鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

ここまでの経緯を「鬱悪化のフローチャート」にまとめてみる(過去編・2006年3月・30歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「東○荘事件」によって、寝付きの酷さがさらに悪化(過去編・2006年3月・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も「東○荘事件」によって自分の鬱がさらに悪化した、という話をさせて貰いました。「東○荘事件」とは自分が30歳の時に起きた事件です。自分はこの事件をきっかけに両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くようになっていきました。



今回の記事では、このブログのトップ記事にあります「 鬱悪化のフローチャート」、この続きを考えたいと思います。とりあえず今の時点での一番最後の項目は、以下の通りです。最後の項目を端的に言いますと、「29歳の自分が記憶のサルベージ(言語化)を終えたものの、『自分に対する自信』は全く回復しなかった」という感じです。



記憶のサルベージの1年5ヶ月を終えて、自分は「自分に対する自信」を限定的に回復させた。しかし、一方で以下の2つに関しては全く回復しなかったし、むしろ悪化してしまった印象すらある。


・病的(×6倍)な被害妄想と鬱の諸症状(引きこもり中の被害妄想と鬱の諸症状はこちら)


・家族に対する「殺したい」程の憎しみ


故に記憶のサルベージによるプラスの効用は上記の2つのマイナスの効用と打ち消しあってしまい、トータルで考えると「自分に対する自信」を回復させる事は出来なかった。つまり、記憶のサルベージを終えた時点でのメンタル数値は、記憶のサルベージ直前と同じ「マイナス132」のまま。(詳細はこちら)(マイナス132→132)



さて、上記の項目から東○荘事件までの経緯をフローチャートでまとめていきたいと思います。


まずはカウンセリング&パチンコ生活の話から。


2005年の9月から再びカウンセリングに通い始めた。自分は馴染みのカウンセラーH先生に、これまでの記憶のサルベージの話を聞いて貰う事が嬉しくて仕方が無かった。カウンセリングは週に1回1時間ペースで行われたのだが、自分は次回のカウンセリングが毎回待ち遠しくてたまらなかった。(詳細はこちら)



自分はカウンセリングを再開させると同時にカウンセリング代と生活費を稼ぐ為にパチンコ稼業も復活させた。自分はここから毎日のようにパチンコ屋に通い、朝から晩までパチンコを打ち続けた。稼ぎの方は順調に推移し、ここから半年間でおよそ180万程稼ぐ事となった。自分はこのカウンセリング&パチンコ生活にかつて無い程のやり甲斐と充実感を感じていたのだが、一方では鬱の諸症状の辛さも半端では無かった。(当時の鬱の諸症状はこちら)自分の中では、鬱の諸症状の辛さより日々の充実感の方が辛うじて上回っていたので、ギリギリなんとかこの生活を続けていけていた。


いいですね!続いて、父親が引っ越しの事を言い出す件りです。



そんな日々が1〜2ヶ月続いた頃、急に父親が自分の部屋にやってきて、「もしかしたらこの先引っ越しをするかもしれないから、考えておいてくれ。」と言い出した。これにより自分の心の中には凄まじい憎しみの嵐と不安の嵐が発生。その嵐を構成する①〜⑤の理由はこちら。




とりあえず今回の記事はここまでです。次回の記事でこれ以降のチャートを考えます。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村