鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父はとある整体師に傾倒していった(父の人生を聞く・2012年2月)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父が代替医療に傾倒した要因は、「挫折による現実逃避」と「新たな集客手段の模索」(父の人生を聞く・2012年2月)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の勤務医時代の話を聞いていき、結婚後の父親が家庭内で「音に対する病的な過敏さ」を発症していたという話を聞きました。そして、そんな父親の下で育った自分の話になります。




『前回記事からの引用』



このように父は開業から8年後に患者さんの話を聞く気力を失ってしまったのでした。今回の記事もこの事件を掘り下げていきます。この事件の要因は以下の6つになります。



「父が開業8年目で患者さんの話が頭に入って来なくなった理由①〜⑥(①〜⑤は短縮ver)」



①開業後、父の仕事量が勤務医時代と比べて2〜3倍に増えた。

② そもそも医師という職業へのモチベーションが極めて低い

③ 仕事のストレスを誰にも相談出来ず、一人で抱え込んでいった。


④ 父の開業の話を聞いて、父方の祖母と引きこもりの叔父(四男)が勝手に我が家の近所に住み着いてしまう事件が発生。


⑤父はアルコールに溺れ、母親は「離婚したい、離婚したい」と泣く毎日。



⑥開業から5年目に父が母親に全く相談する事なく、半ば騙される形で中古のボロ家を買わされてしまった。


開業から5年後に我が家は家を購入し、そちらに引っ越す事になったのだが、それが夫婦間の新たな酷い火種となった。父が購入したその家は、値段の割にボロボロの中古の一軒屋であり、父はこれの購入を母に全く相談せずに決めてしまった。これによりうちの母親の怒りは怒髪天を衝き、我が家は更なる戦争状態に陥った。( 母親の激怒の理由❶〜❸はこちら)


(①〜⑤のFULL verはこちら)



これらの要因によって、父の心身は莫大なストレスを抱えました。そして、③にありますように、父はその莫大なストレスを誰にも相談する事が出来ず、一人で抱え込むしかありませんでした。その結果莫大なストレスは何一つ言語化されず、整理整頓もされず、記憶の海の底に沈んでいく事になりました。そして、それらは記憶の海の底で「トラウマ」に変化し、父から患者さんの話を聞く気力を根こそぎ奪って行ったのです。



患者さんの話を聞けなくなってしまった父の元からは、患者さんが去っていったそうです。そこで父は患者さん達にアピール出来る何かを手に入れる必要がありました。そこで父が思い付いたのは「代替医療」です。父は大学時代からそれに興味がありました。ですから、この事件を機に父は「代替医療」を研究し、新たな集客の柱にしようと考えたのです。



この「代替医療」への傾倒は、「挫折による現実逃避」と「現実的な計算」いう側面があったとだと思われます。何せ父は、大学時代に大学を休学し、神秘世界に現実逃避し続けた過去を持っていました。大学時代の父は、「第三の眼」というオカルト本に傾倒し、自らも第三の眼を開眼しようと、部屋に引きこもり続け、瞑想や坐禅に一人明け暮れたのです。そして、その休学期間は6年間にも及んだのでした。



このように父は大学時代に学生生活に挫折し、神秘世界に現実逃避した過去を持っていました。それから18年後、今度は父は医師として患者さんとのコミュニケーションに挫折してしまったのです。上記①〜⑥の要因によって、患者さんの話が頭の中に入って来なくなってしまいました。この挫折によって大学時代の中二病を再発してもなんらおかしくはありません。



ではここで中二病に関する過去記事を引用したいと思います。自分なりに中二病を考えてみました。


『過去記事からの引用』



以前の記事にも書きましたが、この「第三の眼を開かせたい」発想ってネット用語で言う所の「中二病(厨二病)」や「邪気眼」ですからね。「中二病」とは学校生活において、居場所のない「陰キャ」が、自らが特別な存在だと思いたい余りに、「第三の眼」のような神秘的な特殊能力に憧れてしまう、そんな中学生に起こりがちな思考傾向です。そして、この言葉にはそんな中学生の思考傾向を「イタい」と揶揄しているニュアンスもあります。



「第三の眼」以外の特殊能力で言いますと、例えば「守護霊が見える」とか言ってみたり、「超能力が使える」とか言ってみたり、「UFOが見える」、「前世が見える」、「オーラが見える」、「占いが出来る」、「未来が見える」とか言ってみたり。要するに「目に見えない世界」を根拠に、自分に特別な能力があると思いたがる、そんな心理傾向の事です。これにハマるのは、概して「陰キャ」です。「陰キャ」とは、勉強やスポーツやケンカやコミュニケーション能力やお笑いに秀でていない、クラスで目立たないタイプの事。彼らは現実世界では「特別な存在」ではありません。ですから、目に見えない世界を根拠にして「特別な存在」になりたがるのです。


『引用終わり』



このように父が開業8年目以降、代替医療に傾倒した要因は「中二病の再発」という側面があるように思います。そして、もう一つの側面は「新たな集客手段の模索」です。患者さんの話を深く聞けなくなった以上、新たな集客手段が必要になった、という事です。




このように父が代替医療に傾倒した要因は「中二病の再発」と「新たな集客手段の模索」の2つがあり、2つの割合は60%40%といった印象です。


『引用終わり』


このように父は開業から8年後に患者さんの話を聞く気力を失ってしまいました。その要因は、上記①〜⑥の通りです。この事件以降、父は代替医療の研究に没頭する事になるのですが、それには「中二病の再発」と「新たな集客手段の模索」の両面があったように思います。



この「父が患者さんの話を聞く気力を失う事件」が起こったのが、開業から8年後の1992年頃です。この頃の自分は16歳で、高校1年生。そして、この頃の自分も高校生活において、挫折を繰り返した結果、鬱を発症していました。また、同時期に妹も中学の生徒会選挙に落選して、心に大きな傷を負ってきました。そして、 母もまた父のもたらす致命的なトラブルによって、心を病み続けていました。つまり、開業から8年が経つ頃には、我々家族4人は揃いも揃って心を病んでいた訳です。う〜ん、闇深い。



では話を進めたいと思います。この事件後、父は代替医療の研究に没頭し続けました。そして、それから1〜2年後でしょうか。父はとある整体師と出会う事となりました。



当時の父は心を病んでいましたから、身体も思うように動かない事が多く、それの治療で整体院を訪れ、その整体師と出会ったそうです。その整体師は当時の年齢にして40歳くらいの男性です。



父はその整体師と話が合ったらしく、それ以降その整体師に定期的に整体をお願いする事になりました。そして、父はその整体師に急激に心を開いていき、途中からは医院に招いて整体をやって貰うようになりました。さらに父はその整体師に心を開いていき、その整体師に仕事の相談をするようになっていきました。そして、共同で代替医療の研究をするまでになっていったのです。



このように父はこの整体師へ徐々に傾倒していきました。そして、この傾倒によって、我が家は過去最大の戦争状態に突入する事になるのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村