鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父は大学入学後、心を病んでいった(2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 祖母と四男さんに会いに行った話(2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2012年3月頃、自分は父親の人生を聞き始めたのでした。自分は父親がどのような家庭環境で育っていったのかを聞いていきました。



『前回記事からの引用』



このように四男さんの人生もまたままならないものだった事が容易に想像出来ます。ちなみに自分は大学生の時に祖母と四男さんに会いに行った事があります。ここで我が家の歴史を振り返ってみますと、祖母と四男さんが勝手に我が家の近所に引っ越ししてしまったのが、自分が小学校3年生の時です。そして、自分はそれから10年間祖母達に1度も会ってはいませんでした。何故なら祖母達の存在が原因で我が家は戦争状態に陥ったからです。とても祖母達と会えるような雰囲気ではありませんでした。



そこで自分は大学生の時に思い立ち、両親に無断で祖母達に会いに行ったのでした。我が家から原付で30分くらいの所にあるマンションに祖母達は住んでいました。その時の四男さんは45歳くらいです。四男さんは働かずにTVの懸賞にハガキを送っていると言っていました。また家の資産の管理もしていると言っていました。あと覚えているのは、四男さんの運転する車に乗った記憶くらいですね。この再会は10年ぶりのものでしたが、自分の心は何も動く事なく終わっていった感じです。まぁ当時は自分自身も大学空手部で心を病んでましたから、何も感じなかった、という部分もあるでしょう。



その後の四男さんの消息ですが、四男さんが50歳の頃に祖母が亡くなりました。その後うちの父(三男)は弁護士を立てて、他の兄弟とやりとりし、福岡に住む長男さんが四男さんの面倒を見る事となりました。これによって四男さんは神奈川から福岡へ移住し、10年間以上続いた我が家の戦争状態は、これでようやく収束を迎える事になったのでした。



福岡県移住後の四男さんの消息は全く分かっていません。現在長男さんはすでに亡くなっており、消息を知る術は少なそうですし、そもそも父自体が四男さんの消息を知りたいと思っていない様子でもあります。



『引用終わり』



このように四男さんの人生もまたままならないものであった事が想像できます。



さて、話を父(三男)が超難関大学医学部に現役合格した場面に戻したいと思います。何度も書いていますが、祖父と4人の息子達の最終学歴は以下の通りです。



祖父:国立大学助教
長男さん:私立中堅大学
次男さん:国立大学工学部
三男(父):超難関大学医学部
四男さん:小学校中退



父は超難関大学医学部に合格した後、住まいを九州から東京に移しました。そこで寮生活を送りながら、大学生活を過ごしていきました。ところが、この頃から父の精神は病み始めていたようです。大学内で定期検診が行われた時に、父は医者から精神疾患の可能性があると言われたそうです。



そう、何度も書いています通り、うちの父の性格は「超神経質で、超人嫌いで、超世間知らずで、人間の好き嫌いが激しい」です。(ただし、この印象は我が家が戦争状態に陥っていた10年前〜30年ほど前の印象であり、現在の父親は多少丸くはなっています)このような父が大学における人間関係を円滑に進めていたとは到底思えません。精神疾患の可能性があると指摘されたのも、大学内で人間関係に何らかのトラブルを抱えていたからだろうと思われます。



ここで当時の父の心の闇が伺える一つのエピソードを書きたいと思います。先程も書きましたように、当時の父は寮生活を送っていました。ところがそこで生活していくうちに、周りの部屋から聞こえてくる生活音が我慢出来なくなってきたらしいのです。どこかで聞いた話です。



そこで父親は引っ越しをして別の寮に移ったそうです。ところが半年もするとまた周りの部屋から聞こえてくる生活音が我慢できなくなり、また別の寮に引っ越しをしたそうです。ところがまた半年後に周りの生活音が我慢できなくなり、引っ越し、、と、こんな感じで大学時代の父は半年ぐらいごとに寮から寮に引っ越しし続けたそうなのです。



加えて、引っ越しをするごとに寮は大学から離れていき、どんどん閑散とした郊外に移っていったそうです。最後の方は、周りに誰も住んでいない郊外の一軒家に住んでいた、という話でした。



このように当時の父は周りの生活音に病的に敏感だった訳です。そして、この「周りの音に対する苦しみ」は、自分も散々苦しみ抜いてきたモノです。27歳の時に起こった「尿管結石事件」のきっかけは「妹の出すドア音」でしたし、31歳の時の「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」も同じです。その後も、「深夜2時近辺の戦い」、「向かいの車のドア音との戦い」と「音との戦い」には枚挙にいとまがありません。


ここで自分の経験から想像してみますと、大学時代の父もひたすら孤独だったのでしょう。大学内で上手く友達が作れず、自己否定感に苛まれていたに違いありません。孤独だからこそ、周りの生活音が過剰に気になり、時にはそれに怒りを覚えるのです。もしも周りの部屋から楽しげな宴会の声が聞こえてきた日には、父の心はかなりのメンタルダメージを受けた事でしょう。



そうそう、父は以前こうも話していました。「子供の頃に他人の家に遊びにいく事があったのだが、その家の雰囲気がやけに楽しそうでびっくりして不思議に思った事がある。うちの家にはそんな雰囲気は全く無かったから。」



また、こうも話していましたね。「周りですごく楽しそうに喋るクラスメートを見ると不思議な気持ちだった」



この気持ちは自分もよく理解出来ます。自分も学生時代、楽しそうに喋るクラスメートを見て、不思議やら疎外感やらを感じていましたから。



このように父が育った家庭環境は凍り付いていましたから、コミュニケーション能力や共感能力が全く身に付かなかったと思われます。ですから、大学に入ると周りと人間関係が作れず、心を病んでいき、周りの生活音が我慢できなくなっていった、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村