鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーション、発達障害について

30年間鬱と闘病した46歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、発達障害歴&彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

25歳の自分は妹に対しても憎悪を感じ始めた(父の人生を聞く・2012年2月)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 27歳の自分の中で、母親に対する憎悪が「殺したい」程にまで増幅②(父の人生を聞く・2012年2月) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の勤務医時代の話を聞いていき、結婚後の父親が家庭内で「音に対する病的な過敏さ」を発症していたという話を聞きました。そして、そんな父親の下で育った自分の話になります。



『前回記事からの引用』


このように2001年以降、それまで戦争状態にあった両親の関係が、少しずつ鎮静化していきました。その原因は、母親の心に蓄積していた父親に対する莫大な怒りと不信感が徐々に消滅していったからです。



一方、それとは真逆に自分が母親に対して感じる憎悪は、日を増すごとに増幅していきました。当時の自分は2つ目の大学への復学も失敗し、再起を賭けた古本屋バイトでも人間関係に挫折し続けたからです。自分の心身はさらに傷付き、家の中にますます居場所を求めました。



しかし、家の中では相変わらず母親が父親の事を激しく追求しており、相変わらずの戦争状態です。確かにこの頃から母親の怒りと不信感は少しずつ鎮静化していったのですが、何せ元々の怒りの量が莫大であり、少しの鎮静化では目に見えるほどの効果はありませんでした。その鎮静化の進み方は本当にゆっくりで、10年単位で見て、ようやく確認出来るぐらいのゆっくりとした進行速度だったのです。



ですから、当時の自分から見ますと、母親は相変わらず父親に対してブチ切れまくっており、家の中の平穏状態など望むべくもありません。自分はそんな母親の姿を見て、どんどん怒りが増幅していったのです。それはこんな思いからです。


「母親が父親の事を責め立てなければ、15年間続いた家の中の戦争状態は収まり、家の中に自分の居場所が出来るのに!!」



『引用終わり』


このように2001年以降、それまで戦争状態にあった両親の関係が本当に少しずつ鎮静化していきました。一方、それとは真逆に、自分が母親に感じる憎悪は増幅されていく一方だったのです。当時の自分(25歳)は大学生活やバイトで周りと全くコミュニケーションが取れず、その挫折感で心身はどんどん病んでいきました。そして、病んでいけば行く程、家の中に居場所を求めたのです。



しかし、我が家では15年間に渡って母親が父親の事を激しく責め続けており、全くもって心安らげる場所ではありませんでした。自分は母親の変わらぬその態度に絶望し、無力感を感じました。そして、絶望と無力感は憎しみに変化し、それは外の世界で挫折を繰り返す程、増幅していったのです。結果、2001年→2003年の間に、自分の中の憎しみは「殺したい」程にまで増幅していました。



そして、2001年→2003年の間には、もう一つ大きな変化がありました。それは、自分が妹に対しても憎悪を感じ始めた、という事です。これも大きな変化でした。



振り返ってみますと、2000年の自分と妹との関係は、過去最高と言える程、良好でした。当時の年齢は、自分が24歳、妹が21歳です。この頃の自分は大学生活で周りと全くコミュニケーションが取れず、2つ目の大学の休学に追い込まれていました。片や妹の方も大学受験に失敗し、アトピーが悪化。引きこもり状態に陥っていたのです。ですから、この頃の自分と妹は社会のレールから外れた者同士であり、気が合う部分がかなりありました。



ですから2000年4月〜2001年4月の1年間、自分と妹は常に一緒に過ごしました。1日3〜4時間は一緒に過ごし、TVを見たり、ゲームをしたりしていました。これは当時の自分にとってかなり楽しい時間でした。



2001年4月になると自分は大学に復学し、楽しい日々は終わりました。自分はなんとかして大学に復学しようとしますが、やはり周りと全く人間関係が築けません。すると、先程書きましたように、母親に対する憎悪が激しくなっていったのです。自分は、母親がいつまで経っても家の中を戦争状態に陥れ続けている事が許せませんでした。そして、その憎悪はどんどん激しくなっていき、母親とのコミュニケーションは断絶していきました。



一方、妹はそんな母親とコミュニケーションを取り続けていました。自分は母親とコミュニケーションをとり続ける妹が信じられませんでした。先程も書きましたように、母親は15年間に渡って家の中を戦争状態に陥れていたからです。ここに至り、自分は母親とコミュニケーションを取り続ける妹に対しても憎悪を感じ始めたのでした。






今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村