鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

人生年表

1976・0歳 誕生
1977・1歳
1978・2歳
1979・3歳 妹誕生・この頃に喘息発症
1980・4歳
1981・5歳 幼稚園入園
1982・6歳
1983・7歳 小学校入学
1984・8歳
1985・9歳 父親が開業。ここから16年間に渡って家庭内が戦争状態。
1986・10歳
1987・11歳
1988・12歳
1989・13歳 中学校入学
1990・14歳
1991・15歳
1992・16歳 高校入学・暴言事件により鬱発症
1993・17歳
1994・18歳
1995・19歳 大学入学・空手部入部
1996・20歳
1997・21歳 4月から大学内でカウンセリング開始
1998・22歳 空手部引退・鬱は高校時代の3倍に悪化
1999・23歳 大学中退・2つ目の大学入学
2000・24歳 大学休学
2001・25歳 大学復帰するもまたもドロップアウト
2002・26歳 古本屋でバイト
2003・27歳 10月に尿管結石発症・鬱は高校時代の6倍に悪化
2004・28歳 4月に2つ目の大学中退・9月に部屋に引きこもり記憶のサルベージ(言語化)本格開始
2005・29歳 9月に記憶のサルベージ終了・カウンセリング&パチンコ生活開始
2006・30歳 3月 東○荘事件
6月 引っ越し 鬱は高校時代の18倍に悪化
2007・31歳 3月 花粉症発症→ぎっくり腰事件・鬱は高校時代の36倍に悪化
10月 母親と喋り始める