いなのか、全く分からない。そして、自分自身が過去どのように生きてきて、現在どのような体調なのかもさっぱり分からない。」という状態です。イメージとしましては、「自分の周りが視界0mの深い霧に囲まれ、どこを目指せば良いのか全く分からない」、そんな精神状態です。



自分自身のこれまでの人生を振り返ってみますと、0歳〜28歳までの自分は、まさにこの状態でした。自分は自分自身の感情を全く把握出来ておらず、自分の体調悪化すら気付けていなかったのです。そう、自分は高校1年生の時に鬱を発症したのですが、当時の自分はその諸症状を全く自覚出来ていませんでした。(当時の8個の鬱の諸症状はこちら)



このように自分は自分自身の感情を全く把握出来ずに生きてきましたし、体調すら全く把握出来ずに生きてきました。これはつまり「自分が自分自身の情報(歴史)を自分と全く共有出来ていなかった。」という事です。



『引用終わり』



このように自分は0歳〜28歳までの間、「自分が自分自身の情報(歴史)を自分と全く共有出来ていない」まま生きていました。そして、自分で自分の事が全く分かっていないのですから、それを他人に説明出来るはずもありません。自分の心の中に、「自分」というものが何もない状態なのです。



さらにその弊害として、0歳〜28歳までの自分は、他人に全く興味の持てない人間でした。それは何故かといいますと、「自分が自分自身の情報(歴史)を自分と全く共有出来ていない」からです。自分で自分の事が全く分かっていないのですから、他人に興味を持ちようがないのです。自分で自分の事が全く分かっていないのですから、「自分と他人を比較して、その違いを楽しむ」事も出来ません。



まとめますと、0歳〜28歳までの自分は、「自分が自分自身の情報(歴史)を自分と全く共有出来ていない」状態でありましたし、他人に全く興味が持てない人間でもありました。ですから、学生時代の自分が周りと全くコミュニケーションが取れなかったのは当然です。自分自身の事を何一つ自己表現出来ませんでしたし、他人にも全く興味がないのですから。さらに体調不良による肉体的苦痛で常に意識朦朧としているのです。そりゃ、学校生活や社会において、どこにも居場所が作れず、28歳で引きこもりになるはずです。



このように祖父から始まった「他人と感情を共有する事が極めて難しい性格」は、父にそのまま連鎖し、さらに父から自分に連鎖しました。そして、自分は自分自身とも他人とも感情を一切共有出来ず、心身を壊し、人生を見事に転落していったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村