鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父親の人生の闇深さが想定の斜め上過ぎる②(過去編・2008年夏頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 父親の人生の闇深さが想定の斜め上過ぎる(過去編・2008年夏頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、31歳の自分が近所の家が柴犬を飼い始めたのを発見し、致命的な絶望感を感じた、という話でした。これは2007年10月の話になります。その後紆余曲折を経て、母親と喋る気になっていった、という話になります。どうしてこの時の自分が致命的な絶望感を感じたのかと言いますと、当時の自分が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していたからです。




ではまず初めに、今回の記事の前提となる「前フリ」部分を貼りたいと思います。上記の「極度の虚脱状態と放心状態」がどのような状態だったのか、という説明です。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』



まずは当時の自分が陥っていた「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態を確認したいと思います。これは2006年6月に両親が引っ越しをした事で、自分の心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥った事を表しています。



[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]



そして、2007年3月に起きた「ぎっくり腰事件」によって、自分の鬱はさらに1.5倍悪化しました。よって自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥ったのです。これは上記リンクの⑴〜⑻の諸症状がさらに1.5倍悪化した事を示しています。




また、上記リンクの⑹ には「2006年6月の引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」とあります。これは2006年6月に両親が引っ越しを強行した事で自分が致命的な精神的苦痛を受けた事を示しています。この時受けた致命的な精神的苦痛によって自分は「極度の虚脱状態と放心状態」(上記⑴〜⑻)に陥ったのでした。



[「引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」の詳細]



『前フリ終わり』



そして、「ぎっくり腰事件」から7ヶ月後の2007年10月、近所の家が犬を飼い始めたのでした。



自分が近所の家に犬を発見してからの心の動きをフローチャートで確認したいと思います。



[犬の鳴き声が発生してから、母親と喋り始めるまでのフローチャート]



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が両親の人生を聞いていった、という話になります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



今回の記事は上記の続きを思い出していきます。自分が母親の子供時代の話を聞き、驚いた、という話の続きです。どうして驚いたのかも言いますと、母親のそれは自分の子供時代と全く違い、明るく無邪気な子供時代だったからです。自分は幼い頃より母親の暗く悲しい顔しか見て来ていませんでしたから、母親は生まれついて暗い人間だったのだろうと予想していました。しかし、話を聞いてみると、予想に反して母親の子供時代はとても牧歌的な子供らしい子供時代だったのです。これは事前の予想を180度裏切るものでした。



これにより、自分が考えていた家庭内の責任問題に関する考え方が徐々に変わっていきました。家庭内の責任問題とは、自分が小学校3年生の時に家庭内が戦争状態に陥り、それが10年以上続いた事に対する責任問題です。自分は話を母親から話を聞く前、この責任問題に関して父親と母親それぞれに50%ずつあると感じていました。この2人が作り上げた家庭環境なのだから、それぞれに50%ずつ責任がある、という考え方です。



このような事前予想の元、母親の子供時代の話を聞いていきました。すると、予想に反して全くもって羨ましい程の明るい子供時代を母親は過ごしていました。その後の人生も父親と結婚するまでは、闇の要素は特にありません。すると徐々に先程の責任問題の考え方が変わってきたのです。それはどういう事かと言いますと、自分が考える母親の責任の割合が50%から徐々に下がっていったのです。




さらに話を進めたいと思います。自分は母親の人生を一通り聞いた後、半年程時間を置き、今度は父親に自分の31年間のトラウマを喋り始めました。これも全て喋り終わるまでに半年間くらいかかったと思います。その後、今度は父親の人生を3〜4か月かけて詳細に聞いていったのです。すると、そこで語られた話は、自分の予想上回る程の闇深い子供時代、学生時代、家庭環境の話だったのでした。



『引用終わり』



ではこの続きを思い出していきます。自分は母親の人生を詳細に聞いた後、次に父親の人生を聞き始めました。すると、そこで語られた話は、自分の予想を上回る程の闇深い子供時代、学生時代、家庭環境の話だったのです。あれも驚きでしたねぇ。父親の人生及び家庭環境が闇深いであろう事はある程度は予想していましたが、それはこちらの想定の上回る闇深さだったのです。それを象徴するキーワードとしては、「引きこもり」「超学歴偏重」「新興宗教」「オカルト」「大学を6年間休学」って感じです。ここら辺の詳しい話は、いづれ書かせて貰います。



まとめますと、自分が両親の人生を詳細に聞いていった結果、以下の結論に至った、という事になります。


母親の人生→予想に反してとても明るく、牧歌的な子供時代を送っていた。学生時代、社会人時代も父親と結婚するまでは、闇の要素は特に無し。


父親の人生→予想の斜め上を行く闇深い人生。子供時代も学生時代も育った家庭環境も全てが闇深い。キーワードは「引きこもり」「超学歴偏重」「新興宗教」「オカルト」「大学を6年間休学」。



このように自分は両親の人生を聞き終わりました。こうなると、自分の中での責任問題は、ますます父親に傾いていったのです。そう、両親の人生を聞くまでは父親:母親=50%:50%でしたが、両親の話を聞き終わる頃には70%:30%くらいにまで変化していました。そして、その後も自分は両親の人生を事あるごとに聞き続け、現在(2022年7月)では、90%:10%になっています。

これはつまり我が家が10年以上に渡って戦争状態であり続けた責任は、ほとんど父親にあったという事です。父親は闇深過ぎる家庭環境で育っていった訳ですが、その後父親自身が実際に家庭を作った際には全く同じものを複製してしまっていたのです。



そして、うちの父親は、自分がこうやって父親の人生を詳細に聞くまでは、父親自身が育った家庭環境の異常さにほとんど気付いてはいませんでした。



ちなみに今現在(2022年7月)、この結論(90%:10%)を父親は完全に受け入れています。また、母親は優しい人ですから、「自分が10%では少ない」と言っています。



今回の記事はこれで失礼します。ありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村