鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

挫折経験を言語化しなければ、そこから教訓や学びを得る事が出来ないし、心の傷も全く癒えない②(父の人生を聞く・2012年2月)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 挫折経験を言語化しなければ、そこから教訓や学びを得る事が出来ない(父の人生を聞く・2012年2月) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の勤務医時代の話を聞いていき、結婚後の父親が家庭内で「音に対する病的な過敏さ」を発症していたという話を聞きました。そして、そんな父親の下で育った幼い自分の話になります。



『前回記事からの引用』



このように自分は幼い頃から自分自身とすら感情を共有出来ずに生きてきました。これにより、「自分自身が何を考え、何を感じ、何が好きで何が嫌いなのか。」さっぱり分からないまま日々を送る事になったのです。そして、このような精神状態では他人に対する興味も全く湧かず、コミュニケーションもままなりません。自分は学校生活において、同じようなコミュニケーションの挫折を懲りずに繰り返し続け、自己肯定感が凄まじい勢いで下がっていきました。(それぞれの挫折事件についての詳しい説明は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



ここで重要な事は、当時の自分が学校生活において精神的ショックを受けた際、それについて誰とも喋れずに共有出来なかった、という事です。自分は挫折を言語化する事が全く出来ていませんでした。何故なら当時の自分の周りには心を開ける人間関係が皆無でした。物心ついた頃には親に対して甘えと自己表現を諦め切っていましたし、そんな子供が周りの人間に心を開ける訳がありません。これにより、当時の自分は発生した挫折経験を誰にも喋れませんでした。それによって、事件の時系列や経緯やその時の気持ちを整理整頓し、分析し、そこから教訓や学びを得る事が全く出来なかったのです。



そう、もし当時の自分の周りに信頼出来る人間関係があり、1個1個の挫折を詳細に話す事が出来ていれば、同じようなコミュニケーションの挫折が繰り返される事は無かったと思います。1個1個の挫折を詳細に話す事で、その挫折が起こった経緯を正しく認識出来ますから。加えて、その挫折にまつわる人間関係を整理し、その挫折が発生した事による精神的なショックも整理する事が出来ます。そして、最後にその挫折が起こった事でどのような事態に陥ったのか、その後の経緯も整理する事が出来ます。



このように、挫折にまつわる情報を整理整頓出来れば、今回の挫折を客観的(俯瞰的)に見る事が出来るようになり、そうすれば自ずと今回の挫折の原因が見えて来る事でしょう。そして、原因が見えてくれば、そこから教訓や学びを抽出し、今後の人生に役立てる事が出来ます。



ところが、学生時代の自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無でしたから、挫折が起きた後、上記の手順を踏む事が一切不可能だったのです。よって、起きてしまった挫折にまつわる情報はまるで整理整頓されず、カオス状態(混乱状態)に陥ったままです。この状態から、学びや教訓を得る事など到底不可能です。学生時代の自分が学校生活において同じようなコミュニケーションの挫折を懲りずに繰り返し続けた理由は、まさにここにありました。



『引用終わり』



このように自分は学校生活における挫折及びそれに伴う精神的ショックを誰とも共有する事が出来ませんでした。自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無だったからです。つまり、当時の自分は挫折を言語化する事が全く出来ていなかったのです。今回の記事もこの話を改めて考えていきます。



それ故、当時の自分は以下の情報を言語化し、整理整頓する事が出来ませんでした。


・そのような挫折が起きた経緯

・その挫折にまつわる人間関係

・その挫折が発生した事による精神的ショック

・その挫折が起きた事でどのような事態に陥ったのか


これにより、当時の自分の心の中はいつまで経っても整理整頓されず、パニック状態(カオス状態)に陥ったままでした。このような精神状態ではこの挫折から学びや教訓を得る事など到底出来ません。



また、挫折経験を一切言語化出来なかった事で、もう一つの大きな弊害が発生していました。それは挫折によって発生した精神的ショックを一切消化出来ない、という事です。そう、当時の自分は発生した精神的ショックを一切誰にも喋っていませんでした。それによって発生した精神的ショックは何一つ癒える事なく、そのまま残ってしまったのです。



一般的に身体の傷や怪我は基本的には時間の経過と共に治癒していきます。しかし、心の傷はそうは行きません。適切な処置のされていない心の傷(精神的ショック)でも、とりあえずは事件から2〜3ヶ月も経つと表層意識からは消えていきます。しかし、それは表層意識からは消えただけで、実際には記憶の海の底に沈んだだけなのです。



そして、適切な処置をしないまま沈んでいった心の傷は、記憶の海の底でトラウマに変化し、そこにそのまま残ってしまいます。さらにそのトラウマは無力感を発生させ、自己肯定感を下げていってしまう。



先程書いた「適切な処置」とは先程の「言語化による情報の整理整頓」を指しています。今回の記事をまとめますと、発生した心の傷に対して、「言語化による情報の整理整頓」を施さないと、そこから教訓や学びが得られず、何度も同じ挫折が繰り返される事になります。また、心の傷も全く癒えないままそのまま記憶の海の底に沈んでいき、トラウマに変化してしまいます。さらにそのトラウマは無力感を発生させ、自己肯定感を下げていってしまうのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村