鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

大学時代の自分は空手部生活で鬱を3倍に悪化させ、カウンセリングセンターに駆け込んだ(父の人生を聞く・2012年2月)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 夫婦喧嘩が過去最大に激しくなった時代、息子の自分は大学で鬱が3倍に悪化(父の人生を聞く・2012年2月) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』


ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の勤務医時代の話を聞いていき、結婚後の父親が家庭内で「音に対する病的な過敏さ」を発症していたという話を聞きました。そして、そんな父親の下で育った自分の話になります。




『前回記事からの引用』



このように自分が大学1年生の頃に、父がとある整体師に傾倒し始め、それにより父と母の夫婦喧嘩は過去最大に激しくなったのでした。父と母の夫婦喧嘩はこの時点ですでに10年以上続いていたのですが、その激しさと不毛さは時が経つにつれて、激しくなっていき、ピークがこの時代、という感じです。



そして、この頃の自分はと言いますと、1つ目の大学の1年生です。毎度書いていますが、当時の自分は自分を変えようと空手部に入るも、そこの稽古の厳しさに「殺される恐怖」を感じていました。そして、そんな空手部生活に必死に耐えるうちに、被害妄想はさらに悪化し、睡眠不足もさらに悪化。こんな状態で人間関係が作れるはずもなく、大学内で完全孤立状態に陥っていました。結果、空手部の3年間で鬱が3倍に悪化してしまったのです。


そんな自分は大学3年生の4月に、大学内のカウンセリングに駆け込んだ、という話になります。そして、ここで自分はそれまで全くしてこなかった「自己表現」を少しずつ練習していきました。そう、3歳の時に親に対して諦めてしまった「自己表現」を1からやり直していったのです。それは、自分の心の中の素直な気持ちを素直に言葉にして外に出す練習でした。しかし、それはホントに少しずつの練習でもありました。



何せこの時の自分の心の中には、21年間分のトラウマと挫折が莫大に積み重なっていました。(詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)しかも、それらはこれまでただの一度も言語化されておらず、全く整理整頓されていなかったのです。ですから当時の自分は「自分が酷い鬱状態にある事」すら、全く認識出来ていませんでした。



ですから、カウンセリング当初、自分はその苦しさや辛さをひたすら号泣する事でしか表現する事が出来ませんでした。そして、カウンセリングが進むにつれて、自分は本当に少しずつですが、自己表現を覚えていったのです。



加えて、自己表現を覚えるという事は、自己認識もようやく始まった、という事です。自分は本当にゆっくりとですが、自分がどういう人間なのか、認識していきました。それは小学生レベルの自己認識からのスタートでした。

『引用終わり』



このように我が家の戦争状態は10年以上続き、父が整体師に心酔した事で、その激しさはピークを迎えました。そして、同時期に自分は大学内でカウンセリングを受け始めたのです。ここで自分は生まれて初めてリラックスした精神状態で自分の気持ちを喋る事が出来ました。



しかし、そのお喋りはあまりにも覚束なく、一言喋っては15分間沈黙が続く、といった有様でした。自分の心の中をなかなか言葉にして表現する事が出来ません。何故なら当時の自分の過去の記憶は、21年間一度も言語化される事なく全てが記憶の海の底に沈んでおり、それらは全く整理整頓されず、ぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに混ざり合っていたのです。そう、自分の記憶は超カオス状態に陥っていました。ですから、そこから自分の感情に適した言葉を探すのは、本当に容易ではなく、こんなにも時間がかかる事になったのです。



このようなカウンセリングを自分は大学空手部と並行しながら、週1回1時間続けていきました。そして、本当に少しずつ自己表現していき、自分自身を少しずつ知っていきました。



今から思えば、本来ならばこの過程は幼い頃に家庭内で行われるべき過程でした。そう、当時の両親が自分の心に目を向けてくれ、幼い自分が安心して素直に喋れる家庭環境を作ってくれていれば、こんな過程は小学校時代にとうに済んでいたはずなのです。しかし、何度も書いていますように、我が家は自分が小学校3年生の時に戦争状態に陥り、両親は心を病んでいきました。こんな状態で、両親の目が子供に向く訳がありません。



また、そもそも両親は小学校3年生「以前」から、幼い自分に対して無関心でした。父が幼い自分に無関心だったのは言うまでもありません。何せ父は「超神経質で、超人嫌いで、超世間知らずで、永遠の中二病で、人間の好き嫌いが激しい」人間ですから。そして、「自発性(好奇心)」「思いやり(想像力)」「自己肯定感」も極めて薄い人間です。



ですから、自分が幼稚園の時に両親が運動会に来たそうなのですが、父はその間自分を応援せずに本をずっと読んでいたそうなのです。母親はそんな父の姿を見て驚いたと言っていました。



しかも、父は医者として働き出してからは常に心身を消耗していましたから、さらに子供を可愛がる余裕など皆無だったと思われます。実際、自分が幼い頃に父に遊んで貰った記憶など皆無ですし、楽しい会話をした記憶も皆無です。自分の中で家庭における父の存在は無いに等しく、透明人間のような存在だったのです。



一方、母の方は元々は子供を可愛がれる人だったとは思います。しかし、妹が産まれてからは、妹の世話と心を病んでいる父の世話に明け暮れ、長男の自分に視線が向く事は少なかった印象です。そう、うちの家族の周りには母が頼りに出来るような親族関係が皆無でした。その分も母の負担は増えてしまい、結果長男である自分は顧みられる事が無かったのです。



ですから、自分は3〜4歳の時点で両親に対して自己表現や甘えを諦め切っていたのでした。「この父親と母親には一切何も期待してはいけないのだ。」、と。



そして、そうやって自己表現や甘えを諦めて生きていった結果、自分は学校生活で全く周りとコミュニケーションが取れず、挫折と精神的ショックが連鎖していきました。そして、悪循環な事に、その発生した挫折や精神的ショックを誰にも相談する事も出来なかったのです。自分の周りには信頼出来る人間関係は皆無でした。両親にさえ心を閉ざしている自分が、学校生活で心を開ける訳がありません。



結果、学校生活における挫折や精神的ショックは何一つ言語化されず、整理整頓もされないまま、記憶の海の底に沈んでいき、トラウマとなっていったのです。高校時代になると自分の記憶はトラウマが積み重なって超カオス状態に陥り、鬱を発症してしまいました。



その後、自分は大学で空手部に入るのですが、さらに鬱は3倍に悪化しました。そして、3年生の時にカウンセリングを受け始めた、という流れになります。自分がカウンセリング序盤で号泣し続け、自分の事を全く喋れなかった理由は、こういう家庭環境で21年間過ごしてきたからなのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村